ソファの処分費用を方法別に解説|処分方法9選や安全な方法も紹介

2021年07月09日

ソファの処分費用を方法別に解説|処分方法9選や安全な方法も紹介

「ソファを処分したいけど搬出してくれる業者は?」「安くて手間のかからない方法は?」ソファは大きくて運ぶのが困難なため、処分費用や処分方法が気になるところです。ソファの処分は状況に適した方法を選択すると良いでしょう。

 

そこで今回は、ソファの処分費用と処分方法9選を紹介。さらに、処分の注意点やオススメの処分方法を解説します。ぜひ参考にしてソファを処分していきましょう。

ソファの処分費用

ソファは処分が大変な家具なので費用が高額なイメージですが、方法によっては格安で処分できます。しかし、安い処分費用は自分で運搬しなければいけないので、そちらも考慮してコストパフォーマンスを考えていきましょう。

処分方法 費用
粗大ゴミ
(東京都)
※自己運搬
1人用:630円〜800円

2人用以上:1,200円〜2,000円

ソファーベット:2,000円〜2205円

買い替え
※新しいソファと入れ替え処分
ニトリ:3,300円

無印良品:3,000円

IKEA:配送料のみ

東京インテリア:2,000円〜5,000円

ナフコ(TWO-ONE STYLE):無料

MEGAMAX(メガマックス):3,000円

ACTUS(アクタス):4,000円

寄付
※自己配送
配送料のみ
不用品回収業者
※自宅内から運び出してくれる
5,000円〜20,000円

以上のような相場ですが、処分方法それぞれにメリット・デメリットが存在します。そのため、上記の費用相場を参考にしつつ、次の「ソファの処分方法9選」をご参考ください。

ソファの処分方法9選

ソファを処分する際は費用だけで判断してはいけません。なぜなら、ソファは運搬が難しいため安全に処分できる方法を選択する必要があるからです。ここからは、オススメの処分方法9選を紹介しますので、自分に合う処分方法を見つけてみてください。

自治体の粗大ゴミ

自治体の粗大ゴミは費用が安く安心して処分できる特徴があります。処分までの手順は次のとおり。

  1. 自治体に連絡し回収予約を入れる
  2. 金額を確認しスーパーなどの取扱店でゴミ処理券を購入
  3. ソファに貼り付け予約日時に指定場所まで運搬

このように少々手間のかかる処分方法ではあります。指定場所までは自分で運搬する必要があるため注意してください。

メリット 料金が安い

不法投棄の心配がない

デメリット 運搬が必要

早くに出すと持ち去られる可能性がある

買い替え

家具店などでソファを購入した際に処分してもらう方法です。新しくソファを購入しても、多くの販売店では有料で処分することになります。「新しいソファが欲しい」「新品と入れ替えで処分したい」という方には便利な処分方法です。しかし、買い替えの予定がない方には利用できない処分方法です。

メリット 新しいソファと入れ替えで処分できる

運搬しなくてよい

デメリット 欲しいソファの販売店が対応していないことがある

ソファを購入しないと利用できない

リユース

自治体によっては、資源の有効活用のためにリユースをおこなっている場合があります。たとえば、東京都の武蔵野市では「譲ってほしいもの」「譲りたいもの」をマッチングする掲示板「むさしのエコボ」をおこなっています。

 

無料〜3,000円で申し込むことができ、運搬方法は当事者同士が交渉して決めます。他にも、自治体がリユースショップの紹介などおこなっているため、お住いの自治体ホームページをチェックしてみると良いでしょう。

メリット 資源の有効活用になる

無料〜3,000円で売却・処分できる

デメリット 当事者同士の交渉なのでトラブルの可能性がある

マッチングしないことがある

不用品回収業

ソファの処分で1番悩むのは運搬方法です。その悩みを解決してくれるのが不用品回収業者。予約をするだけで自宅内から一切動かすことなく処分できるため、手軽・安心安全に処分できます。

 

さらに、回収専門業者のためサービスの質も高いのが特徴。見積もり・キャンセル無料や即日対応、トラックにのせ放題の定額プランなど、利用者にとって自由度の高い処分方法です。ただ、悪徳業者も存在するため、業者選びには十分注意しましょう。

メリット 見積もり・キャンセル無料などの安心サービス

自宅内から搬出してくれる

利用者にあったプランを提案してくれる

デメリット 単品の費用は若干高い

悪徳業者もいる

 

【関連記事】悪徳業者の詳しい特徴はコチラ

買取専門業者

買取専門サービスは出張買取りができるため楽にソファを処分できます。また、すぐに現金化できる処分方法です。しかし、買取りしてくれるソファのハードルが高く「人気ブランド」「生地やバネの状態が良い」などの条件が揃わないと買取りが難しいケースがあります。

 

また、「査定依頼したのに引取り料金を請求された」「他に不用品がないか部屋を物色された」などのトラブルもあるため、業者選びは慎重におこなう必要があります。

メリット 自宅で査定してくれる

売却できれば搬出してくれる

デメリット 高価なソファのみ対応

質の悪い業者もいる

リサイクルショップ

近隣のリサイクルショップに持ち込む処分方法です。店舗があるため安心感があり、買取りが成立すればその場で現金化できます。しかし、リサイクルショップも買取のハードルは高めなので、持ち込む前に店舗で商品情報を伝え確認をとっておきましょう。

 

また、引取りにきてくれる販売店もいますが、査定額は低くなる可能性が高いため注意してください。

メリット すぐに現金化できる

店舗があるので安心感がある

デメリット 買取りできないことがある

運搬が必要なこともある

オークション・フリマアプリ

需要さえあれば希望の金額で売却できる処分方法です。また、処分できれば良い方は1円スタートで出品すれば落札の可能性がアップします。

しかし、出品・梱包・発送・落札者対応など、多くの手間が必要です。さらに、送料が高く一万円以上になることも珍しくありません。手間・送料・トラブルのことを考慮するとコストパフォーマンスの悪い処分方法といえます。

メリット 高額落札の可能性がある

無料で処分できる

デメリット 手間がかかる

落札されないことがある

寄付

国内や海外の必要な人に寄付ができる処分方法です。ただ処分するのではなく、状態の良いソファならリユースできるため環境に優しいのが特徴。

 

しかし、古びて汚れたソファは受け付けていません。状態が良い革張りのソファなど、寄付を受け付ける団体によって条件が異なるためリサーチが必要な処分方法です。

メリット 資源の有効活用になる

必要な人の手に渡る

デメリット 配送料が必要

ソファの状態によっては寄付できない

【関連記事】粗大ごみ回収業者と自治体の比較はコチラ

ソファを処分する際の注意点

ソファを処分するために、業者に依頼したり自宅から搬出したりする場合があります。そんなときに注意するべき点が次の3つです。

  1. 処分する業者が自治体・県からの許可を得ているか確認する
    ✓一般家庭のゴミを回収するには「一般廃棄物収集運搬業」、法人からゴミを回収するには「産業廃棄物収集運搬業」の許可が必要。
  2. 買取業者は古物商の許可があるか確認する
    ✓回収した不用品の売却やリサイクル品を買取るときに必要
  3. 組み立て式のソファは分解して搬出する
    ✓簡易組み立て式のソファは分解すると安全に搬出できる

以上の3つを注意すれば、ソファを処分する際のリスクを抑えることができるので参考にしてください。

ソファの処分は搬出してくれる業者がオススメ

ソファは一人での運搬は危険です。持てたとしても壁などにぶつけてしまう恐れがあります。そのため、処分の際は極力プロの業者に依頼したほうが無難といえます。

下の表は、ソファのタイプ別平均サイズと日本の一般的な廊下の広さです。ソファの奥行きは全サイズ750mm〜920mmの間とします。

タイプ サイズ(幅)
一人掛け 600mm〜900mm
二人掛け 1100mm〜1600mm
三人掛け 2000mm〜2200mm
廊下の幅の広さ 750mm〜800mm

このように、多くの自宅では奥行きでも通路ギリギリのサイズになるため、ぶつける可能性が高いといえます。

 

「大変な思いをして運び出したのに壁紙を破いてしまった」なんてことにならないように、運び出す状況に余裕のない方は不用品回収業者や出張買取、買い替え処分などをオススメします。

ソファの処分は粗大ゴミ回収隊で安全に処分

https://sodaigomi-kaishutai.com/

粗大ゴミ回収隊は、どんなソファでも回収できるため「状態の悪い汚れたソファ」
「3人掛け以上の大きなソファ」でもご安心ください。研修を受けた清潔なスタッフが回収に伺います。さらに今なら、WEBからの申し込みで「WEB限定割引クーポン」が適用されます。1万円以上ご利用の方は「2,000円が割引」されるお得なクーポンです。
ここからは、そんな粗大ゴミ回収隊の魅了を紹介します。

経験豊富なプロのスタッフによる素早い搬出作業

粗大ゴミ回収隊は、多くの回収実績を持った信頼性の高い回収業者です。2020年8月に日本トレンドリサーチがおこなったインターネット調査で「顧客満足度NO.1」に選ばれています。

 

そのため、大きなソファでも素早く安全に回収ができます。ご自分での搬出が難しい場合は、ぜひ粗大ゴミ回収隊にご相談ください。

即日対応・無料見積もり・キャンセル無料

「今日中に処分したい」というときでも、粗大ゴミ回収隊は最短25分で到着可能な即日対応をおこなっています。さらに、見積もりやキャンセル無料なので安心して見積もり依頼できます。時間のない方、費用が心配な方はお気軽にご連絡ください。

のせ放題プランでソファ以外の不用品もまとめて処分

のせ放題プランとは、トラックに載るだけの不用品を処分できるお得なサービスです。自宅の不用品を一気に処分したいとき、単品に比べお得に処分できます。また、次の項目も料金に含まれます。

  • 車両代
  • 出張費
  • 梱包費
  • 搬出作業費
  • 階段料金(2階まで)
  • スタッフ追加(2名まで)

そして、選べるトラックは4種類。

車両サイズ
粗大ゴミ回収隊
他社相場
軽トラック(1K)
14,800円
(時期により9,800円の場合もあります※要問い合わせ)
28,500円
1.5t(1DK)
39,800円
50,000円
2t(2DK)
59,800円
64,000円
4t(3DK)
80,000円
90,000円
サイズ感が分からない方は、ぜひ無料見積りをご利用ください

ソファは買い替え・売却・処分から適切な方法を選ぼう

ソファを処分するときは、「買い換えるのか」「売却できそうか」「自分で運搬できるのか」を考えていくと、処分方法を迷わずに決めることができます。

 

そして、特に注意する点は「無理して運搬しないこと」です。もし運搬に不安がある方は不用品回収業者がオススメ。ぜひ適切なソファの処分に役立ててください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊