知って得する!カーペットと絨毯の処分費用と処分方法を解説

2021年12月07日

知って得する!カーペットと絨毯の処分費用と処分方法を解説

カーペットや絨毯を処分するとき「この処分費は妥当な金額なのかな?」と疑問に思うことが出てくるかと思います。このような疑問は処分費の平均相場を把握しておくことで解決することができるでしょう。

この記事では、カーペットと絨毯の処分費用について解説します。お得な処分方法が良いかについても同時に解説しているため、ぜひ、参考にしてみてください。

カーペットと絨毯の処分費用

カーペット(絨毯)の処分費用は下記の通りです。各方法について後ほど詳しく解説しましたが、不用品買取サービスを提供している専門不用品回収業者を利用する方法がお得で便利です。

一般ゴミとして処分する 無料
粗大ゴミとして処分する 400円~1,200円
専門不用品回収業者に処分を依頼する 2,000円~3,600円
買取業者に査定を依頼する 無料
オークションに出品する 無料
身近な知人に譲る 無料
購入店に引き取ってもらう 店舗による

カーペットと絨毯の処分方法

カーペット(絨毯)の処分方法は7通りあります。どのような処分方法が適しているかを把握しておきましょう。

1.一般ゴミとして処分する

1辺を30cm以下に裁断すれば、大きなカーペット(絨毯)を一般ゴミとして出すことができます。大きめのハサミを用意して、カーペットを細かく裁断してゴミ袋にまとめてください。カーペットの素材により「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」が変わります。

可燃ゴミ イ草・綿・絹・麻・竹・ウール

※天然繊維や素材で作られたカーペット

不燃ゴミ レーヨン・アクリル・ポリエステル・ポリプロピレン・ナイロン

※合成繊維で作られたカーペット

※裏地に滑り止めが付いたカーペット

また下記に該当する場合は、裁断して一般ゴミで処分することは危険なため諦めましょう。

  •  電気カーペットを処分したい場合
  •  厚めの生地で裁断が難しい場合

電気カーペットを裁断すると感電する恐れがあるため注意してください。

2.粗大ゴミとして処分する

自治体の粗大ゴミ回収サービスは、次のような流れで利用します。

  1. 自治体の粗大ゴミ回収受付センターに連絡して予約をする
  2. 処分料金分の粗大ゴミシールを購入してカーペットに貼り付けておく
  3. 指定日時にカーペットを指定場所に運ぶ
  4. 自治体が回収してくれる

粗大ゴミ回収受付センターから、カーペット(絨毯)の1辺の長さや素材について詳しく聞かれるため連絡前に調べておきましょう。

また、自治体サービスは受付から回収まで2週間程度かかります。引越しなどを理由にカーペット(絨毯)を急いで処分したい方は対応してもらえないため注意してください。

3.専門業者に処分を依頼する

粗大ゴミ回収業者にお問い合わせをすれば、最短即日に処分ができます。専門スタッフが引き取りに来てくれるため、指定場所までカーペット(絨毯)を運ぶ必要がありません。また、どのような素材でも引き取ってくれることが魅力となっています。

4.買取業者に査定を依頼する

キレイな状態のカーペット(絨毯)であれば、リサイクルショップに売れます。リサイクルショップに売りたい場合は掃除をしておきましょう。

[カーペットの掃除方法]

  • 掃除機をかける
  • 重曹水で拭き掃除をする(※ウール素材には不向き)
  • カーペットローラーを使用する

5.オークションに出品する

必ず売れる保証はありませんが、カーペット(絨毯)をオークションに出品することで売れることがあります。オークションの魅力は、想像以上の買値が付くことがあることです。オークション出品する場合は、カーペットを掃除しておきましょう。

6.身近な知人に譲る

知人や家族など身近な人でカーペット(絨毯)を欲しがっている人がいたら譲るのも1つの選択肢です。

カーペット処分費が無料になるだけでなく、身近な人に喜んでもらえるという効果が得られます。しかし、欲しがっていない人に強引に譲ることは控えましょう。人間関係にヒビが入ります。

7.購入店に引き取ってもらう

カーペット(絨毯)を買い替える予定の方は購入店に引き取ってもらう方法もあります。IKEAでは商品買い替えの場合は無料で引き取ってくれます。ニトリでは3,000円で引き取ってくれますが、粗大ゴミ回収業者に処分を依頼した方が安く済むでしょう。

その他でも、カーペット引き取りサービスが提供されているため、買い替えを検討の場合は購入店に聞いてみてください。

カーペットと絨毯の処分は「粗大ゴミ回収隊」へ

カーペット(絨毯)の処分方法をご紹介しましたが、便利でお得な方法が「不用品買取サービスを提供している不用品回収業者に依頼する」です。

この方法を選択したい方は、ぜひ、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。ここでは、粗大ゴミ回収隊に依頼するメリットをご紹介します。

即日回収に対応

粗大ゴミ回収隊にご連絡を頂き、ご要望をお伝え頂ければ即日回収に対応できます。引越し前に処分したいなど緊急な用事でカーペット(絨毯)を処分したい方は、粗大ゴミ回収隊までご相談ください。
また、日中は仕事をしていて不在という方も事前予約をして頂ければ、早朝や深夜に回収に伺わせて頂きます。

買取サービスを提供

粗大ゴミ回収隊は、不用品買取サービスを提供しています。キレイな状態で再利用できるカーペット(絨毯)は買い取りさせていただきます。買取対象の場合は処分費がかかりません。

査定の結果、買取対象にならなかった場合は、粗大ゴミ回収で取り扱わせて頂きます。そのため、「買取対象になるだろうか…?」と疑問を抱いている方はお気軽にご相談ください。

業界最安値の料金体系

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の料金体系を実現している粗大ゴミ回収業者です。宣伝広告費を削減したり業務効率化をしたりして、浮いた費用をサービス料金に還元しています。

お客様に満足して頂ける料金の実現には、絶対的な自信を持っており、他社の見積金額より1円でも高ければ値引き交渉に応じます。そのため、少しでも安くカーペット(絨毯)を処分したい方は粗大ゴミ回収隊をご利用してみてください。

あらゆる品物に対応

カーペット(絨毯)を処分する場合は、素材により「不燃ゴミ」「可燃ゴミ」か変わります。ホットカーペットコンセント部分と布部分を分別して出さなければいけないため、煩わしさを感じてしまうでしょう。

しかし、粗大ゴミ回収隊を利用して頂ければ、そのままの状態で引き取らせて頂きます。弊社側で分類をさせて頂きますのでご安心ください。

まとめ

今回は、カーペット(絨毯)の処分費について解説しました。カーペット(絨毯)の状態では、買取対象となることがあります。そのため、「不用品買取サービスを提供している粗大ゴミ回収業者を利用する」という方法がおすすめです。

粗大ゴミ回収隊への見積依頼は完全無料となっています。見積金額に納得できなければ、キャンセルして頂いて構いません。そのため、「カーペット(絨毯)は買取対象になるだろうか?」「カーペット(絨毯)の処分費用はいくらだろうか?」と疑問を抱いている方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊