年末の大掃除の正しい手順とテクニックを大紹介!

2020年12月26日

素敵な1年を迎えるために、多くの方が年末の掃除を行っています。しかし、正しい手順を理解していないと、数十日にも及んでしまいがち。そのため、年末の掃除に挫折してしまう方も少なくありません。このような状況に陥らないためにも、正しい手順の掃除方法やテクニックを覚えておきましょう。この記事では、年末の掃除に関する豆知識をご紹介します。ぜひ、年末の掃除を始める方は、この記事を参考にしてみてください。

年末の掃除は「いつから」「いつまで」

年末の掃除は、いつから始めれば良いのでしょうか?結論から説明すると、各世帯で年末の掃除のスケジュールは異なります。しかし、年末の掃除のスケジュールを立てる上で欠かせないポイントがあるためポイントを押さえておきましょう。

大掃除は「12月13日」から始める

江戸時代では「12月13日=煤払いの日」と定められており、現在の大掃除の原点となっています。12月13日に年末掃除を開始すると縁起が良いと例えられているため、縁起を担ぎたい人は12月13日から掃除を始めましょう。
しかし、昔と現代ではライフスタイルが大きく異なるため、自分のライスタイルに合わせた年末の掃除をしましょう。

ゴミ収集最終日を確認して調整する

年末の掃除を始めると、ゴミや不用品が大量に出てきます。そのため「ゴミ収集最終日」を確認しておきましょう。ゴミ収集最終日に間に合わないと、部屋にゴミを置いておかなければいけず、気持ち良く年を越すことはできません。また、共有部分のゴミ捨て場に捨てると周囲の人の反感を買うので、ルールは守ってゴミを捨てるようにしましょう。

家族のスケジュールを調整する

部屋の掃除は、家族全員で行うと捗ります。2020年度は、新型コロナウイルスの影響でテレワークを始めた人もいるでしょう。家族がテレワーク中に掃除を始めても、その部屋の掃除はできません。そのため、家族全員で掃除に取りかかれる日を確認して、年末の掃除を始めましょう。大型家具や大型家電の搬出作業も協力し合うことで、スムーズに進むでしょう。

順番はどこから?年末の掃除の仕方

実際に、年末の掃除を始める場合は、どのような手順で始めれば良いのでしょうか?正しい手順を把握しておくと、掃除は捗ります。ここでは、年末の掃除の仕方をご紹介します。

1.部屋を片付ける

ゴミ収集最終日にゴミや不用品処分を間に合わせるために、最初に部屋の片付けから始めましょう。部屋の中に溢れている物を「必要」「不要」と仕分けしていきます。仕分け作業で処分するべきか悩むことも出てくると思います。
このような悩みを解決するために「1年以上使用していない物は処分する」などのルールを決めておきましょう。ルール化しておくことで、仕分け作業の時間を短縮することができます。
また、片付けができない悩みを抱えている方は、1人で解決しようとせずに、片付け業者に相談をしてみてください。専門業者に相談することで、部屋の片付けに関する悩みが解決できます。

2.水回り設備の掃除をする

各部屋の片付けを終えたら、掃除に突入です。掃除を開始すると、頑固な汚れが取れずに悩んでしまうこともあるかもしれません。しかし、年末の掃除で大切なことは「完璧を求めすぎない」ことです。新年を気持ち良く過ごすための掃除と捉えましょう。

・浴室や洗面台
浴室や洗面台の汚れは、カビや水垢です。そのため、汚れに見合った洗剤を使い分けて、各汚れを取り除いてください。水気の多い浴室や洗面所は、カビ菌が繁殖する条件(温度20℃~30℃、湿度65%以上、皮脂などの栄養分)が揃っています。そのため、掃除後は乾拭きで水気を拭き取りましょう。

・トイレ
トイレの汚れは、細かくて頑固な汚れが多いです。とくに、蓄積された尿石汚れやノズル汚れは簡単に落とすことができません。衛生上も良くないため、年末の掃除でリセットしましょう。トイレ専用の洗浄剤を使用すれば、黒ずみ・黄ばみを取り除くことができます。

・キッチン
キッチンの主な汚れは「油汚れ」と「焦げ」です。これらの汚れは、頑固な汚れで、こすり洗いでは落ちません。基本的には浸け置き洗いが必要です。汚れを浮かすことで、軽く拭き取るだけで汚れが取り除けます。掃除完了後は、アルコール除菌もしておきましょう。

3.各部屋の掃除をする

水回り設備の掃除を終えたら、各部屋の掃除をしましょう。ホコリの関係で、部屋の掃除は「天井→壁→家具→床」の順番で行います。カーテンやソファーなどのファブリック系も掃除することに手間を感じるかもしれませんが、晴れた日に掃除をしておきましょう。ホコリを除去した後は、フローリングワックスをかけておきましょう。

4.玄関掃除をする

年末の最後の掃除場所は「玄関」です。最初に目に触れる場所が玄関で、自宅の印象を決める場所です。そのため、砂・土・ホコリなどは取り除いておきましょう。キレイな玄関にしておけば、素晴らしい新年を迎え入れることができるはずです。

年末の掃除の必殺テクニック7選

年末の掃除を1日で終わらすことはできません。大体の方が、数日間に及んで年末の掃除をしています。しかし、頑固な汚れの落とし方や手の届きにくい箇所の掃除方法を知っておくと、掃除時間を短縮することできるはずです。ここでは、年末の掃除に役立つ必殺テクニック7選をご紹介します。

1.網戸の汚れには「メラミンスポンジ」を使用する

日頃の掃除で網戸の汚れまでには、なかなか手が回りません。そのため、網戸は酷く汚れています。網目に汚れが付着しているため、取り除くのは難しそうに感じますが、メラミンスポンジで軽くこするだけで汚れを取り除くことができます。メラミンスポンジの細かな繊維が網戸に入り込んで汚れを除去。爽快感が得られます。

2.汚れが目立つ箇所に「重曹水」を含ませる

部屋の水回り設備には、頑固な汚れが付着していることもあります。雑巾で拭いても落とせない汚れは、重曹水を含ませて汚れを浮かせて拭き上げると、簡単に汚れが除去できます。重曹水を作る場合は、水1リットルに大さじ1杯の比率です。

3.高い場所の掃除は「ストッキングワイパー」を活用する

天井やエアコン掃除など、手の届かない場所にはストッキングワイパーを利用しましょう。ストッキングの素材は、ナイロン(化学繊維)で出来ているため、静電気を起こしてホコリを取り除く効果があります。また、肌に馴染むように柔らかい素材のため、傷が付く心配もありません。この性質を使用したストッキングワイパーを活用すれば、隅々まで楽に掃除が行えます。

4.コンロは「熱湯+洗剤」に付けて汚れを浮かす

キッチン掃除の悩みになる箇所が「換気扇」と「ガスコンロ」です。これらは頑固な汚れが付着しており、ゴシゴシとこすっても汚れが落ちません。しかし、洗剤を含めた熱湯に浸け置きしておくと汚れを浮かび上がらすことができます。スポンジ等で軽くこすれば、汚れを落とせるので便利です。

5.頑固な汚れは「キッチンペーパー」で湿布する

掃除箇所によっては、浸け置き洗いができない場合もあるでしょう。浸け置き洗いができない箇所の頑固な汚れには、洗剤を吹きかけて、キッチンペーパーで湿布しておきましょう。湿布後にドライヤーなどの熱を加えると高い効果が得られます。湿布して汚れを浮かび上がらせたら、後は軽く拭き取るだけです。

6.頑固なカビ汚れは「漂白剤」で除去する

浴室のカビは、根から張っているため、簡単に取り除くことができません。そのため、漂白剤を使用してカビを取り除きましょう。漂白剤を吹きかけた後にラップで密閉すると、効果的です。しかし、漂白剤は刺激が強いため、取り扱うときはゴム手袋を着用して掃除をしてください。

7.水垢は「重曹」で撃退する

浴室や洗面台の蛇口に付着する水垢汚れも、とても気になるものです。しかし、水垢は重曹を使用すれば簡単に落とすことができます。重曹をスポンジに付けて、軽くこするだけでピカピカになるので試してみてください。

まとめ

この記事では、年末の掃除の手順やテクニックについてご紹介しました。年末の掃除は、1日で終えられることは少なく、数日間に及ぶことがほとんどです。完璧を求める必要はありませんが、気持ちが良い新年を迎えるためにも、各箇所の掃除を行いましょう。

この記事でご紹介した頑固な汚れの落とし方、手の届きにくい箇所の掃除方法を実践することで、短時間で掃除が終わらせるはずです。ぜひ、トライをしてみてください。また、不用品処分する機会があった際や部屋の片付け、頑固な汚れに悩んだ場合は「粗大ゴミ回収隊」にご相談してください。不用品回収・片付け作業・ハウスクリーニングまでワンストップでご提供します。ぜひ、サービスをご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊