粗大ゴミ回収業者のトラック積み放題プランの適切な利用方法を解説

2019年11月25日

粗大ゴミ回収業者のサービスの中にある「トラック積み放題プラン」をご存知ですか?

このサービスを活用すれば、よりお得に不用品を処分することができます。しかし、状況に応じて使用しなければ、結果的に無駄な費用を支払うことになるので注意が必要です。では、どのような場合に利用すれば良いのでしょうか?

この記事では、粗大ゴミ回収業者の「トラック積み放題プラン」について詳しく解説します。

不用品回収「トラック積み放題プラン」とは

トラック積放題

通常、不用品の処分をする場合は、1つに処分費用が発生します。そのため、複数の不用品を処分したいと思った場合は、莫大な処分費がかかってしまいます。

このような「大量の不用品を一気に処分したい」という利用者のニーズによって誕生したのが、トラック積み放題プランなのです。自宅までトラックで来てもらえて、大量の不用品を持ち出してくれるため、手間をかけずに処分できます。

トラック積放題プランのメリット

トラックに載せられる分であれば、いくらでも積められるのがトラック積放題プランのメリットです。同じトラックを利用しても、業者によってプランの違いはありますが、どれだけ積んでも料金は変わりません。そのため、大量の不用品を一度に処分したい場合に便利です。

トラック積放題プランのデメリット

不用品量が中途半端な場合は、単品回収の方が安くなるケースもあります。トラックにスペースが余っていたとしても料金が変わらない点が、トラック積放題プランのデメリットと言えるでしょう。そのため、事前にどれぐらいの量の不用品があり、どのトラック積放題プランがベストなのか粗大ゴミ回収業者に相談することをおすすめします。

トラック積み放題プランの料金相場

トラック積放題プランの料金は、粗大ゴミ回収業者やトラックのサイズによって変わります。

トラックサイズ 不用品量目安 作業員人数 料金
かご車積み放題 1R 1人 8,000円~10,000円
トラック積み放題 1K~1DK 1人 12,000円~25,000円
2tトラック 2DK~2LDK 2人 50,000円前後
4tトラック 3DK~4DK 2人 80,000円前後

優良な回収業者の場合は、作業員の人件費・車両費・燃料費・処分費など定額プランの内訳を詳細に公開しているため、安心して利用することができます。

不用品回収でトラック積み放題がお得になるケース

お得なトラック積放題プラン

トラック積み放題のメリット・デメリットについて解説をしましたが、ここでは、不用品回収でトラック積放題がお得になるケースをご紹介します。

新居に引越しをする場合

引越しの際、荷造りと同時に考えなければいけないことが不用品の処分です。段取りを間違えてしまうと、引越し日に間に合わず、不用品も新居へ運ぶ羽目になってしまいます。しかし、粗大ゴミ回収業者は即日対応してくれる業者も多いため、段取りを間違えてしまった後でも連絡をすれば、不用品処分を引越し日までに終わらせることができます。

ゴミ屋敷の片付けをする場合

大抵のゴミ屋敷は悪臭や害虫が発生しています。そのようなゴミ屋敷の片付けをする場合、近所にバレないか不安に感じる方もいるでしょう。可能であれば、近所にバレないように片づけを済ませたいと思う方は多いです。

このような場合もトラック積放題プランがおすすめです。粗大ゴミ回収業者を利用すれば、不用品や廃棄物を梱包作業して持ち運んだり、細心の注意を払い処分してもらいます。また、プロのスタッフが作業するため短時間で片付けが終わり、近所にバレにくいというメリットがあります。

遺品整理を行う場合

近頃は、夫婦だけで暮らす核家族世帯が多くなってきており、配偶者に先立たれて、一人暮らしをしている高齢者の単身世帯も急増しています。そのため、遺品整理ができないまま、この世を去ってしまう高齢者も少なくありません。

突然の家族との別れで親族は遺品整理できないというケースが少なくないですし、遺品整理には莫大な労力がかかります。しかし、粗大ゴミ回収業者に遺品整理をお任せすれば、これらの労力が省けます。

近頃は、遺品整理士の資格を保有しているスタッフが在籍しているゴミ回収業者も増えてきているため、このような業者に依頼すれば安心して遺品整理をお任せすることができるでしょう。

トラック積み放題プランを選ぶときの注意点

トラック積放題 注意点

トラック積み放題プランは便利だと理解して頂けたと思いますが、サービスを選ぶ際には注意点があります。ここでは、トラック積み放題プランを選ぶときの注意点について解説します。

複数の会社に無料見積りを依頼する

トラックにどの程度の不用品を積めるか気になると思いますが、業者に部屋を確認してもらい、必ず説明を受けてください。

自分で調べただけでは分からないことは出てきます。業者の中には、家電などの回収は別途料金が発生する場合などもあるため、注意が必要です。不用品回収の見積もりは無料で行ってもらえるため、まずは、複数の会社に依頼してみてください。

作業員の人件費を確認する

トラック積み放題プランで注目したいポイントとして、トラック1台の料金の他にも人件費が挙げられます。同じトラックを手配したとしても、作業員が1名なのか2名なのかでコストは変わります。また、作業員の人数に応じて作業時間は変わるでしょう。そのため、作業の当日は何名の作業員が来るのかを事前に確認してください。

許可証を所持しているか確認する

一般的に粗大ゴミ回収業者は、一般廃棄物処理業許可証を所持しています。しかし、業者の中には許可証を所持していないのにも関わらず、事業を展開している業者もいるようです。

悪質業者に依頼をしてしまうと、不法投棄や不正輸出なども行われてしまうため、ホームページや名刺を確認して許可証を所持しているかを確認してください。

不用品回収の実績を確認する

粗大ゴミ回収業者のホームページに実績が記載されているかを確認しましょう。実績が豊富な業者に依頼をすれば、これまでの経験を活かしてスピーディーに対応してもらえます。

また、ゴミ屋敷の片付けを依頼する場合は、近所にバレることを不安に感じる方もいるでしょう。しかし、経験が豊富な業者に依頼をすれば細心の注意を払いながら作業をしてもらえるため、安心して片付けをお任せできます。

利用者からの評判・口コミを確認する

複数社の見積もりを取得することをおすすめしましたが、何十社も見積を取るのは大変です。そのため、複数社に絞り込まなければいけません。このように、業者を絞り込む際は利用者からの評判・口コミを利用しましょう。

料金が安くても、スタッフの対応が悪いとサービスに満足できません。そのため、インターネットで粗大ゴミ回収業者の評判・口コミを確認して、依頼先を絞り込んでみてください。

トラック積み放題プランなら「粗大ごみ回収隊」

粗大ごみ回収隊

トラック積み放題プランを利用するなら、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。ここでは、粗大ごみ回収隊がおすすめの理由をご紹介します。

リーズナブルな料金価格

粗大ごみ回収隊のトラック積放題プランは、他社と比較をしても圧倒的な安さを誇ります。さらに、リピーター会員の場合は20%OFFでサービスを利用できるなど、利用者に嬉しい割引サービスも用意しているため、お得に不用品を処分したい方におすすめの業者です。
また、料金が安いと追加費用が発生するのか不安に感じる方もいると思いますが、見積金額から追加費用が発生することはありません。そのため、安心して依頼することができます。

スピーディーな対応

粗大ごみ回収隊は実績数が豊富な不用品回収業者です。不用品回収・ゴミ屋敷・倉庫の片付け・掃除など、さまざまな実績を持っているため、これまでの経験を培って、スピーディーな片付けを実現します。

また、対応エリアに各拠点を設けているため「すぐに来てほしい!」という要望にもお応えできます。お問い合わせ後、最短25分で訪問することができるため、緊急に依頼したい際にもおすすめです。

保有資格者のスタッフが対応

粗大ごみ回収隊は、スタッフの育成にも力を入れています。訪問前には、身なりのチェックなどもしているため、スタッフの対応力に自信のある粗大ゴミ回収業者です。

また、スタッフの中には遺品整理士などの保有資格を所持している人もいるので、遺品整理を行う場合も、安心して依頼していただけます。

ハウスクリーニングにも対応

粗大ごみ回収隊では、不用品回収だけではなく、ハウスクリーニングのサービスも展開しています。ゴミ屋敷の場合は、部屋の中の不用品を片付けるだけでは終わりません。部屋に充満している悪臭の原因や害虫を駆除しなければ、それは繁殖して増え続けてしまうのです。

そのため、片付けを終えた後はハウスクリーニングをする必要があります。粗大ごみ回収隊に依頼をしていただければ、不用品回収、処分、ハウスクリーニングまでワンストップで依頼していただけます。そのため、少しでも手間を省きたいという方におすすめです。

まとめ

今回は、粗大ゴミ回収業者のトラック積放題プランについて解説しました。状況に応じては、不用品回収の方がお得になることもありますが、上手に活用すれば、非常にお得な価格で不用品を処分することができます。

引越しをする方やゴミ屋敷を片付けたい方、遺品整理をしたい方は、ぜひ、粗大ごみ回収業者に依頼をしてみてください。粗大ごみ回収隊でも、トラック積放題プランを用意しているため検討している方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る