誰でもできるキッチンのお掃除方法とおすすめグッズを大紹介

2020年04月08日

「キッチンの掃除をしたいけれど、どこから始めれば良いのだろう?」「キッチン掃除で注意しなければいけないことはあるの?」と疑問に感じている方もいるかもしれません。実際に、キッチンは清潔に保たなければいけない箇所ですが、食器や食材を取り扱う場所なので、使用する洗剤を間違えてしまうと危険です。そのため、適切な清掃方法を把握しておきましょう。

ここでは、キッチンの清掃方法とおすすめグッズをご紹介します。ぜひ、これから、キッチンの清掃を始めようと思っている方は、この記事を参考にしてみてください。

キッチンの掃除場所は5箇所

キッチンの清掃方法

1.換気扇

油汚れが溜まりやすい換気扇は、キッチンの中でも掃除に時間がかかる場所です。年末の大掃除のときに掃除をする箇所であり、自分で掃除をするかプロの業者に依頼するか迷ってしまうキッチン箇所です。

2.ガスコンロ

火の回りのコンロやレンジなどの周辺は、調理中に発生する「油汚れ」や「焦げ付き」などで汚れがちです。目に見える汚れに限らず、壁や床、天井などにも実は付着していたなんてことも。長時間放置すれば、それだけ頑固な汚れになってしまうため、注意が必要な箇所です。

3.シンク周り

一番汚れやすく、目立つのはシンク周り。調理中から片付けまで、シンクにはお世話になります。食材や食器を洗って出る生ごみや、洗い物が終わった後の水垢。水道周りはもちろん、三角コーナーや排水口など、放置すると見た目の問題だけではなく、ニオイの元にもなってしまいます。

4.キャビネット

食器の出し入れの際にホコリがどうしても入ってしまうため、キレイに見えるキャビネットも、時間の経過でゆっくりと汚れてしまいます。その汚れをそのままにしておくと、それを餌にダニが発生することもあるので注意しましょう。そのため、月に1回程度の掃除をすることをおすすめします。

5.冷蔵庫

ご家庭の冷蔵庫も定期的に掃除をしましょう。冷蔵庫は、お肉やお魚、野菜や飲み物、調味料などさまざまな食品の保管場所です。口に入るものを保存する場所のため、清潔にしておく必要があります。

キッチン掃除(1):換気扇

あまりお手入れをする機会がない換気扇は、油汚れが溜まりやすい箇所です。換気扇は、どのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?ここでは、換気扇の掃除方法をご紹介します。

換気扇の掃除方法

・下準備
ゴム手袋、雑巾、バケツ、洗剤、スポンジを用意します。シロッコファンやプロペラファンタイプの換気扇の場合には、電源プラグを抜きブレーカーを落としておきます。

・換気扇のプロペラを洗い方
油汚れが軽い状態なら、中性の食器用洗剤で簡単に落とすことができます。食器用洗剤を使用する場合には、洗剤を溶かしたお湯に雑巾を浸し、しっかり絞って油汚れを拭き取ります。洗剤が残らないように、仕上げに水拭きをすれば完了です。もし、油汚れがガンコな場合は、オキシクリーンやアルカリウォッシュを使用した、付け置き洗いがおすすめです。オキシクリーンを振りかけておくだけで、油汚れは落としやすくなります。

換気扇掃除におすすめのグッズ

換気扇掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・重曹

(出典元:楽天)

重曹は換気扇掃除をはじめ、コンロ周りや冷蔵庫、浴室や洗面所など、お家の中の様々な場所に使用できる万能洗剤です。常備しておくと重宝します。

・セスキ炭酸ソーダ

(出典元:楽天)

人にも環境にも優しく、洗浄・消臭効果があるとして人気のセスキ短案ソーダ。粉末状で水に溶けやすいので、簡単にセスキ水スプレーを作ることができます。

・整流板付レンジフード用

(出典元:楽天)

整流板付レンジフード用シートを貼り付ければ、油汚れをシートが吸着してくれるため、プロペラに汚れが付着することはありません。シートでガードができるため、年末の掃除もグッと軽くなります。

キッチン掃除(2):ガスコンロ

ガスコンロの掃除

ガスコンロの汚れは放置すると頑固な汚れになるため、落としにくくなってしまいます。そのため、こまめに掃除をするように心がけましょう。では、ガスコンロは、どのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?ここでは、ガスコンロの掃除方法をご紹介します。

ガスコンロの掃除方法

・ガスコンロを分解する
まずは、ガスコンロの周りにある物を撤去します。ガスコンロの周りには何も置かないようにしましょう。また、ガスコンロの取外しができる部品は取り外します。

・ガスコンロの掃除をする
重曹はプロが使用する協力な洗剤ではありませんが、身体に優しく安全に使用することができます。軽い汚れであれば落とすことは簡単です。まず、汚れがあるところに重曹を直接かけて放置します。汚れが浮き上がってきたら水拭きをしましょう。つけ置き後にブラシなどでこすると汚れが落としやすいです。

・キッチン壁に付着した油汚れを落とす
キッチン壁は洗剤をかけるよりも、カードを使用して傷つけてから洗剤をかけると効果的です。原則として、洗剤は効果が弱いものから使用するようにしましょう。

ガスコンロ掃除におすすめのグッズ

ガスコンロ掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・アズマジックIH用磨き剤

(出典元:楽天)

2種類の微粒子を配合したクリームタイプの研磨剤で、汚れを落としやすく、IHトップも傷つけくくなっています、スポンジなどに塗って、IHの汚れをこすり落として拭き取るだけと簡単に掃除をすることができます。

・掃除まめいた

(出典元:楽天)

表面を傷つけにくいガラスパウダー研磨剤を使用した,丈夫で硬いネットがIHなどのガラストップ表面の頑固な汚れも落としやすいのが嬉しいポイントです。

キッチン掃除(3):シンク周り

シンク周りの掃除

キッチンのシンク周りは、とにかく汚れがつきやすいです。また、水垢などは目立ちやすいため気になる方も。シンク周りの汚れの原因は、水垢・油汚れ・石鹸カスになるため、適切な方法で掃除を行わなければいけません。ここでは、シンク周りの掃除方法についてご紹介します。

シンク周りの掃除方法

・蛇口周りの水垢落とし

水垢汚れは、削る掃除をすることで落とすことができます。汚れを取る時に使用する道具は、傷が付きにくい道具を使用するのが原則です。プラスチックのへら、使用しなくなったポイントカードなどを使用して削り落としましょう。しかし、最初から堅い物を使用するのではなく、柔らかい物を使用して水垢が落ちないか作業してみてください。

・油汚れ落とし
次に、表面上にコーティングされている油汚れや石鹸カスを落としていきます。洗剤としては弱アルカリ性のものを使用しましょう。マジックリンのような洗剤で十分です。

・シンクの研磨
弱アルカリ性の洗剤を使用しても落ちない汚れは、クレンザーを使用して研磨を行います。クレンザーを使用しながら研磨していけば、削るだけでは落ちないような身坂も落とすことができます。

・排水溝のお掃除
排水溝のぬめりの正体は、カビや雑菌です。そのため、カビハイター等のカビ取り用洗剤を全体に満遍なくかけて、5~10分程度放置します。その後に、隙間フィットブラシなどを使用して汚れを落とします。カビハイターはニオイがキツイため、使用する前に取扱説明書を良く読んでください。

シンク周り掃除におすすめのグッズ

シンク周りの掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・キッチンスポンジまめいた

(出典元:楽天)

傷つけにくい丈夫な樹脂加工不織布が、水だけでシンク周りの水垢や石鹸カスを落とします。グリップは握りやすいため、力を入れることなく簡単に掃除することができます。

・酸素系漂白剤のオキシクリーン

(出典元:楽天)

 

酸素系漂白剤オキシクリーンも多目的に使用できる便利な洗剤です。漬けておくだけ、換気扇をピカピカにすることができます。

・排水溝ヌメリ取り棒

ギザギザカットの不織布が排水溝にフィットして、排水溝の奥のヌメリも落とせます。お掃除が楽しくなるようなカラフルでポップな色合いの4本セットの商品です。

キッチン掃除(4):キャビネット

キャビネットの掃除

キャビネットが汚れるのは、食器を出し入れするタイミングだけのため、汚れにくいのは確かです。しかし、食器を片付ける場所のため、清潔な状態を保つようにしましょう。キャビネットは、どのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?ここでは、キャビネットの掃除方法をご紹介します。

キャビネットの掃除方法

・道具を準備する
ハンディタイプの掃除機、はたき、中性洗剤、雑巾を用意します。キャビネットは、食事に使用する食器を置く場所なので、口にした場合に健康被害がでる洗剤を使用するのは辞めましょう。

・食器棚の外側を拭く
最初に見落としがちなキャビネットの外側の汚れを掃除します。食器棚の外側は、手垢や、調理中に飛び散った食品カスや油、水滴などの水垢が付いていて汚れている場合が多いです。そのため、水で濡らして固く絞った雑巾で水拭きをしましょう。

・食器を出す
キャビネットの中を掃除するためには、片付けている食器を出さなければいけません。普段食事するテーブルに清潔な包装紙などを敷いて置き場所を作りましょう。

・ホコリを取る
食器棚の中にあるホコリを除去します。はたき等は衛生面を考慮して、必ず未使用のものを用意してください。使用済のはたきを使用すると雑菌を繁殖させてしまいかねません。また、引き出しタイプのキャビネットの場合は、引き出しを逆さまにしてホコリを落とし、掃除機で吸い取る方法が効率的です。

・水拭き
水を濡らして固く絞った雑巾を使用して、キャビネットの内部を拭いていきます。汚れが気になる場合は洗剤を使用しても良いですが、食器を片付ける場所なので、必ず洗剤を使用したら、水拭きを忘れずに行いましょう。

・乾燥
水拭きの後は、すぐに乾いた雑巾で乾拭きをしましょう。その後は、食器棚を開けっぱなしにして、完全に乾くのを待ちます。乾く前にキャビネットを閉じてしまうとカビの原因になってしまうため、気を付けてください。

キャビネット掃除におすすめのグッズ

キャビネット掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・重曹

(出典元:楽天)

重曹は換気扇掃除をはじめ、コンロ周りや冷蔵庫、浴室や洗面所など、お家の中の様々な場所に使用できる万能洗剤です。常備しておくと重宝します。

・備長炭

(出典元:楽天)

備長炭には、消臭や除湿の効果があります。半永久的に効果を持続するもので人気です。もし、備長炭の効果が薄れてきたと感じた場合は、煮沸して天日干しすると復活します。

キッチン掃除(5):冷蔵庫

冷蔵庫の掃除方法

家族が頻繁に出し入れする冷蔵庫は意外と汚れ勝ちです。そのため、こまめに掃除をしましょう。ここでは、冷蔵庫の掃除方法をご紹介します。

冷蔵庫の掃除方法

・掃除の計画を立てる
「今日は野菜室をキレイにしよう」など、どの箇所から掃除をするのか計画を立てます。

・冷蔵庫内の食材を取り出す
掃除をするために、冷蔵庫内の食材を取り出します。食材の一時置き場として、クーラーボックスなども用意できれば安心です…

・重曹水を使用して拭き上げる
冷蔵庫内の掃除には、口に入れても大丈夫な重曹水を使用しましょう。重曹水をつけたキレイな布で拭き上げます。重曹には脱臭効果も期待できるのです。

・冷蔵庫の床下清掃をする
冷蔵庫のカバーパーツをはずして、床下のホコリを取り除きましょう。

冷蔵庫掃除におすすめのグッズ

冷蔵庫掃除を行う場合、次のグッズを購入しておくと掃除が楽になります。

・Ba水の激落ちシート

(出典元:楽天)

マイナスイオンの力で油汚れを浮かせて落とすシート。電子レンジや冷蔵庫に使用できる安全なシートで、使い捨てです。重曹水の作成などの手間を省きたいという方におすすめのグッズです。

・スキマキーレー

(出典元:楽天)

硬すぎず柔らかすぎず、適度なしなりがあるのでラクな姿勢で隙間掃除ができます。1cmの隙間にも入るため、冷蔵庫下の床掃除にもおすすめです。

キッチンの掃除を業者にお任せする場合

キッチンの掃除方法について紹介してきましたが、自分では落とせない頑固な汚れは、業者にお任せをしましょう。しかし、業者に依頼する際に気になるのは料金でしょう。ここでは、キッチンの掃除を業者にお任せする場合の料金相場について分かりやすく解説します。

キッチン掃除サービスの範囲

キッチン掃除サービスは、換気扇クリーニングとキッチンクリーニングで分かれていることが多いです。油汚れは、簡単に汚れを落とすことができません。長時間こびり着いた汚れが全体的に固着している場合は、特殊な専用洗剤や機材を使用しなければいけません。このような場合は追加料金が発生します。

キッチン掃除を依頼する際の料金相場

キッチン掃除の専門業者の掃除の料金相場は約1.5万円程度です。有名なハウスクリーニングサービス業者の料金を記載しておくので、参考にしてみてください。

  作業料金 オプション
ダスキン 換気扇:19,800円

キッチン:18,700円

 
お掃除本舗 換気扇:15,000円

キッチン:15,000円

油汚れの除去:3,000円

特急便:3,000円

カジタク 換気扇:13,500円

キッチン:13,500円

 

 

キッチン掃除の料金を安くする方法

キッチンの掃除を業者に依頼したいけれど、料金が気になる方は、他の箇所と合わせて依頼するようにしましょう。キッチン・お風呂・トイレ・洗面所の掃除と合わせて依頼することで、一カ所の掃除料金が安くなります。また、清掃業者ではキャンペーンなどが定期的に開催されているため、少しでも料金を安くしたい場合は、キャンペーンを上手に活用してみてください。

 

まとめ

この記事では、キッチンの清掃方法とおすすめグッズをご紹介しました。水垢や油汚れが目立つキッチンは、頑固な汚れが悩みとなります。しかし、漬け置き清掃などをすれば、誰でも簡単に汚れを落とすことができるのです。この記事では、キッチン清掃に役立つおすすめグッズもご紹介しました。

ぜひ、これらを使用して、楽しくキッチン清掃をしてみてください。もし、自分ではキッチン清掃が行えないという方は、粗大ゴミ回収隊でもハウスクリーニングサービスを提供しているため、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る