冷蔵庫の処分費用の平均相場は?お得な冷蔵庫の処分方法まで徹底解説

2021年06月23日

冷蔵庫の処分費用の平均相場は?お得な冷蔵庫の処分方法まで徹底解説

冷蔵庫は想像以上に処分が大変で大きな負担となります。しかし、工夫次第では、冷蔵庫の処分費は安く抑えられます。冷蔵庫の処分費の平均相場はいくらなのでしょうか?どのように処分しれば良いのでしょうか?この記事では、冷蔵庫の処分方法について分かりやすく解説します。

冷蔵庫の処分費用の平均相場

冷蔵庫の処分費用の平均相場は、5,000円~10,000円程度です。冷蔵庫のサイズによって、処分費用は変動します。冷蔵庫の処分費用には「リサイクル料金」と「収集運搬料」がかかることを覚えておきましょう。

冷蔵庫のサイズ リサイクル料金 収集運搬料 合計金額
170L以下の冷蔵庫 3,600円 3,200円 6,800円
171L以上の冷蔵庫 4,600円 3,200円 7,800円

冷蔵庫の処分費は想像以上に高いです。そのため、冷蔵庫の処分方法について理解を深めて、少しでもお得に処分をしましょう。

冷蔵庫を処分する6つの方法

冷蔵庫を処分する方法として、次のような方法があります。お客様にとってご都合が良い処分方法をお試しください。

1.粗大ゴミ受入施設へ持ち込む

冷蔵庫販売店や代理店など引き取り先がない場合は、市が運営する粗大ゴミ受入施設に持ち運べば処分できます。粗大ゴミ受入施設で処分する場合は、郵便局でリサイクル料金を振り込み、家電リサイクル券を入手。粗大ゴミ受入施設へ家電リサイクル券と冷蔵庫を持ち込みます。

しかし、冷蔵庫を搬送する作業は重労働になるため、おすすめできる方法ではありません。

2.冷蔵庫購入店に引き取ってもらう

新しい冷蔵庫を購入する場合は、購入店で古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。無料サービスで引き取ってくれるケースもあるため、購入時に古い冷蔵庫を引き取ってもらえないかを相談してみましょう。

3.不用品回収業者に依頼する

冷蔵庫購入店が分からない場合は、不用品回収業者に依頼してください。不用品回収業者であれば、どのような冷蔵庫でも回収・処分してもらえます。冷蔵庫の処分費はかかってしまいますが、即日回収してもらえて、搬出作業もお任せできるため手間がかかりません。

4.不用品買取業者に依頼する

冷蔵庫の処分にお金を掛けたくない場合は、不用品買取サービスを利用しましょう。全ての冷蔵庫が買取対象となるわけではありません。

製造年数が新しく、キレイな状態の冷蔵庫は買取対象になりやすいです。そのため、状態が良い冷蔵庫を処分する場合は、不用品買取業者に相談してみましょう。

5.フリマアプリに出品する

フリマアプリに不要な冷蔵庫を出品すれば、買い手が見つかるかもしれません。また、販売価格を自由に決められるため、想像以上に高値が付くこともあります。しかし、冷蔵庫の宅配の手続きなどは、自分で行わなければいけません。

また、買い手が見つかる保証もありません。そのため、期日までに買い手が見つからないというケースも多いです。

6.家族や友人に冷蔵庫を譲る

家族や友人の中に、冷蔵庫を欲しがっている人がいれば、冷蔵庫を譲ってあげることで喜んでもらえるでしょう。冷蔵庫を欲しがっていそうな人に声をかけてみてください。しかし、相手が冷蔵庫を必要としていない場合は、強引に譲ってはいけません。相手が欲しがっている場合のみ、冷蔵庫を譲るようにしましょう。

冷蔵庫を処分する際の注意点

冷蔵庫を処分する際には、気をつけなければいけないことがあります。ここでは、冷蔵庫を処分する際の注意点をご紹介します。

家電リサイクル法について理解を深める

家庭やオフィスから出た電化製品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)は、廃棄物を原料するために、資源の有効利用が推進されています。これを家電リサイクル法といいますが、法律で定められているため守らなければいけません。
対象となる電化製品を不適正に処理してしまうと、罰金対象となります。そのため、冷蔵庫を処分する前に、家電リサイクル法について理解を深めておきましょう。

【関連記事】家電リサイクル法の対象製品一覧はコチラ

悪質業者によるトラブルに注意する

粗大ゴミ回収サービスを利用する場合は、トラブルに注意をしましょう。悪質業者であるかを見抜く方法として、以下のようなものが挙げられます。

(1) 産業廃棄物収集運搬業の許可を取得している
産業廃棄物収集運搬業の許可は、市区町村が不用品処分の知識や技術を持った専門業者に付与しているものです。許可証を持っている粗大ゴミ回収業者であれば、市区町村から認定されている優良業者であるためトラブルは起きないでしょう。

(2) 実績を豊富に持っている
粗大ゴミ回収の実績を豊富に持つ専門業者に依頼をしましょう。家電リサイクル法の対象品(冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)の回収実績を持つ業者であれば、安心できるでしょう。粗大ゴミ回収の実績は公式ホームページ上で確認できます。

(3) 所在地を確認する
粗大ゴミ回収業者に不用品買取を依頼する前に、会社概要欄に住所と電話番号が記載されているかを確認してください。トラブルが起きたときに、お問い合わせができなければ、泣き寝入りするしかありません。そのため、会社概要案の所在地を確認しておきましょう。

買取査定の項目をチェックする

冷蔵庫を買い取ってもらえれば、処分費はかかりませんが、全ての冷蔵庫が買取対象ではありません。そのため、冷蔵庫の買取査定の項目を押さえておきましょう。

  • 製造から5年以内の冷蔵庫
  • 有名メーカーの冷蔵庫
  • 外観・内部ともにキレイな冷蔵庫
  • 付属品が揃っている冷蔵庫

(※冷蔵庫の容量が大きいほど高価買取されやすい)

冷蔵庫の処分費でお悩みは「粗大ゴミ回収隊」へ

冷蔵庫の処分でお悩みの方は、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。ここでは、粗大ゴミ回収隊の魅力についてご紹介します。

業界最安値の料金体系

粗大ゴミ回収隊は、業務効率化と宣伝広告費の削減によって、業界最安値の料金体系を実現している粗大ゴミ回収業者です。粗大ゴミ回収料金には絶対的な自信を持っており、他社より1円でも高ければ、お値引きの相談に乗らせて頂きます。
見積依頼は完全無料で、見積金額に納得できなければ、キャンセルして頂いて構いません。キャンセル料もかからないため、まずは、お気軽にお問い合わせください。

不用品買取サービスを提供

粗大ゴミ回収業者は、不用品回収サービスだけではなく、不用品買取サービスを提供しています。製造年数5年以内のキレイな状態の冷蔵庫であれば、買取させていただきます。

万が一、買取対象外である場合も、お客様がご納得して頂ければ、不用品回収します。そのため、お持ちの冷蔵庫が不用品買取の対象になるかご相談ください。

即日回収にも対応

引越し前日など、緊急で冷蔵庫を処分しなければいけない場合は、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。粗大ゴミ回収隊は、冷蔵庫の即日回収に対応しています。また、営業時間も長いです。朝8時から夜24時まで受付が繋がりますので、お客様の都合の良い時間帯にご連絡して頂けます。

まとめ

今回は、冷蔵庫の処分費について解説しました。冷蔵庫は家電リサイクル法に該当する品物のため、ルールを守って処分しなければいけません。
冷蔵庫の容量に応じて処分費が変動しますが、5,000円~10,000円が平均相場です。想像以上に処分費が高く感じる方もいるでしょう。しかし、冷蔵庫を処分する際に、コストを抑えるためのコツが存在します。
粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の粗大ゴミ回収業者でありながら、不用品買取サービスを提供しています。冷蔵庫を処分したいけれど、買い取ってもらえるかな?という疑問を持っている方は、ぜひ、粗大ゴミ回収隊までご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊