汚いゴミ部屋を片付けられない6つの原因

2019年10月30日

不用品の分別

部屋が汚くなってしまう原因は何でしょうか?掃除が嫌いな性格だったり、モノが捨てられない性分だったりと、理由はさまざまです。今回は、部屋にゴミがたまってしまう人の特徴や原因、かしこいゴミの処分方法などをご紹介していきます。

 

1.「仕事が忙しい」などによる精神的なストレス

人手不足の時代になり、一人当たりの労働負担が多くなっています。毎日残業で、真夜中に帰宅する人も多いのでは。待ちに待った休日は疲れ果てて寝るだけ…という人も少なくないでしょう。そんな毎日を送っていると、部屋の片づけは二の次になってしまいますよね。ストレスが溜まりやすい現代社会では、体を休めることが急務です。しかし、そうするとなかなか掃除するまで体力が続かないものです。おのずと部屋のゴミは増えていく一方でしょう。

 

2.つい先延ばしをしてしまう性格

ごみ屋敷 片付ける コツ

先延ばしと聞くと、怠け者がするイメージですが、意外と完璧主義の人がやりがちなのです。部屋を完璧にキレイにしようと思うがゆえに、事前に色々考えすぎてしまったり、一日で一気に片付けようとして無理をしてしまったりするためです。一度汚くなってしまった部屋を短時間で完璧にキレイにするのは至難の業。一人で片付けするとなると尚更なので、毎日一カ所ずつ掃除していくなどの工夫が必要です。

 

3.なかなか物が捨てられない

昔の写真や手紙、思い出の品など、愛着があって捨てられないものってありますよね。お土産にもらったキーホルダーや、好きだったアイドルのポスター、気に入っているけれどサイズが合わない洋服など…。捨てにくいものがたくさんあるはずです。

このようなものがなかなか捨てられない人はすごく多いのです。断捨離やミニマリストなど、ものを持たないライフスタイルが注目されていますが、「自分には無理!」と思う人が大多数ではないでしょうか。

 

4.ゴミの捨て方が分からない、面倒くさい

粗大ごみなどの大きなゴミは、行政や業者に処分を依頼しなくてはいけないものがあります。家電はリサイクル法などで処分の仕方が決まっていたりしますが、処分方法が分からなくて結局部屋に置きっぱなしなんて人もいるのではないでしょうか。

例えば、行政に粗大ごみ回収の依頼をすると、その日に回収ができない場合がほとんどです。時期にもよりますが、数日~1カ月ほど待たなくてはいけないこともあります。しかもコンビニなどで粗大ごみ回収のシールを購入しなければならず、さらに指定の場所まで自分でゴミを持っていかなければなりません。女性や高齢者だけの場合、大きな粗大ごみを持っていくのはとても困難です。これらの作業が面倒になり、ゴミを捨てられないという場合があります。

 

5.育児中で片付けができない

出産とともに始まる育児は想像以上に大変で、家の中の掃除をする時間も気力もなくなりがちです。近年は共働きの夫婦が増えているので、両親ともに疲れていては簡単な片付けも億劫になってしまいます。仕事から帰ってきて子供のお風呂や食事、寝かしつけなどをこなすだけで体力がなくなり、そのまま寝てしまうなんてことも。そうすると、とてもじゃないけれど部屋をキレイにするなんてできませんよね。

 

6.高齢のため体力がない

日本では勢いよく高齢化社会が広がっています。一人では大きな粗大ごみを処分することができなかったり、体の不調で片付けもままならなかったりする人が増えているのです。高齢でも、助けてくれる家族や友人がいればよいのですが、頼る人がいない人にとって、部屋の大規模な清掃やゴミ出しは困難であるといえるでしょう。

 

部屋をすぐキレイにしたいなら片付け代行業者がおすすめ

さまざまな理由で部屋の片づけが難しいときは、「片付けを代行する業者」に依頼をするのがおすすめです。専門業者とはいえ、他人に片付けをしてもらうのは抵抗があるかもしれません。しかし、片付けの時間や体力、ゴミの処分方法を調べる手間などを考えると、ますます片付けを先延ばしにしてしまいがちです。そのため、これらの手間を一手に引き受けてくれる業者に片付けを依頼する人は年々増えてきています。

 

「粗大ごみ回収隊」なら片付けを即日対応!

おすすめの片付け代行業者は、粗大ごみや不用品の回収を行っている「粗大ごみ回収隊」です。東京・神奈川・埼玉・千葉エリアに対応しています。「粗大ごみ回収隊」に部屋の片付けを依頼するメリットは、

  • 問い合わせをした日に、即日対応してくれる
  • どんなに汚いゴミ屋敷でも約3時間ほどで片付け可能
  • ご近所に気づかれないように配慮をしてくれる
  • 安心の定額プランで費用が抑えられる

などが挙げられます。見積もり後のキャンセルも可能なので、とりあえず見積もりだけしてみるのもOKです。スタッフは清潔な身なりで作業してくれるので、女性の一人暮らしでも安心してご依頼いただけますよ。さらに、いらなくなった電化製品や不用品の買取りもしてくれて、片付け費用と相殺することが可能です。これを機に、一気に部屋の片づけをしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る