廃材の処分費用を安く抑える3つのコツ&産業物処理業者の選び方

2022年02月02日

両親から自宅を引き継ぎ、遺品整理後に家屋の解体工事を依頼しようとしたら、廃材の処分費用の高さに驚くことがあります。

廃材の処分費用が高くなる理由は、部屋の中にある残置物が廃材と混ざってしまうからです。

これらの問題を解決するためにも、廃材の処分方法について理解を深めておきましょう。

今回は廃材の処分費用を安く抑えるコツをご紹介します。

ぜひ、家屋の解体工事を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

そもそも廃材とは

廃材とは

廃材とは、解体工事やリフォームで発生した廃棄物のことをいいます。

廃材は大きく「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類できます。

家屋の解体は業者が作業するため、産業廃棄物に該当します。

(1) 一般廃棄物
市区町村の処理方法を原則として処分しなければいけない事業活動以外で出た廃棄物

(2) 産業廃棄物
事業活動に伴って生じた廃棄物。20種類に分類できる。

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリート、陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体、その他

廃材の処分費用の平均費用相場

廃材の見積書

廃材は種類と分量に応じて処分費用が変動するため、下記は参考程度に考えてください。

■廃材の処分費用

項目 処分費用
1 燃え殻 60~100円/㎏
2 鉱さい 30~80/kg
3 ばいじん 60~100円/kg
4 汚泥 25~50円/kg
5 廃油 5~100/kg
6 廃酸 30~100/kg
7 廃アルカリ 30~100/kg
8 廃プラスチック類 30~80/kg
9 紙くず 20~60/kg
10 木くず 10~60/kg
11 繊維くず 20~60/kg
12 ゴムくず 40~80/kg
13 金属くず 0~40円/kg
14 ガラスくず 30~80円/kg
15 がれき類 30~80円/kg
16 動植物性残さ 20~70円/kg
17 動物系固形不要物 40~80円/kg
18 動物のふん尿 30~80円/kg
19 動物の死体 70~100円/kg
20 廃石綿等 100~200円/kg

■解体費用の平均相場

項目 金額
木造住宅 90~150万円
鉄骨造 150~210万円
RC造 180~240万円

廃材の処分費用を安く抑えるコツ

廃材の処分費用を安く抑えるコツ

廃材の処分費用についてご紹介しましたが、高いと感じた方もいるのではないでしょうか?

廃材の処分費用は安いに越したことはありません。

次に廃材の処分費用を安く抑えるコツをご紹介します。

1.複数の業者に相見積もりを依頼する

廃材の処分費用を安く抑えたい方は、複数の業者に相見積もりをしてください

廃材の分別をしてリサイクルに回すことで処分費用を抑えている業者や、割高な料金体系を設定している業者までさまざまです。

そのため、1社だけでなく複数社の見積金額を比較してください。

契約前に他社の見積金額を見せて値引き交渉する方法もあります。

2.残置物を事前に処分しておく

残置物が残っている状態で解体すると残置物が廃材と混ざってしまい、解体工事費用が跳ね上がってしまいます。

そのため、解体工事日までに自宅にある残置物を処分しましょう

家電や家具などは粗大ゴミで処分するか、不用品回収業者に処分を依頼してください。

残置物を事前に処分した方がトータル的に安くなります。

3.雑草の除去しておく

自宅の庭の雑草や植栽を取り除いておくと廃材の分量が減らせて、処分費用が安く抑えられます。

雑草は除去剤を撒いておくと簡単に抜くことができます。

そのため、解体費用を安く抑えたい方は事前に庭の掃除をしておきましょう

廃材を処分する場合の依頼先の探し方

廃材の処分の依頼先の探し方

廃材の処分を依頼する場合は、依頼先を慎重に選びましょう。

依頼先の選び方を間違えてしまうと高額な請求をされてしまいます。

また、料金トラブルや作業トラブルが起きてしまうかもしれません。そのため、依頼先の探し方を覚えておきましょう。

明瞭会計の業者を選ぶ

廃材処分の専門業者から見積書を提示されたら、見積金額だけではなく内訳まで確認してください。

内訳が記載されていない見積書を提示してくれる業者とは契約してはいけません。

内訳を把握しないまま依頼してしまうと追加料金が発生してしまうからです。そのため、明瞭会計の業者を選びましょう

信頼できる担当者かを見極める

初めて解体工事を依頼する場合は、トラブルが発生しないか不安になるものです。

そのため、担当者が信頼に当たる人を見極めてください。

気になることが出てきたら質問できる相手であるか?

こちらの立場で親身に相談に乗ってくれるか?で信頼できるかを見極めてください。

安心して取引できる担当者を選びましょう。

産業廃棄物運搬業許可を持つ業者を選ぶ

廃材を処分するには、産業廃棄物運搬業許可が必要になります。そのため、営業許可証を持っている業者かは必ず確認してください。

公式ホームページに産業廃棄物運搬業許可の番号が掲示されている業者を選ぶようにしましょう。

公式ホームページに番号が記載されていない場合は名刺をもらってください。

残置物や廃材処分に悩んだら「粗大ゴミ回収隊」

残置物や廃材の処分に悩んだら粗大ゴミ回収隊

廃材処分を安く抑えるコツについて理解して頂けたと思いますが、残置物や廃材処分に悩んだら「粗大ゴミ回収隊」までご相談ください。

ここでは、粗大ゴミ回収隊の特徴をご紹介します。

業界最安値の料金体系を実現

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の料金体系を実現する不用品回収業者です。

業務効率化に徹底してムダを最小限に省き、料金に還元しています。

また、リピーター顧客が多く効率的な営業ができているため、業界最安値の料金体系が実現できています。

料金体系には絶対的な自信を持っているため、他社より見積金額が高ければ値引き交渉にも応じることが可能です。

見積依頼は完全無料のため、まずは料金の安さをお確かめください。

定額パックサービスを提供

粗大ゴミ回収隊は定額パックサービスを提供しています

定額パックサービスとは、指定のトラックに積める分であれば一律料金で処分できるものです。

残置物の処分や廃材処分にご利用できます。

■定額パックサービス

軽トラックのせ放題 14,800円
1.5tトラックのせ放題 39,800円
2tトラックのせ放題 59,800円
4tトラックのせ放題 80,000円

豊富なサービスを提供

粗大ゴミ回収隊は不用品回収だけでなく、部屋の片付け遺品整理などのサービスを提供しています。

そのため、解体予定の家屋にある残置物を片付けたいという場合、全ての作業をお任せいただけます。

依頼者は電話やメールでお電話をするだけです。また、不用品の中に買取対象となる品物があれば、買取させていただきます。

産業廃棄物運搬業許可証を掲示

粗大ゴミ回収隊は産業廃棄物運搬業許可証を掲示して営業している不用品回収業者です。

産業廃棄物運搬業許可番号は下記の通りです。

東京・神奈川・千葉・埼玉の各自治体から得許可を得ています。そのため、安心して廃材処分を依頼して頂けます。

  • 許可番号 第13-00-219018号
  • 許可番号 01402219018号
  • 許可番号 第01200219018号
  • 許可番号 01100219018号

即日回収・スピード対応

粗大ゴミ回収隊は即日回収・スピード対応を得意としている不用品回収業者です。

各エリアに専属スタッフが配属されており、お問い合わせをすればエリア担当者が現場までお伺いします。

最短25分とスピード対応ができることも大きな特徴となっています。

そのため、緊急で処分したいものがある方は「粗大ゴミ回収隊」までご相談ください。

まとめ

解体工事の廃材処分費用を安く抑えるためには、家屋の中にある残置物や雑草や植栽を処分しておく必要があります。

そのため、不用品回収業者に依頼をして残置物などは処分しておきましょう。

粗大ゴミ回収隊は業界最安値を実現する不用品回収業者です。

残置物も廃材もまとめて処分できるため、トータルコストが安く抑えられます。

ぜひ、少しでも廃材費用を安く抑えたい方は「粗大ゴミ回収隊」までご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊