物を捨てたくなるのは変化の兆候?捨てたい心理を解説

2022年05月23日

物を捨てたくなるのは変化の兆候?捨てたい心理を解説

「突然、部屋を片付けたくなった。」「今ある物を全部手放したい…。
こんな風に感じたことはありませんか?
物を捨てたくなるのは、自分自身や環境が大きく変化する予兆かもしれません。
この記事では、物を捨てたくなる心理や手放した方が良いもの、いらない物を簡単に処分する方法について紹介します。

物を捨てたくなる時の心理とは?

突然物を捨てたくなると、なぜ自分がそんな気持ちになったのか知りたくなりますよね。ここからは、物を捨てたくなる時の心理を解説します。これを読めば、自分では気づかない深層心理がわかるかもしれません。

物に対する価値観が変化した

物を集めることや買い物が好きな人の中には、所有することで自尊心を満たす人もいます。しかし、物を買って得られる喜びは一瞬だけです。
ふとしたきっかけで「物の量は自分の幸せに関係ない」と気づき、本当に大切な物以外は処分したくなっています。
新作の服やコスメを買ってもテンションが上がらなくなったり、集めていたブランド物や趣味のコレクションに興味がなくなったりするのは、自分の中で物の価値観が変化している証拠。
「物はそれほど重要ではない」と考えが変わったことで、身の周りにある不要な物を捨てたくなっているのかもしれません。

生活に変化を求めている

日常生活でストレスや不安がたまっていて、物を捨てることでスッキリしたいと考えている場合もあります。部屋に物が多いと視界に入ってくる情報も多くなり、それだけで疲れてしまうことも。
また、部屋に物が多くて探し物が見つからず、イライラしている時にも「余計な物を捨てたいな」と考えます。
物を捨てることで自分の気持ちと生活環境をリセットし、今の状態から抜け出したいと考えているのかもしれません。

過去を手放し、新しい自分になりたい

いつまでも過去を引きずっている自分を変えるため、物を捨てたくなることもあります。
物には思い出が宿っているため、見るたびに過去の栄光や苦しかったこと、昔の恋人のことを思い出し、過去にとらわれたままになってしまいます。
物を捨てたいと思うのは、「もういいかな」と過去を手放し、新しい自分になりたいと感じているのかもしれません。
思い出の物を処分する時には心が痛むかもしれませんが、捨てた後にはすっきりしとした気持ちになるでしょう。 

時代の変化を直感的に感じとった

スピリチャル的には、現在は「地の時代」から「風の時代」へ変化しました。その変化を感じ取り、自分自身を新しい時代に合わせるために物を捨てたくなっているのかもしれません。
地の時代は所有することに価値を置いていたため、物を持つことが喜びでした。しかし、風の時代は物よりも、目に見えないことを重視します。例えば人とのつながりや情報などを大事にし、物はシェアする時代になると言われています。
このような変化で物への執着がなくなったため、物を捨てたくなっているのかもしれません。 

物を捨てると得られるメリット

ここからは、不要な物を手放すと得られるメリットを3つ紹介します。

転機が訪れる可能性がある

古い物を手放せば、新しい「気」が入ってくると言われています。部屋に新鮮な気が入るようになれば、気の巡りが良くなり、自分の生活リズムや行動も良い方向へ変化するでしょう。
今まで経験がないことに挑戦したり、新しく趣味を始めたりすることで、仕事での思わぬチャンスや新たな出会いにつながるかもしれません。

家での時間を有意義に使える

いらない物を捨て、必要な物だけを残せば掃除や片付けが楽になり、短時間ですませられます。すると、今まで掃除や片付けにとられていた時間を、自分の好きなことに充てられるようになります。
また、脳は整理された状態を好むと言われています。散らかった部屋では集中できなかった人も、すっきりと片付いた部屋では集中できるでしょう。
不要な物を処分すれば、時間に余裕ができ集中力も上がるため、家での時間が有意義なものになるはずです。

気持ちが前向きになる

いらない物を一気に捨てれば、部屋にはお気に入りの物だけが残ります。自分の好きなものだけに囲まれた部屋で過ごせば、家にいる間幸せが続くでしょう。
例えば、忙しい朝でもお気に入りのケトルでお湯を沸かし、大好きなカップにコーヒーを注げば、「今日も1日頑張るぞ」と元気が出るはずです。

このように不要な物を捨て、すっきり片付けた部屋で過ごせば、気持ちも明るくなります。

捨てた方が良い物

「物を捨てたい」と思っても、具体的に何を捨てたら良いかわからない人もいるかもしれません。ここからは、部屋の中で処分した方が良い物について紹介します。

なんとなく買った服

衣類は「高かったからもったいない」、「いつか着るかも」といった理由でためこむ人が多いです。しかし、着ない物を手放さなければ、クローゼットが溢れてしまいます。
収納場所に入りきらない服を棚や床に置く人もいますが、部屋が散らかり運気が下がることもあるので注意が必要です。

1年以上着ていない服は、手放したほうが良いでしょう。よく着る服だけを残せば、クローゼットがすっきりし、服選びに迷う時間も減らせますよ。

使っていないコスメ

使いかけの化粧品をそのままにしている人も多いです。コスメにも使用期限があるため、使わなくなった物は早めに捨てましょう。いらない物がそのままになっていると、見るたびに自分の気持ちが沈んでしまいます
心ときめく物だけを残せば、メイク時間がもっと楽しくなるでしょう。

気持ちが沈む思い出の物

良くない思い出がある物をそのままにしていると、過去にとらわれたまま抜け出せなくなる可能性があります。「物に罪はない」と思って使っていても、無意識のうちに過去を思い出してしまうことも。
そのままにしていると、思い出に引きずられてしまい、人生が好転するチャンスを逃すこともあります。思い切って捨てれば、気分がすっきりし、新しい自分になれるかもしれません。

壊れた家電

ドライヤー、美顔器、動かなくなったパソコンなど、家電製品は処分が面倒でそのままになっていることが多いです。しかし、古い物は運気を下げると言われているため、なるべく早く捨てたほうが良いでしょう。
次の章で紹介する不用品回収業者に頼めば、処分が面倒な不用品もすぐに回収してくれますよ。

物を捨てたくなったら早めに行動しよう

物を捨てたくなるのは、無意識のうちに自分の価値観や環境を変えたいと思っている兆候かもしれません。部屋をすっきりさせれば運気も上がり、幸せな未来が待っているでしょう。
「物を捨てたい」と思ったら、すぐに行動に移すことが大切。自分でなかなか片付けられない人は業者に依頼するのがおすすめです。
粗大ゴミ回収隊なら、格安価格で不用品の回収から片付け、ハウスクリーニングまで一括で行うことができます。まずは電話やLINEでお気軽にお問合せください。

粗大ゴミ回収隊への問い合わせはこちら

 

手軽に物を捨てたいときは、粗大ゴミ回収隊へ

粗大ゴミ回収隊

https://sodaigomi-kaishutai.com/

「物を手放したい」と思ったらすぐに行動に移すことが大切です。しかし、片付けが苦手だったり忙しくて時間がとれなかったりする人もいるでしょう。
そんな時には不用品回収、片付け、掃除を一括して行う業者に作業を依頼するのがおすすめです。
ここからは、おすすめの不用品回収業者「粗大ゴミ回収隊」について解説します。

 粗大ゴミ回収隊は、インターネット調査で「一人暮らしの女性におすすめのゴミ回収業者」「部屋の片付け代行顧客満足度」「ゴミ屋敷の清掃が得意な粗大ゴミ回収業者」でそれぞれランキング1位を獲得していて信頼できる業者です。
料金は軽トラックのせ放題プランが14,800円。軽トラックのせ放題プランの相場は2万円から3万円なので、お得に利用できます。


他社では追加料金がかかることもある2階までの階段料金や2名までのスタッフ追加ものせ放題プランに含まれているので、余計な追加料金がかかりません。深夜や早朝の回収にも対応しているため、忙しい人でも大丈夫。
事前見積でおおよその金額がわかり、料金に納得してから依頼できるので初めての人でも安心して利用できます。見積は無料のため、まずは電話やLINEでお気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊