おもちゃの処分費用の平均相場とは?おもちゃの処分方法別に徹底解説

2021年12月23日

おもちゃの処分費用の平均相場とは?おもちゃの処分方法別に徹底解説

可愛い子供のためにおもちゃを購入したけれど、部屋が散らかってしまう…とお悩みの方は必見です。今回は、おもちゃの処分方法と平均費用相場から処分タイミングまで詳しく解説します。この記事を読めば、子供のおもちゃの捨て時が分かります。また、どのように処分すれば良いかが分かるため、部屋に溢れるおもちゃにお悩みの方は、ぜひ記事を参考にしてください。

おもちゃの処分費用の平均相場

おもちゃの大きさにより変動しますが、粗大ゴミとして処分する場合の費用相場は300円~500円程度です。おもちゃの寄付や不用品買取を活用すれば、無料で処分することができます。また、少量の不用品をまとめて処分できる不用品回収業者の定額パックを使用すれば、お得におもちゃを処分することができます。

おもちゃの処分方法

おもちゃの処分の仕方には、さまざまな方法があります。どのような方法が最適かを把握しておくことが大切です。ここでは、おもちゃの処分方法について解説します。

自治体サービス

自治体の指定日に指定場所におもちゃを出せば回収に来てくれます。回収日は自治体が指定する日しか対応してもらえません。また、おもちゃの素材別に分類しなければいけません。このような手間がありますが、格安でおもちゃを処分することができます。

不用品回収業者

不用品回収業者は、お問い合わせをすれば即日回収してくれます。当日に不用品を処分したいという要望に応えてもらえるため、スッキリした気持ちになれます。また、分別作業を業者にお任せすることができ労力がかかりません。連絡をするだけで、部屋をスッキリ片付けたい方におすすめの処分方法です。

補足:不用品買取サービスがあるかをチェック!

不用品回収業者におもちゃの処分を依頼したい場合は、不用品買取サービスを提供しているかを確認してください。現場に駆けつけてくれた業者が、処分しないおもちゃの買取査定をしてくれます。買取対象となれば、おもちゃの処分費はかかりません。

NPO支援団体(寄付)

NPO法人は、おもちゃの寄付を募っており恵まれない子供たちにおもちゃを渡しています。ランドセルや文房具、幼児遊具、乳児用具はとても喜ばれます。特定非営利活動法人の国際子供友好協会やNPO法人もったいないジャパンなど、NPO支援団体を検索して寄付をしてみてください。

保育園施設

保育園や幼稚園でも、おもちゃの寄付を募っています。NPO法人支援団体の寄付とは異なり、地域に貢献できることが大きな魅力です。また、お住まいの近くの保育園や幼稚園に出向けば、配送料がかかりません。お世話になった保育園に寄付すれば、高い満足度が得られるでしょう。

フリマアプリ

フリマアプリにおもちゃを出品すれば、想像しない値段が付くことがあります。幼児遊具や乳児用具は使用期間が限られているため、中古で購入したいと思っている方もいます。人気のフリマアプリに出品すれば、購入希望者が見つかるかもしれません。しかし、必ず購入希望者が見つかるとは限らず、販売期間を要することがあります。

リサイクルショップ

即日に現金化したい方は、リサイクルショップへおもちゃを持参してみてください。リサイクルショップへ持参すれば、その場で査定してくれます。リサイクルショップにより、買取対象品は大きく異なります。そのため、フィギュアやミニカーの高価買取を実施しているリサイクルショップへおもちゃを売ってみてください。

おもちゃを高く売るポイントは、付属品を揃えておくことです。購入時に近い状態に戻しておきましょう。また、事前にお手入れをして、ホコリを取り除いていくと査定員の印象を良くできます。

友人に譲る

小さなお子さまがいる友人に、おもちゃを処分する旨を伝えて譲る方法もあります。衣類や寝具などとは異なり、おもちゃは喜ばれやすいです。家族や親戚、友人など身近な人に喜んでもらえたら一石二鳥です。しかし、相手が欲しがっていないのに譲るのは控えてください。強引におもちゃを譲ると人間関係にヒビが入るため気をつけてください。

おもちゃを処分するタイミング

子供のおもちゃは増えていき困りますが、どのタイミングで処分すればよいのでしょうか?ここでは、おもちゃを処分するタイミングをご紹介します。

おもちゃが壊れたとき

子供が愛着を持って遊んでいるおもちゃでも、壊れたら処分しましょう。子供に「おもちゃが壊れたら捨てるタイミング」と教えておくとトラブルになりません。また、子供も「おもちゃが壊れたら捨てられるから、大切に使用しよう」という意識が芽生えて知育の効果も得られます。

新しいおもちゃを購入したとき

子供の誕生日やクリスマスなどに新しいおもちゃを購入したときも、おもちゃの処分のタイミングです。新しいおもちゃに興味・関心が集中するため、古いおもちゃを処分しても問題ないでしょう。しかし、おもちゃを処分する場合は子供に確認を取りましょう。

おもちゃ箱に入らなくなったとき

おもちゃが増えるたびに、収納スペースを使用していくと大変です。部屋がおもちゃで溢れ返ってしまいます。部屋が散らかる原因となるため、おもちゃ箱に入るだけを保管すると決めておきましょう。このようなルールを設けておけば、おもちゃ箱に入らなくなったときが処分のタイミングだと認識できます。

子供にも「おもちゃ箱に入らなくなったら、古いものは処分するよ!」と説明しておくと、スムーズに捨てられます。

学年が上がるとき

子供の学年が上がるとき、子供自身の気持ちに変化が芽生えやすいです。学年が上がるにつれて子供もシッカリしないといけない、という自覚が芽生えていき、今まで興味を示したものに興味を示さなくなります。学年が上がり子供の成長を感じられたら、おもちゃを処分しても問題ないでしょう。

おもちゃに興味を示さなくなったとき

子供がおもちゃに興味を示さなくなったら、処分しましょう。おもちゃの興味・関心は年齢が上がるにつれて変わります。子供がおもちゃに興味・関心が湧かなくなったタイミングが捨て時です。3ヵ月以上、おもちゃを使用しない状態が続いた場合は処分して問題ありません。下の子供がおもちゃを使用する予感がする場合は、大切に保管しておくと良いでしょう。

補足:おもちゃのサブスクを利用する方が急増

子供の成長のために、上質なおもちゃや知育玩具を購入したいけれど処分するのがもったいない…という方はサブスクを利用してみてください。サブスクを利用すれば、年齢に合わせたおもちゃを自由にレンタルすることができます。子供がおもちゃに飽きたら返品するだけです。おもちゃがゴミになることもなく、環境に優しい賢いおもちゃの買い方として注目を浴びています。

まとめ

おもちゃの処分には、さまざまな方法があります。コストを抑えて環境のことを考えるとリサイクルした方が良いでしょう。しかし、おもちゃの状態によりリサイクルに回せるかどうかが変わってきます。そのため、捨てたいおもちゃの種類や状態に応じた最適な処分方法を選んでみてください。

粗大ゴミ回収隊は、不用品買取サービスを提供している不用品回収業者です。電話やメールでお問い合わせをして頂ければ、即日回収にも対応できます。その場で買取査定し結果をお伝えすることも可能です。そのため、おもちゃの処分にお困りの方は「粗大ゴミ回収隊」までお気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊