簡単!トイレの水回りのお掃除方法とおすすめグッズを大紹介

2020年04月08日

「トイレの黄ばみの汚れがなかなか落ちない…」「トイレの部屋のニオイが気になる…」と悩んでいる方もいるかもしれません。結論から説明すると、トイレは、こまめに掃除をするようにしましょう。こまめに掃除をしなければ、ニオイがこもってしまいます。

この記事では、トイレの水回りのお掃除方法とおすすめグッズをご紹介します。トイレの掃除方法を見直したいという方は、ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

トイレの水回り掃除場所は3箇所

トイレの掃除は主に「便器」「壁」「床」の3箇所です。

便器

トイレの便器に付着する汚れには「黄ばみ」と「黒ずみ」の2種類の汚れがあります。黄ばみは、便器のフチ裏などに付着することが多く、飛び散った尿の成分が時間を固まってしまった尿石が汚れの正体です。また、黒ずみは雑菌が広がりカビになったことが原因と考えられます。どちらの汚れも、とても落としにくく厄介です。頑固な汚れになる前に、こまめに便器掃除をして汚れが付着しないように注意することが大切です。

自宅のトイレは、家族全員が使用する共有スペースの1つです。最近では、洋式トイレが触れましたが、洋式トイレは男性が用を足すと、どうしても飛び散ってしまいます。そのため、知らず知らずのうちに壁に付着してしまうのです。

壁に付着した汚れは、菌を繁殖していき、これが増えることによって、壁からの嫌なニオイに変わります。そのため、トイレ掃除で見落とされがちな壁の拭き掃除も定期的に行わなければいけません。

トイレの床は、用を足したときに尿のしぶきが飛び散って汚れています。特に男性が立った状態のまま用を足していると、1日で2,000滴以上のしぶきが飛ぶとも言われているのです。また、床に落ちているホコリには雑菌が含まれていますが、それが尿のしぶきをエサに増殖して、これらを放置してしまうとトイレ特有の嫌なニオイが発生します。そのため、トイレの床掃除も定期的に行うようにしましょう。

トイレの水回り清掃 (1):便器

 

トイレの便器に付着する汚れは落としにくく厄介ですが、適切な方法で掃除をすれば、キレイに落とすことができます。ここでは、トイレの便器の掃除方法とおすすめグッズをご紹介します。

便器の掃除方法

1.道具を用意する
トイレ掃除に必要な道具として、トイレ用ブラシと酸性洗剤を用意しましょう。トイレの黄ばみの正体である尿石はアルカリ性のため、反対の酸性の洗剤をかけると中和し、キレイに分解することができます。また、除菌力のある洗剤を使用すれば、カビや雑菌の繁殖を落とすことができます。

2.トイレットペーパーを敷く
頑固な汚れを落とすときのポイントは、洗剤を付け置きすることです。黄ばみの原因である尿石の汚れは、便器のフチ裏にできます。この場所は、液がどうしても垂れてしまうため、トイレットペーパーを敷いて洗剤を付け置きしておきましょう。放置する時間は洗剤によって異なりますが、3分程度で目安です。放置する時間が長いほど、高価が高まりますが、便器の傷につながることもあるため注意しましょう。

3.トイレ用ブラシでこする
洗剤を付けて放置したら、トイレ用ブラシでこすり汚れを落としましょう。汚れが落ちたら、水で洗浄して完了です。頑固な汚れは一度では落ちないかもしれませんが、何度か繰り返していると、汚れが落ちてきます。

便器の掃除におすすめのグッズ

便器の掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・サンポール

(出典元:Amazon)

ドラッグストアで購入できる酸性洗剤が「サンポール」です。酸のチカラとマイナスイオンの相乗効果で汚れを分解。また、ニオイや汚れの原因となる細菌を除菌します。容器には、スミズミノズルが採用されており、トイレ用ブラシが届きにくい便器のフチ裏まで液がかけやすいと人気の洗剤です。

・尿石取りスカット

(出典元:Amazon)

尿石取りスカットはジェル状で垂れにくいです。また、先が細いので奥までも届きやすく、染み込んで分解してくれます。便器の黄ばみの汚れがピンポイントにある場合は、このようなチューブ状の洗剤がおすすめです。

トイレの水回り掃除(2):壁

トイレの壁にも汚れが付着してしまい、カビが生えたりします。そのため、定期的に掃除をするようにしましょう。ここでは、トイレの壁の清掃方法をご紹介します。

トイレの壁の掃除方法

・壁の上側から拭き始める
トイレの壁掃除には、特別な道具は必要ありません。ドラッグストアなどで販売されている「トイレクイックル」の掃除用クリーナーがあれば大丈夫です。表面のデコボコで壁の汚れを絡めとってくれるので使用してみてください。
また、尿が飛び散るのは目線より下の場所になるため、まずは、汚れの軽い上の方から拭いていきましょう。ここでのメインはホコリの除去です。

・壁の下側を拭く
壁の下側、便座くらいの高さになると飛び散った尿の汚れが増えるため、丁寧に拭くようにしましょう。また、壁と床の間にしぶきが溜まっていることがあるため、隅々まで拭き取ってください。

・ニオイが気になるときはクエン酸スプレーを
トイレに入ると「少しニオイが気になる…」と感じたら、それは壁に付着した汚れが原因かもしれません。そのようなときは、自然由来で洗浄効果があるクエン酸を使用してみましょう。クエン酸には雑菌の繁殖を抑える作用があります。クエン酸小さじ1と水200mlとスプレーボトルに入れて良く混ぜあわせるだけで、クエン酸スプレーは簡単につくることができます。

トイレの壁掃除におすすめのグッズ

トイレの壁掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・クイックルワイパーハンディ伸び縮みタイプ

(出典元:Amazon)

トイレの壁の汚れは、便器より低い場所が汚れやすいですが、天井や丈夫の壁にもホコリがたまっていたりします。そのため、ペーパーモップなどを使用してホコリを除去しましょう。こちらの商品は、汚れをしっかり絡め取ってくれて、使い終わればモップ部分をゴミ箱に捨てることもできます。

・トイレクイックル消臭ストロング

(出典元:Amazon)

壁の拭き掃除には、トイレクイックルがおすすめです。雑巾だと掃除が終わった後に、ゴミ箱に捨てなければいけませんが、これは水に溶けるので、使い終えたらトイレに流すことができます。そのため、ゴミのニオイが気にならなくて安心です。

トイレの水回りの掃除 (3):床

トイレの床には尿などが飛び散っているため、定期的にこまめに掃除しましょう。ここでは、トイレの床の掃除方法をご紹介します。

トイレの床の掃除方法

トイレの床の掃除は、汚れの種類別に方法が異なります。

・簡単に落とせない頑固な汚れ
トイレの床にも、落ちにくい頑固な汚れがあります。特に、便器と床の境目などの汚れは落ちにくいです。このような場所には、トイレ用洗剤をかけて5分ほど放置して拭き取るようにしましょう。また、タイルなどの目地が汚れている場合は、歯ブラシなどを付けてこすり洗いをしましょう。

・尿によるニオイ汚れ
トイレ特有の嫌なニオイがするときは、尿のしぶきが原因です。雑菌が繁殖して、アンモニア臭がしている状態です。尿はアルカリ性のため、クエン酸などの酸性の洗剤を吹きかけて拭き掃除をしましょう。そうすることで、尿の汚れに含まれるアルカリがクエン酸の酸で中和され、ニオイのもとを取り除くことができます。

・床についた黄ばみや黒ずみ
床に黄ばみや黒ずみが付いていて、頑固な汚れになっている場合はメラミンスポンジでこすりましょう。メラミンスポンジを使用すれば、汚れを削り落とすことができます。しかし、傷がつかない床材かどうかを確認してから、掃除に取り掛かってください。

トイレの床の掃除におすすめのグッズ

トイレの床の掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・メラミンスポンジ激落ちくん

(出典元:Amazon)

メラミンスポンジは「メラミン樹脂」という素材で作られたスポンジのことをいいます。細かい網目のような空洞が無数にありますが、この網目を使用することで、汚れを書き出すことができるのです。このスポンジに水をつけて汚れを擦るだけで、黄ばみや黒ずみの汚れが落とせます。

・ルックマメピカ

(出典元:Amazon)

トイレ掃除に使用できる洗剤はさまざまな種類がありますが、「ルックマメピカ」は、トイレットペーパーがボロボロになることはありません。そのため、トイレトペッパーを使用して床掃除まで行えます。

トイレ掃除を業者に依頼する際の料金

トイレ掃除はこまめに行わないと悪臭が漂います。また、汚れがガンコなものになってしまうと、なかなか落ちません。このような状態になった場合は、トイレ掃除を業者に依頼してみましょう。ここでは、トイレ掃除を業者に依頼する際の料金をご紹介します。

トイレ掃除のサービスの範囲

トイレ掃除のサービスは「天井」「床」「便器」「窓」「収納棚」「水栓タンク」「温水洗浄便座ノズム」が範囲対象となっています。トイレを使用する際に、汚れが気になりやすい場所は、サービス範囲内となっていることが多いです。しかし、「換気扇」「水栓タンクの内部」はオプションになってしまうことが多いため注意してください。

トイレ掃除を依頼する際の料金相場

トイレ掃除の専門業者が実施しているトイレ掃除の料金相場は1万円程度です。有名なハウスクリーニングサービス業者の料金を記載しておくので、参考にしてみてください。

作業料金 オプション
ダスキン 8,640円 汚れ防止コード:3,240円

ロータンク除菌:3,240円

お掃除本舗 7,500円~11,500円 特急便:3,000円
カジタク 12,960円 換気扇クリーニング:3,000円

トイレ掃除の料金を安くする方法

トイレ掃除の料金を安くするのであれば、トイレと別の箇所の掃除も同時に依頼しましょう。複数の箇所を同時に依頼すれば、掃除料金を割引してくれる業者は多いです。また、ホームページなどで掲載されているキャンペーンなどを上手に使用すると、トイレ掃除の料金を安く抑えることができます。

まとめ

ここでは、トイレの清掃方法とおすすめグッズをご紹介しました。黄ばみや黒カビは放置してしまうと、なかなか落ちない汚れとなってしまいます。また、トイレの掃除を放置してしまうと、悪臭の原因になりかねません。そのため、定期的に掃除をするようにしましょう。ぜひ、この記事で紹介したおすすめグッズも参考にしてみてくださいね。
また、頑固な汚れや悪臭に悩んでいる方は、ぜひ、粗大ゴミ回収隊にお任せください。プロの清掃員がキレイにクリーニングさせていただきます。

関連記事

ページ上部へ戻る