本の処分方法5選!いらない本のリサイクル・捨て方は価値をチェック

2023年07月19日

0120-847-531
本の処分方法5選!いらない本のリサイクル・捨て方は価値をチェック
この記事では、本の処分方法5選をご紹介します。 いらない本の処分方法は、本の価値をチェックして決めるのがおすすめです。 詳細を解説していますので、本の処分を考えている方は参考にしてください。

いらない本の捨て方・処分方法5選

いらない本の捨て方・処分方法5選 まずはいらない本の捨て方・処分方法5選をご紹介します。 メリットやデメリットも併せて解説していますので、自分の状況に合う処分方法を選んでください。

粗大ゴミ回収業者に依頼する

粗大ゴミ回収業者に依頼して本を引き取ってもらう処分方法です。 粗大ゴミ回収業者には「単品回収」と「定額パック」での料金プランがあります。 単品回収では、諸経費も加算されるので、本を1冊処分するには不向きです。 しかし、大量に本を処分するなら、粗大ゴミ回収業者で処分するのがおすすめです。 粗大ゴミ回収業者は、本だけにとどまらず、自治体でのゴミとして出せない不用品をまとめて回収してくれます。   ◆メリット
  • 大量の本を処分できる
  • 希望の日時で回収してもらえる
  • 他の粗大ゴミ・不用品も処分できる
  • 本の運搬もお任せできる
◆デメリット
  • 単品回収だと割高
  • 信頼できる業者を探す必要がある
おすすめの激安&人気粗大ゴミ回収業者を確認したい方はこちら!

資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる

自治体では、本を資源ゴミとして回収することが多いです。 また、資源にならない本は燃えるゴミとして捨てることができます。 資源ゴミとして捨てる場合は、持ち運べるように紐でしばって、決められた日に集積所に出しておきます。 燃えるゴミとして捨てる場合は、自治体のルールに沿ってゴミ袋に入れ、決められた日に集積所に出してください。 自治体では、ルールを守っていないゴミは、回収してくれないこともあるため注意が必要です。   ◆メリット
  • ほぼ無料で処分できる
  • 手続きはほぼ不要で処分できる
  • 自治体のゴミ回収なので信頼度が高い
◆デメリット
  • 大量に処分する際の運搬が大変
  • 回収日にしか処分できない
  • 分別をルールに沿って行う必要がある

図書館に寄付・寄贈する

読まなくなった需要のある本なら図書館などに寄付・寄贈して処分する方法もあります。 絵本や貴重な本など、状態の良い本なら、寄付・寄贈することで喜ばれます。 ただし、図書館では寄付や寄贈を断られることもあるので注意してください。 図書館にはすでに多数の本を所蔵しているため、本を置いておくスペースの問題があるからです。 また、図書館では所蔵する本の選書しています。 そのため、その図書館にふさわしくないと判断される本を寄付・寄贈することはできません。 必要のない本を送りつけるようなことは迷惑になってしまいます。 図書館に寄付・寄贈することができるかどうか必ず確認してください。   ◆メリット
  • 社会の役に立てる
  • ほぼ無料で処分できる
◆デメリット
  • 大量に寄付する際の運搬が大変
  • 断られて処分できないこともある
  • 運搬手段や配送料が必要なこともある

リサイクルショップに買い取ってもらう

中古本としてリサイクルショップに売るのも本の処分方法の1つです。 本を買い取ってもらえるリサイクルショップとしては、ブックオフやブックサプライなどが有名です。 これらは、ほぼ全国展開しているリサイクルショップなので、大量の本なら出張買取で売ることも可能。 また、CDやDVDなどを一緒に買い取ってもらうこともできますので、一緒に処分するのもおすすめです。 店舗に持ち込むのであれば1冊から買取を行っています。 ただし、古本といっても高額で売れることは期待しない方がよいでしょう。 査定では出版された時期や本の状態などで金額が決まります。 本を売って処分する場合は、次項のフリマアプリを利用する方が高く売れることもあります。   ◆メリット
  • 無料で処分できる
  • 少額の収入になる
  • CDやDVDも一緒に処分できる
◆デメリット
  • 手続きが面倒
  • 高値にはならないことが多い
  • 処分までに時間がかかる
  • 買取処分できない場合がある

フリマアプリで売る・譲渡する

メルカリやPay Payフリマなどのフリマアプリを使って中古本を売って処分できます。 またジモティーというフリマアプリは、無料で出品することが可能なので、価値の低い本を譲渡するのに利用するのもおすすめ。 リサイクルショップの買取よりは高く売れることもありますが、出品や配送の手続きがより面倒という難点もあります。 シリーズの漫画本なら、まとめて出品できますので便利です。 しかし、ジャンルの違う本を出品する場合は、1点ずつの出品となるため、手間がかかります。 フリマアプリで本を処分するなら、利用登録が必要であることやスマホの操作に慣れている点を考慮に入れておく方がよいでしょう。   ◆メリット
  • 無料で処分できる
  • 少額の収入になる
  • CDやDVDも一緒に処分できる
◆デメリット
  • 手続きが面倒
  • 高値にはならないことが多い
  • 処分までに時間がかかる
  • 買取処分できない場合がある

処分方法は本の価値で決める

処分方法は本の価値で決める 本はジャンルごとにある程度価値が決まっており、不向きな処分方法を選ぶと、時間も労力も無駄になってしまうこともしばしば。 ここからは、本のジャンルごとに処分方法の選び方を解説します。

教科書・参考書

教科書や参考書は、書き込みがあるかどうかで価値が変わります。 書き込みをしている教科書や参考書は、リサイクルショップでは買取不可であることが多いです。 また、資格の参考書は、次年度に受験を考えている方に需要があるので、フリマアプリで出品するのもおすすめです。 ただし、教科書や参考書は「新しいもの」に需要があります。 あまりにも古い時代の教科書や参考書は、情報の鮮度が落ちているので、粗大ゴミ回収業者でまとめて回収してもらうのも1つの手段です。

おすすめ処分方法

【書き込みなしの教科書・参考書】
  • フリマアプリで売る・譲渡する
【古いものや書き込みありの教科書・参考書】
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼する
  • 資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる

漫画本

漫画本は、リサイクルショップやフリマアプリで売る方法もあります。 とくに話題になっている漫画本をセットにすれば、高値で買い取ってもらえることも。 また、古い漫画本でも希少価値のあるものは、単品でも売れます。 ただし、汚れた漫画本やばら売りでは、処分するまでに時間もかかります。 急ぎで大量の漫画本を処分したいときは、まとめて粗大ゴミ回収業者に引き取ってもらうのが得策です。

おすすめ処分方法

【希少価値ありの漫画本】
  • フリマアプリで売る・譲渡する
【セット・大量の漫画本】
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼する

絵本

絵本は、きれいな状態であれば、図書館に寄付・寄贈するのもおすすめです。 リサイクルショップでも買い取ってもらえますが、高値になることは見込めません。 フリマアプリで売る・譲渡するのは喜ばれる可能性もあります。 しかし繰り返し読んでボロボロになった絵本は、資源ゴミにもなりにくいため燃えるゴミに捨てる方が無難です。 ライフステージの変化で、絵本や玩具などをまとめて処分したいなら、粗大ゴミ回収業者に回収してもらうのが効率が良いです。

おすすめ処分方法

【きれいな状態の絵本】
  • 図書館に寄付・寄贈する
  • フリマアプリで売る・譲渡する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
【ボロボロ・大量の絵本】
  • 資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼する

古く価値のある本

古くて価値のある本ならば、フリマアプリなら高値で売れることもあります。 ただし、高値になる条件を満たしている場合のみです。 本は、新刊として販売されていた帯がついていることでも価値があがります。 また、日光で紙が焼けてしまい、黄ばんでいる本は価値がさがります。 市場価値を見極めるのが難しいので、時間をとって市場調査も必要でしょう。 また、貴重な資料が掲載された本なら図書館に寄付・寄贈することができる可能性もあります。 引越しなどでまとめて本を処分するのであれば、粗大ゴミ回収業者に依頼して回収してもらうのがスムーズです。

おすすめ処分方法

【保存状態が良い】
  • 図書館に寄付・寄贈する
  • フリマアプリで売る・譲渡する
【汚れている大量の本】
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼する
  • 資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる

実用書・ビジネス本

実用書・ビジネス本にも流行り廃りがあり、需要も変化します。 出版されてすぐの人気の実用書ならリサイクルショップで買い取ってもらうのもありです。 しかし、時間が経って流行が過ぎた実用書・ビジネス本に需要がありません。 そのため、資源ゴミとして捨てるか粗大ゴミ回収業者にまとめて引き取ってもらうのがベストです。

おすすめ処分方法

【人気の実用書・ビジネス本】
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • フリマアプリで売る・譲渡する
【出版されて時間が経っている実用書・ビジネス本】
  • 資源ゴミ・燃えるゴミとして捨てる
  • 粗大ゴミ回収業者に依頼する

古本の処分なら「粗大ゴミ回収隊」がベスト!

古本の処分なら「粗大ゴミ回収隊」がベスト!

https://sodaigomi-kaishutai.com/

きれいな状態で需要のある本なら、フリマアプリやリサイクルショップで売って処分するのもいいでしょう。 しかし、ボロボロになっている古本や大量の本を処分するなら、粗大ゴミ回収業者に回収してもらうのがおすすめです。 なかでも「粗大ゴミ回収隊」が古本を処分するのにはベスト。 粗大ゴミ回収隊に回収を依頼すれば、以下のようなメリットがあります。
  • 大量の本を一度に処分できる
  • 重い本の運搬もお任せできる
  • 他の不用品もまとめて処分できる
粗大ゴミ回収隊なら、希望の日時で本の回収をしてくれるのでおすすめです。 即日回収も可能! ためこんだ古本もまとめて一度に回収します。 粗大ゴミ回収隊の「のせ放題」は、定額で大量の本や不用品の回収にピッタリです。 人気の軽トラック目安で積載可能は、業界最安値の9,800円と激安で対応。 本の処分に困ったらぜひ「粗大ゴミ回収隊」にご相談ください。 >>>粗大ゴミ回収隊への無料お見積りはこちら!

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊