発砲スチロールの処分方法とは?定期的に出るゴミは不用品回収業者へ

2022年03月11日

発砲スチロールの処分方法とは?定期的に出るゴミは不用品回収業者へ

発砲スチロールの処分方法は、種類に応じて変わるので注意してください。

この記事では、発砲スチロールの処分方法について詳しく解説します。

商品の梱包材や食品トレイなど、あらゆる場所で使用されているのが発砲スチロールです。

建築現場や電化製品を購入した場合などに、大量の発砲スチロールが出て処分に悩むことが多いです。

このような発砲スチロールは、どのように処分すれば良いのでしょうか?

ここでは、発砲スチロールの処分方法をご紹介します。

発砲スチロールの処分方法

発砲スチロール

発砲スチロールは、緩衝材や梱包材、商品トレイなど種類があります。また、形状もさまざまです。種類や形状に見合った方法で捨ててください

ここでは、発砲スチロールの処分方法をご紹介します。

緩衝材・梱包材は「資源ゴミ」

緩衝材梱包材で使用されている発砲スチロールは汚れていません。

キレイな状態の発砲スチロールは自治体の「資源ゴミ」として処分してください。資源ゴミで出せば、リサイクルしてもらえます。

資源として有効活用するためにも、キレイな状態の発砲スチロールは自治体の資源ゴミとして処分するのがおすすめです。

発砲スチロールの商品は「燃えるゴミ」

肉・野菜・魚などのトレイや、刺身皿オードブル皿で使用されている発砲スチロールは汚れています。食材に臭いが付着しています。

汚れている発砲スチロールは、衛生面からもリサイクルに回せないため自治体の「燃えるゴミ」で処分してください。

50cm以上を超えるものは「粗大ゴミ」

発砲スチロールの状態に関わらず、自治体の粗大ゴミの基準サイズを超えるものは粗大ゴミとして処分しなければいけません

自治体にもよりますが、30cm以上、50cm以上など一辺の長さを超えるものを粗大ゴミとしていることが多いようです。

資源ゴミや燃えるゴミで処分することはできないので注意してください。

、大きなサイズの発砲スチロールを処分する場合は自治体に尋ねてみてください。

事務所から出るゴミは「産業廃棄物」

オフィスや店舗で出た発砲スチロールは「産業廃棄物」に該当します。

「資源ゴミ」「燃えるゴミ」「粗大ゴミ」で処分することはできません。

間違えた方法で処分してしまうと、罰金が科せられて企業の信用力も失ってしまいます。

オフィスや店舗で出たゴミは、必ず、産業廃棄物収集業者に処分してもらいましょう。

発砲スチロールの処分費用

発砲スチロールの処分費用

発砲スチロールが「粗大ゴミ」や「産業廃棄物」に該当する場合は、費用を支払って処分しなければいけません。

発砲スチロールの処分費用の平均相場は、1kg当たり200円です。

上記の費用相場は参考程度にしてください。業者に応じて処分費用は変わります。

発砲スチロールの処分費用を安く抑えるコツ

処分費用を安く抑えるコツ

発砲スチロールが「粗大ゴミ」に該当した場合、処分費用がかかることに驚くかもしれません。

処分費用が安いことに越したことはないでしょう。

そのため、発砲スチロールの処分費用を安く抑えるコツを覚えておきましょう。

1.細かく砕いて処分する

大きなサイズの発砲スチロールを、細かく砕いてゴミ袋に入れれば「資源ゴミ」「燃えるゴミ」で処分できます。

発砲スチロールを細かく砕く方法としては、電動ノコギリの使用がおすすめです。

電動ノコギリであれば、細かなクズが出にくいです。

また、ゴミ袋の中に発砲スチロールを丸ごと入れて、足で潰すという砕き方もあります

2.収納ケースとして利用する

箱型の発砲スチロールであれば、収納ケースとして利用することができます

発砲スチロールはプラスチックなので、防水効果が強いです。屋外の収納ボックスとしても効果を発揮します。

白色の発砲スチロールは、どのような空間にも違和感がなく合います。

3.DIYで発砲スチロールを再利用する

発砲スチロールを活用したDIYには、さまざまなものが登場しています。

カップラーメンの器を鉢植えにして再利用したり、トレイを小物入れにしたりして楽しんでいる人がいます。

また、発砲スチロールで作成したレンガ調の壁は大きな注目を浴びています。

発砲スチロールを活用したDIY方法インターネット上で紹介されているため、再利用したいと思った方は検索をしてみてください。

発砲スチロールの処分にお悩みなら「粗大ゴミ回収隊」

発砲スチロールの処分方法をご紹介しましたが、定期的に出るゴミや廃棄産業物のゴミの処分にお悩みの方は「粗大ゴミ回収隊」までご相談ください。

ここでは、粗大ゴミ回収隊に相談するメリットをご紹介します。

業界最安値の料金体系を実現

粗大ゴミ回収隊は、業務効率化やムダな経費の削減など行い料金に還元している不用品回収業者です。このような仕組みで、業界最安値の料金体系を実現しています。

料金の安さには自信を持っています。そのため、競合他社の見積金額より高ければご相談ください。お値引きを検討させていただきます。

見積依頼は完全無料で、料金に満足できなければキャンセルして頂いても構いません。ぜひ、安さをお確かめください。

定額パックサービスを提供

粗大ゴミ回収隊は、大量の不用品をお得に処分できるように定額パックサービスを提供しています。

分量や品目にもよりますが、場合によっては自治体よりも安くなります。そのため、大量の不用品を処分したい方は定額パックサービスをご利用ください。

軽トラック載せ放題 14,800円
1.5tトラックのせ放題 39,800円
2tトラックのせ放題 59,800円
4tトラックのせ放題 80,000円

あらゆる品物の処分に対応

粗大ゴミ回収隊は、あらゆる品物の処分に対応しています。自治体サービスでは、回収してもらえない品物の処分に応じることも可能です。

[自治体では粗大ゴミとして出せないもの]

  • 処理困難物…重量が極めて重い物や長さが極めて長い物
  • 産業廃棄物…オフィスや店舗で出た粗大ゴミ
  • 電化製品…エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機など家電リサイクル法に沿って処分する者
  • その他…自動二輪車・パソコン関係

豊富なサービスを提供

粗大ゴミ回収隊は、不用品処分やゴミ屋敷の片付けを得意としている不用品回収業者ですが、以下のようなサービスも提供しています。

同時に依頼することで、トータルコストが安く抑えられます。

  • 不用品買取サービス…状態が良い品物を査定して現金化する
  • ハウスクリーニングサービス…日頃の掃除では落とせない汚れを取り除く
  • 遺品整理サービス…遺品探索、遺品供養をお任せできる

即日回収・スピード回収に対応

粗大ゴミ回収隊は、各エリアに専属スタッフを配置して、指定の場所をトラックで巡回しています。

お客様からお問い合わせが入れば、近くを巡回しているスタッフが駆けつけるため、最短25分と即日回収・スピード回収が実現できます。

粗大ゴミ回収隊の営業時間は朝8時から夜24時まで長いことも評判です。そのため、お客様の都合が良いときに、お問い合わせして頂けます。

産業廃棄物収集運搬業許可を取得

粗大ゴミ回収隊は、オフィスや店舗から出る事業用ゴミを収集できる産業廃棄物収集運搬業許可を取得しています

「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」と各エリアの自治体から営業許可証を取得しているため、安心して事業用ゴミの処分をお任せ頂けます。

産業廃棄物業者の中でも料金が安いため、ぜひ、ゴミ処理の経費を見直したい方は粗大ゴミ回収隊にご相談ください。

まとめ

今回は、発砲スチロールの処分方法をご紹介しました。

緩衝材や梱包材をはじめ、食品トレイなど、さまざまな発砲スチロールがあります。

種類や形状に応じた正しい処分方法で捨ててください。

粗大ゴミに該当するサイズや事業用ゴミに該当する発砲スチロールの処分でお悩みなら、業界最安値の料金体系を実現する「粗大ゴミ回収隊」へご相談ください。

見積依頼は完全無料で料金に満足できなければ、キャンセルして頂いても構いません。

まずは、料金の安さをお確かめください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊