【これで解決】粗大ゴミを出し忘れたときの対処法を徹底解説!

2022年07月21日

0120-847-531
【これで解決】粗大ゴミを出し忘れたときの対処法を徹底解説!
この記事では、
  • 粗大ゴミを出し忘れたときの対処法
  • 再度依頼するときの注意点
  • 粗大ゴミを出し忘れないためのポイント
を紹介します。 適切な対処はもちろん、今後の粗大ゴミの出し忘れを防止できる内容です。 また、出し忘れた後に粗大ゴミ以外で処分する方法も紹介するので、さまざまなケースに対応できるようになります。

粗大ゴミを出し忘れたときの対処法

粗大ゴミを出す指定時間は朝早い自治体がほとんどなので、つい出し忘れることも。 出し忘れた際の自治体に対する対処の仕方や、自治体以外で処分する方法も紹介します。

自治体に連絡して当日キャンセルする

粗大ゴミ回収の指定時間を過ぎた場合「作業員の方が回収にきたものの、粗大ゴミがなく回収できなかった可能性」と「まだ回収にきていない可能性」があります。 そのため、まず自治体に連絡して状況を確認することが先決です。 まだ回収にきていなければ、すぐに粗大ゴミを出しましょう。 もし回収にきた後であれば、基本その日に再回収してはくれません。 再度予約をするか、他の方法で粗大ゴミを処分する必要があります。 とはいえ、出し忘れた際の具体的な対応は公表されていない場合が多いです。 念の為当日に回収できないか聞いてみると良いでしょう。 ・自治体別の対応調査表
名古屋市 不明
横浜市 粗大ゴミがなければ電話連絡あり。すぐに対応すれば処分できる可能性がある
江東区 不明
世田谷区 粗大ゴミがなければ電話連絡あり。すぐに対応すれば処分できる可能性がある
川崎市 出し忘れはキャンセル扱いとなり再予約が必要
以上のような対応です。 すぐに連絡すれば間に合う可能性もあるので、早めに連絡することが大切です。

再度粗大ゴミの回収依頼を行う

もし当日回収ができなかった場合は、再度粗大ゴミで処分するのであれば連絡して予約の手続きをします。 自治体の粗大ゴミ回収は数週間以上かかるケースもあるので、その間粗大ゴミを保管しておかないといけません。 また、出し忘れた手前依頼しづらいとは思いますが、粗大ゴミで処分したい場合は仕方ないことです。 出し忘れたことは謝罪し、次は忘れないようにしましょう。
メリット ・手続き方法は分かっているのでスムーズ ・費用が安い
デメリット ・一度忘れているのでプレッシャーを感じる ・次の回収日まで時間がかかる

クリーンセンターへ直接持ち込みをする

「次の粗大ゴミ回収日まで待てない」「すぐに依頼しづらい」という方は、自治体指定のクリーンセンターへ直接持ち込む方法もあります。 自治体により予約の方法や支払い方法は異なるので、連絡して持ち込むようにしましょう。 ただし、運搬が可能な粗大ゴミでないと持ち込みできないことや、土日、祝日は搬入できないことがあります。 また、午後14時前後に受け付けが終了する自治体も存在するので注意してください。
メリット ・粗大ゴミをすぐに処分できる ・費用が安い
デメリット ・自分で運搬しなくてはいけない ・車がないと持ち込みが難しい

不用品回収業者へ依頼する

粗大ゴミ回収を専門とする不用品回収業者へ依頼する方法も考えられます。 回収業者は依頼するとその日のうちに粗大ゴミを回収してくれるうえ、分別や搬出などすべて任せられます。 予約も電話一本で済むため時間効率の良い処分方法です。 また、粗大ゴミが複数ある場合は「トラックにのせ放題の積載プラン」を利用すれば、思いの外お得に処分できます。 さらに、自治体では処分できないエアコンや冷蔵庫、洗濯機やテレビなどの家電リサイクル商品でも処分や買い取りが可能です。 以上の特徴から
  • 再度手続きをするのが面倒
  • 運搬はできない
  • 時間がない
  • 複数の粗大ゴミをまとめて処分したい
  • 家電製品を処分・売却したい
という方におすすめです。
メリット ・その日に処分できる ・搬出作業含めすべてお任せできる ・粗大ゴミが多いほど割安 ・自治体で処分できない物を同時に処分できる
デメリット ・自治体より費用は高い ・業者を選ぶ必要がある
【関連記事】

粗大ゴミを出し忘れた!再度依頼したときの注意点

粗大ゴミを出し忘れた!再度依頼したときの注意点 粗大ゴミの回収を再度依頼したときは、回収までの期間やゴミ処理券の扱い、出すタイミングなどに注意が必要です。 失敗しないための大切な情報なので、ぜひ参考にしてください。

次回の回収日まで時間がかかる

自治体の粗大ゴミは回収までに時間がかかります。 予約状況により異なりますが、最低1週間〜ほどは必要になり、3月4月の繁忙期は1ヶ月以上待つこともあるでしょう。 そのため、引っ越しや来客が理由の粗大ゴミ処分は回収業者を検討してみてください。 また粗大ゴミを保管しておくスペースを確保する必要や、次の粗大ゴミ回収日を忘れないための工夫が必要になります。 このように、期間が空くことでさまざまな弊害があるので、自身の状況を考慮して再依頼しましょう。

ゴミ処理券は再利用できるため処分しない

粗大ゴミを出し忘れたからといって、貼り付けたゴミ処理券を処分してはいけません。 次回の回収時に使えるので、貼り付けたまま保管しておきましょう。 出し忘れた収集日を記入している場合、キレイに消すか次回の回収日をわかりやすく記入しておくと問題ありません。

出し忘れを恐れ前日〜1週間前に出してはいけない

一度出し忘れると「次は忘れてはいけない」と考え、できるだけ早く出そうとする方もいます。 しかし、当日の朝以外に粗大ゴミを出してはいけない自治体が多いでしょう。 なぜなら、指定日以外にゴミを出すと「廃棄物処理法の第16条」に違反することになるからです。 違反すると「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」が科せられます。 他にも、粗大ゴミの持ち去りや放火、不法投棄の誘発などの恐れがあるので、粗大ゴミは当日の朝に忘れず出すようにしましょう。

粗大ゴミを出し忘れないためのポイント

「次の回収日までに期間が空く」「当日の朝しか出してはいけない」などが理由で、また粗大ゴミを出し忘れる恐れがあります。 そのため、意識をして忘れない工夫をすることが重要です。 何度も出し忘れて自治体に迷惑をかけてはいけないので、ぜひ対策の参考にしてみてください。

収集日を忘れない工夫をする

粗大ゴミを出し忘れないためには「カレンダーに記入しておく」「前日にアラームを設定しておく」など、収集を忘れない工夫をすると良いでしょう。 カレンダーやアラーム以外でも、毎日必ず目を通すものに収集日を記入しておくと忘れる確率は格段に少なくなります。 また確実に忘れないために、カレンダーとアラームを併用するなどの工夫も有効です。

前日に玄関まで運んでおく

前日まで覚えていても、気を抜いて当日の朝には忘れてしまう可能性もあります。 そのため、前日覚えている間に玄関へ粗大ゴミを運んでおきましょう。 これだけで粗大ゴミの回収があることを意識できるので、忘れる確率が低くなります。 また、収集日を覚えていたとしても「朝運ぶのが面倒で二度寝をしてしまった」「運ぶのが大変な粗大ゴミで間に合わなかった」という場合もあるでしょう。 前日に準備しておき負担を軽くすることで、このような失敗も防ぐこともできます。

家族で収集日を共有しておく

自分一人だけ収集日を把握していてもつい忘れてしまうことがあるので、家族と共有しておきましょう。 自分が回収日を忘れていても、誰かしら気付いて教えてくれるかもしれません。 以上3つの工夫を行うことで、出し忘れるリスクは格段に低くなるでしょう。 少しの労力でできることばかりなので、ぜひ試してみてください。

粗大ゴミの出し忘れは不用品回収業者への依頼が良い理由

粗大ゴミの出し忘れは不用品回収業者への依頼が良い理由 粗大ゴミを出し忘れた際は、不用品回収業者の利用がもっとも早く問題を解決できます。 ここでは、その具体的な理由を解説します。

即日対応で処分できる

粗大ゴミ回収業者は早ければ当日、連絡から30分以内に訪問してくれることもあります。 そのため「引っ越しで時間がない」「来客前に片付けたい」という方でも安心です。 他の方法だと時間や労力がかかりますが、不用品回収業者は電話一本で粗大ゴミを処分できるので、早く粗大ゴミを処分したい方におすすめです。

粗大ゴミを保管しておくストレスがない

小さな粗大ゴミなら問題ないですが、大型家具や買い替えで早く処分したい粗大ゴミの場合、置き場所に苦労します。 数週間自宅スペースを使って粗大ゴミを保管することになるので、ストレスを感じる方もいるでしょう。 不用品回収業者に依頼すれば、そのようなストレスを一切感じずその日に問題を解決できます

粗大ゴミの分別や搬出を全て任せられる

不用品回収業者に依頼する場合、粗大ゴミをまとめたり玄関に運んでおく必要すらありません。 現状のまま連絡するだけで、分別や梱包、搬出全てプロのスタッフが行ってくれます。 技術力の高い業者に依頼すると、作業スピードも早いので数十分で粗大ゴミを片付けることも可能です。 もっともラクに粗大ゴミを処分できる方法なので、一度試してみることをおすすめします。 【関連記事】出し忘れた粗大ゴミを「すぐに」処分したい方はこちら

粗大ゴミを出し忘れたら粗大ゴミ回収隊にご相談ください!

粗大ゴミを出し忘れたら粗大ゴミ回収隊にご相談ください!

https://sodaigomi-kaishutai.com/

粗大ゴミ回収隊は「最速25分の即日対応」が可能なので、粗大ゴミを出し忘れた方に最適な不用品回収業者です。 複数の粗大ゴミを格安で回収できる「のせ放題プラン」を採用しているので、量が多い方でも安心。 人気の軽トラック目安のSパックなら「業界相場の20,000〜30,000円」より安い「9,800円」で利用可能です。 安くできるのは「地域密着の運営による移動コスト・広告宣伝費の削減」によるもの。 質の良いサービスを素早く提供することでコストを削減し、お客様に還元しています。 「粗大ゴミ回収隊は」出張見積もり、キャンセル無料の回収業者なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。 粗大ゴミ回収隊の無料見積もりはコチラ!

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊