着物の処分・売却・活用方法7選|高級着物の特徴や回収業者が良い理由を解説

2021年09月21日

着物の処分・売却・活用方法7選|高級着物の特徴や回収業者が良い理由を解説

貰い物や遺品整理で着物の処分に困ることはよくあります。「価値がわからず処分してよいのか迷う」「まとめて楽に処分したい」というのがよくあるお悩み。着物は価値を見抜いて適切に処分しないと損をする恐れがあります。

そこで今回は、着物を処分する費用相場や処分・売却・活用方法7選を紹介。さらに、高級着物の特徴や、回収業者に依頼した方が良いケースを解説します。着物の処分に迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

着物を処分するときの費用相場

着物をゴミとして処分する方法は「不用品回収業者」への依頼。又は「自治体の可燃ごみ・古着回収」などで処分できます。

多くの自治体では可燃ゴミとしてゴミ袋に入れて処分できるため、不用品回収業者を利用するケースは「量が多い」「他にも処分したいものがある」という場合が多いです。

以下は処分の費用相場です、ご参考ください。

自治体 ゴミ袋の使用・ゴミ捨て場や古着回収場所への運搬
不用品回収業者 少量:3,000円〜9,000円
軽トラック定額プラン:20,000円〜30,000円

回収業者は着物一点〇〇円というより、処分品の大きさや重さで料金が大きく異なります。詳細な費用が知りたい方は、無料見積りのできる業者に依頼してみると良いでしょう。

着物の処分・売却・活用方法7選

着物は状態により、ゴミとして処分・売却・リメイクなど、最適な処分方法が異なります。特に「価値のある着物をゴミに出してしまった」という事態は避けたいものです。

また「故人が大切にしていたから有効活用したい」や「とにかく手間をかけず処分したい」という方もいるでしょう。そのため、まずはどのような形で処分したいのか考えてみると、処分方法を選択しやすいといえます。

ここでは、着物の処分・売却・活用方法をそれぞれ紹介します。

自治体で処分

自治体での処分は「可燃ゴミ」「古着回収」などの方法があります。それぞれ説明します。

  • 可燃ごみ・・・燃えるゴミとしてゴミ袋で処分する。普段のゴミ出しのついでに処分できる方法。
  • 古着回収・・・指定された施設に持ち込む。回収された着物は、主に中古衣料または加工され再利用される。

着物の量が少なく、ゴミ袋で十分対応できる場合には簡単な方法です。「量が多く持ち運びが難しい」「他のゴミや不用品も処分したい」という場合は、不用品回収業者への依頼が最適です。

リメイク

着物は日常的に着ることは少ないですが、生地や柄など上質で美しい物が多くあります。そのため、違う形にリメイクするのも有効な手段。たとえば、次のようなリメイクが人気です。

  • 人形
  • 帽子
  • バッグ
  • クッション
  • 洋服(ワンピース・スカートなど)
  • 小物類(がま口・巾着・ティッシュカバーなど)

以上のようなリメイクがよくみられます。また「自分で作れない」という方は、着物を好みの物にリメイクできる専門店も存在するので、検討してみても良いでしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップの多くは店頭での持ち込み査定になります。売却できればその場で現金化できるメリットがありますが、着物に詳しい査定スタッフがいる可能性は低いといえます。

そのため、正確な査定が難しく相場より安くなることもあり、おすすめできません。また、査定しても売却できなければ無駄足になる方法です。

オークション・フリマアプリで売却

オークションやフリマアプリで売却するメリットは「貴重な着物は高額で落札されることがある」「業者では買い取れない着物が落札されることがある」ところです。

しかし、多くの手間が必要なのがデメリット。取引終了までに次の作業が必要です。

  • 写真撮影、相場の調査、紹介文作成などの出品作業
  • 交渉や落札者とのやり取り
  • 梱包、発送作業
  • トラブル処理

以上のように手間がかかるので「高額で売却できる」という自信のある方以外はおすすめできません。

着物買取の専門業者で売却

専門業者は着物の知識を豊富に持っています。また、多くの場合買取方法は「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つから選択でき、生活スタイルにあった方法で査定できます。

しかし、着物の買取業者には悪徳業者も存在します。というのも、着物の種類や相場感を素人が把握するのは難しい、という背景があるからです。

主に出張買取りで「着物以外のものを安値で買い取られた」「突然訪問してきて無理やり買い取られた」という事例が多発しています。

そのため、着物買取り専門業者に依頼するときは業者の信頼度をチェックしましょう。

遺品整理業者で処分

親族が亡くなり、着物を含め遺品を整理したい方が依頼します。供養や処分、片付けを効率よくおこなえるのが特徴。しかし、少量の着物では割高になるため「着物の処分」ではなく「遺品整理」が目的の方の処分方法といえます。

もし大量の着物や不用品の処分がしたい場合は、不用品回収業者の方が適しています。そのため、遺品整理の必要性を考え依頼先を検討してみましょう。

不用品回収業者で処分

不用品回収業者は、着物以外でも品物問わず処分できます。そのため「大掃除で不用品をまとめて処分したい」「買い取りも同時にして欲しい」という方に最適な方法です。また、積み放題の定額プランを利用すれば、大量の着物や不用品を割安に処分できます。

さらにサービスの柔軟性も高く、すぐに処分したい方に便利な即日対応や、早朝・深夜にも依頼できる時間指定サービスなど利便性の高さも魅力です。

少量では割高になりますが、手間をかけずに処分したい方にピッタリの処分方法です。

【関連記事】お得なのせ放題プランの詳細はコチラ

高く売れる着物3つの特徴

着物の価値を素人が判断するのは難しいものです。しかし、紹介する特徴に注目すれば、価値を見抜く指標になります。そして、価値を判断できれば安く買い叩かれたり、処分したりするリスクを避けられます。損をしないためにもぜひ参考にしてください。

落款(らっかん)がある

二代目久保田一竹の落款

落款とは、有名作家などが手掛けた着物にあるサインのようなものです。落款が押されている場所は、主に「おくみ」か「衿先」にあり、着物の作者や制作工房を特定する手がかりになります。

そのため、落款のある着物は査定に出してみた方が良いでしょう。しかし、有名作家の着物でも落款が付いていないことがあります。ゆえに、紹介する他の要素と合わせて判断が必要になります。

証紙がある

証紙とは、着物の価値と品質を証明する重要なものです。証紙は産地ごとに決められ、厳しい検査基準を通過した反物にのみ与えられます。

一般的な証紙には以下のような内容が記されています。

  • 生産地
  • 製作者の名前
  • 伝統工芸品マーク
    ✓「伝産法」という法律で定められた日の丸のデザイン
  • 機械織りまたは手織り
  • 原材料名
  • 染色方法

厳正な品質検査の上与えられる物なので、証紙がある際は査定に出すようにしましょう。

質の高い生地を使っている

生地の質は着物の価値に大きく影響し、高級な生地程高値で取引される傾向があります。そして、着物の中で一般的に高級な生地とされているのは「絹」です。独特な光沢や肌触りなどの特徴があります。

一方、麻・木綿・ポリエステル・ウールなどは、絹に比べると安値での取引となる傾向があります。もし素材がわからない方は、一度査定に出したほうが良いかもしれません。

着物以外の買取・処分もあるとき不用品回収業者が最適な理由

高値で売れる高級な着物は買い取り業者に依頼したほうが良いでしょう。しかし、価値の低い着物を処分するときや、着物以外の不用品も同時に処分したい場合、不用品回収業者に依頼した方が良いこともあります。

ここからは、不用品回収業者への依頼が最適な理由を紹介します。

家具・家電の買取や遺品整理も対応できる

着物の処分や買い取りだけが目的の場合は、買取業者や自治体での処分も検討できます。しかし、他にも処分・売却したい物があれば、一括で依頼した方が楽といえます。

また、遺品整理にも対応できる業者が多く、明確に処分する物と売却する物が決まっていなくても、相談しながら整理できるのも回収業者の魅力です。以上の理由で、着物以外の処分品や売却品がある場合は、回収業者への依頼が最適といえます。

複数の業者で手続きしなくて良い

業者とのやりとりは面倒なものです。一社ならまだしも、複数の業者の見積もり確認や交渉をするのは手間がかかります。また、日付の調整も面倒な要素の一つです。

不用品回収業者なら、一社で処分や買い取りなどさまざまな作業に対応できるため、煩わしい手続きが発生することはありません。「とにかく楽に処分したい」という方は、回収業者への依頼がおすすめです。

不用品処分やハウスクリーニングも同時にできる

着物の処分は、引越しの大掃除や遺品整理などを機におこなうことが多いです。そのため、大規模な片付けやクリーニングを同時におこなうことがあります。

そんなときに、ハウスクリーニングにも対応できる業者に依頼すれば、着物や不用品の処分からクリーニングまで全てお任せできます。また、立ち会い不要で作業してくれる業者も存在するため、時間効率の良い方法といえます。

不要な着物は粗大ゴミ回収隊でラクラク処分

https://sodaigomi-kaishutai.com/

粗大ゴミ回収隊は、多くの部門で「顧客満足度NO.1」を獲得している信頼性の高い業者です。相場より安いお得な定額プランや、初めての方にも安心感のある無料サービスを多数ご用意しています。ここからは、そんな粗大ゴミ回収隊の魅力を紹介していきます。

のせ放題プランで着物以外もまとめて処分できる

のせ放題プランとは、トラックに積めるだけの不用品を定額処分できるサービスです。20,000円〜30,000円程が相場ですが、回収隊の軽トラックのせ放題プランは「14,800円」で利用できます。

さらに、以下の項目も料金に含まれるため、無駄な追加費用は発生いたしません。

  • 車両代
  • 出張費
  • 梱包費
  • 搬出作業費
  • 階段料金(2階まで)
  • スタッフ追加(2名まで)

また、トラックを4種類のサイズから選択できるため、ゴミの量にピッタリのプランがみつかります。

車両サイズ
粗大ゴミ回収隊
他社相場
軽トラック(1K)
14,800円
28,500円
1.5t(1DK)
39,800円
50,000円
2t(2DK)
59,800円
64,000円
4t(3DK)
80,000円
90,000円

トラックのサイズでお悩みの方は、無料見積りをご利用ください。

出張見積もり・キャンセル無料の即日対応

粗大ゴミ回収隊は、出張見積もり・キャンセル無料の即日対応サービスを利用できます。ご連絡から最短25分で訪問するため、急な依頼や時間の限られた中でも迅速な対応が可能です。

また料金に不安のある方でも、見積もりやキャンセル無料のため気軽に依頼できるのも魅力です。以上のように、時間のない方や初めてご利用の方でも安心して利用できる回収業者です。

遺品整理やハウスクリーニングにも対応

粗大ゴミ回収隊は遺品整理やハウスクリーニングにも対応しています。遺品整理に関しては、知識豊富なスタッフがお客様のお話を聞きながら、丁寧に整理を進めていきます。そして、買い取れそうな品物を見逃すことなく適切な対応をいたします。

また、ハウスクリーニングの技術も高く、通常は落ちない汚れやニオイもプロの技術と道具でキレイに仕上げることが可能です。着物の整理と遺品整理・ハウスクリーニングも検討の方は、ぜひ粗大ゴミ回収隊までご相談ください。

着物の処分は価値を見抜き適切な方法で処分しよう

着物の価値を見抜くことは難しいですが、ご紹介した方法を目安に価値のあるものは査定に出し、それ以外の物は自分に合った方法で処分を検討してください。

もし「時間の方が大切」「まとめて処分したい」という方は、粗大ゴミ回収隊におまかせください。お客様の希望に沿ったプランをご提案いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊