粗大ごみ回収業者を活用するメリットとは?行政サービスと比較した利点を紹介

2019年11月20日

引っ越しや遺品整理などをする際、重いタンスや大きなテーブル、金属でできた大型家電などは動かすのも大変で処分に手間がかかります。

 

粗大ごみ回収業者は、移動も大変な大きな家具や家電製品を自分で動かさずに作業員に任せられるという利点があります。粗大ごみ回収業者の中には、ゴミの片付けやハウスクリーニング・遺品整理・不用品の買取などをまとめて行っている会社も多く、様々な依頼ができることもメリットです。

 

ですが、粗大ゴミ回収業者と行政の粗大ゴミ回収サービスではどのような違いがあるのか具体的に理解できていない点も多くあります。ですので、ここでは、粗大ゴミを処分する際の行政サービスと回収業者との違い、業者を活用するのに向いているケースなどを詳しく解説していきます。

 

粗大ゴミを処分する方法には行政と民間の2種類があります

現在、粗大ゴミを処分する方法には、各地の行政が運営している粗大ゴミ受付センターに申し込みを行うか、民間の粗大ゴミ回収業者に依頼する必要があります。

 

行政が粗大ゴミとして扱う不用品

 

  • 指定ゴミ袋に入りきらないもの
  • 重量があり指定ゴミ袋が破けてしまうもの
  • タンス・机・テーブルなどの大きな家具
  • ふとん・ベット・マットレスなどの寝具
  • 家電製品(家電リサイクル法・PC等に該当しないもの)
  • 楽器・スポーツ用品・自転車など

 

が一般的ですが、各市区町村ごとに条件は異なっていますので一様ではありません。処分する場所ごとに市区町村の窓口で確認する必要があります。例えば、東京では多くの区で一辺の長さがおおむね30cmを超えるものを粗大ゴミとして扱います。ですが、横浜市では、一番長い辺が金属製品で30cm以上、それ以外で50cm以上など出す場所によって条件が違います。

 

一方、民間で運営している粗大ゴミ回収業者では、大抵のものを区別なく処分してくれるということが大きな違いです。行政サービスでは、様々なものを区別して申し込みをしなければいけません。ですが、粗大ゴミ回収業者を利用すれば、不用品をいちいち区別しなくても一括で処分できる利点があります。

 

粗大ゴミを行政サービスで処分するには「時間と労力が必要」

行政の粗大ゴミ回収は、ゴミを処分するまでに時間がかかり、労力も多く時間も必要です。

 

行政の粗大ゴミ回収手順として一般的な方法

 

  1. 粗大ゴミとして処分できる条件を各地の「粗大ゴミ受付センター」で確認する
  2. 処分する不用品ごとに該当する金額の「粗大ごみ処理券」を購入する
  3. 「粗大ゴミ受付センター」に電話かネット上の専用ページから申し込む
  4. 購入した処理券ひとつ一つに氏名・回収日・受付番号を記入する
  5. 行政側が指定した日の朝8時までに回収場所まで粗大ゴミを運搬する

 

という流れになり、処分を決めてから約1~2週間ほどかかります。また、不用品ごとに料金が異なるため、正しい金額を調べながら処理券を購入してひとつ一つ張り付ける手間も必要です。もちろん、金額が足りなかった場合は未回収になります。

 

粗大ゴミの回収日はいくつかの候補から選べますがすべて平日で、朝8時までに自宅や集合住宅の玄関まで自分で運搬する労力も必須です。

 

処分を申込む窓口がたくさんあって不便

行政の粗大ゴミ回収所では、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・PCなどはリサイクル法やPC3Rによって処分方法が定められており、申し込んでも回収はしてもらえません。その他、オートバイや自動車のタイヤ、ピアノ、金庫、消火器、ガスボンベ、コンクリートブロックなども同様です。それぞれの製造メーカーや購入先に問い合わせて、個別に処分の申し込み先を調べる必要があります

 

また、ものによってはメーカーでも処分方法が案内されず、別の窓口に問い合わせてほしいなどと言われることもありますので、処分する不用品の種類が増えるごとに手続きが複雑になっていきます。

 

逆に行政サービスのメリットは、粗大ゴミ一つ当たり数百円から数千円で処分できることです。そのため、自分で運べる範囲の比較的軽い粗大ゴミや処分に時間がかかっても問題ない少量のゴミであれば、行政サービスを活用するほうがおすすめの場合もあります。

 

粗大ごみ回収業者のメリットは「時間と労力が最小になる」こと

粗大ゴミ回収業者

 

  • ゴミを自宅まで作業員が取りにくる
  • 行政サービスで処分できないものもまとめて処分できる
  • 電話一本で申し込めて即日作業も可能
  • 平日以外でも日にちの調整・変更が容易
  • 深夜・早朝でも時間指定できる
  • 家具や家電などの買取もしてくれる
  • ハウスクリーニング・遺品整理など様々なサービスが付随している

 

というように、電話一本だけで申し込みから回収まですべての手続きが終わることが最大のメリットです。様々な種類のゴミがあろうと大量であろうと問題ありません。問い合わせ先は一つです。

 

当日に申し込んでも作業可能な業者もあり、休日や祝日の深夜や早朝でもあなたの好きな時間帯を指定できる業者もあります。粗大ゴミの処分・掃除・整理など、面倒な作業を代行してもらう活用法に粗大ゴミ回収業者は最適といえます。

 

引っ越しに粗大ゴミ回収業者を活用する

引っ越し時には準備することが多くスケジュールが過密になりやすいです。また、複数人の家族で引っ越しをする際には、労力と共に引っ越し費用も非常に高額になります。引っ越し業者では、荷物の量や移動する距離で料金が大きく異なります。例えば、大きな棚や冷蔵庫などは、移動距離によっては改めて購入するほうが安くなることもあるのです。また、重量がある本などは分けて運ぶ必要がありますので、場所をとり高額になりやすいです。

 

そのような引っ越し時には粗大ゴミ回収業者を使い、不要なものを処分したり、清掃を手伝ってもらったりする活用法が便利です。粗大ゴミ回収業者では、引っ越し時の片付けや粗大ゴミの回収に特別なキャンペーンを行っている事も多く、引っ越し費用を考慮すると大きく費用を節約できる可能性が増えます。

 

ゴミ部屋・ゴミ屋敷の清掃に活用する

引っ越しなど特別なときでなくとも粗大ゴミ回収業者を活用する方法はあります。例えば、業者には掃除や片付けなども依頼できますので、ゴミ屋敷の掃除に意欲がわかない時にゴミの処分と共に依頼するなどの方法もおすすめです。

 

粗大ゴミ回収業者への依頼は、掃除する体力がないので定期的にお願いしたいという高齢者の方もいれば、20~30代の女性の方も多く存在します。普段のストレス、ショックな事件などがあり、「なんだか掃除に意欲がわかない」という理由の申し込みも多々あるのです。業者に依頼するのは恥ずかしいと感じている方もいますが、一度利用するとリピートされる方が多いのがこの活用法です。業者を使えば、複数人で一気にゴミ部屋を清掃しますのですぐに問題が解決します。

 

上記のように粗大ゴミの処分・掃除・整理など、面倒な作業を代行してもらう活用法に粗大ゴミ回収業者は最適といえます。粗大ゴミを処分したいときは、最短で当日のうちに問題が解決可能です。

 

時間がない・掃除できない時は粗大ゴミ回収隊にご依頼ください

粗大ゴミ回収業者は、スケジュールを自由に調整できて作業も自分で行わなくて良いため、時間に余裕がないサラリーマンや体力に自信がない高齢者・女性の方に多く活用される特徴があります。

 

その中で私ども粗大ゴミ回収隊は、引っ越し時のゴミ回収や不用品の買取、ゴミ部屋の片付け代行、ゴミ屋敷の掃除、ハウスクリーニングなども請け負っております。ゴミの搬出はダンボールに入れてから行いますので、不用品の処分をしていることをご近所様に知られる心配もございません。

 

最安で9,800円~の載せ放題プランをご用意し、単純明快な料金体系で現地への出張費用、お見積り費用も無料です。もちろん、お見積もり後に追加料金は発生いたしません。お客様に無断で作業することは絶対にありませんので、安心してご依頼ください。

 

また、当日のご依頼も承っております。東京・神奈川・千葉・埼玉のご依頼なら、電話をいただければ最短30分で現地に到着いたします。片付ける・処分するのが面倒と感じたときは気軽に粗大ゴミ回収隊を活用ください。

 

粗大ゴミ回収隊では現在、引っ越しシーズン割引キャンペーンも開催しております。ご注文の際に「引っ越し割引希望」の旨をお伝えいただければ、10~15%OFFの割引価格をご提示いたします。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る