部屋が片付けられない原因は病気かも?想定できる病気の種類と克服法

2020年09月28日

粗大ゴミ回収隊は、ゴミ屋敷や汚部屋の片付けを得意としています。近頃は、ADD/ADHDや強迫性貯蔵症などの病気を抱えており、部屋が片付けられないと悩んでいるお客様からの依頼も増えてきました。

病気を抱えている方でも、前向きな姿勢で捉えることができれば、現在よりも部屋の片付け状況は良くなるはずです。大切なことは、病気が潜んでいないか、自分自身と向き合ってみることです。病気を発見して、ゴミ屋敷や汚部屋の状況を改善ができたという方もいます。そのため、部屋が片付けられずに悩んでいる人は、怠慢な性格が理由だと軽く受け止めずに病気が潜んでいないかを疑ってみましょう。ここでは、部屋が片付けられない人に潜む病気について解説します。

部屋が片付けられない人に潜む病気

部屋が片付けられないのは、怠惰な性格が理由だと安易に考えるのは辞めましょう。その結果、部屋を片付けても、すぐに散らかるなどの状況に陥りがちです。潜んでいる病気に気付き、向き合えば状況が改善されることもあるのです。そのため、部屋が片付けられない人に潜む病気について理解を深めて、自分自身が該当しないかを確認してみてください。

ADD/ADHD

ADD(注意欠陥障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)は、落ち着きがなく、興味があるものに向かっていきます。気が散りやすくて、1つのことに集中することができません。また、物事を深く考えることができずに、すぐに発言したり行動したりします。衝動的な行動が多く、感情的になりがちです。

しかし、脳に軽度の機能障害があり、覚醒レベルが低下しているから起こる病気です。そのため、ADD/ADHDの方は自分自身を責めないように注意しましょう。

強迫性貯蔵症

強迫性貯蔵症(ボーダー)は、極度のガラクタ収集を好む精神異常の病気をいいます。捨てる行為を「もったいない」「かわいそう」と捕らえる傾向が強いです。そのため、腐敗臭が漂うゴミでも、部屋に溜め込んでしまいます。ゴミ屋敷化する傾向が強く、近隣住民も被害をかぶることが多いですが、所有者が「大切なもの」と主張するので、ゴミ屋敷の片付けを強制することができません。
脅迫性貯蔵症は、周囲の人と付き合いが難しそうに感じますが、人間関係も大切にするため、人当たりが良いです。そのため、意外な人がゴミ屋敷の住人であるということは良くあります。

うつ病

現代病であるうつ病を抱えている人は増えてきました。うつ病は、さまざまな症状がありますが、無気力・疲労感・倦怠感を感じます。ダルさを感じているため、身の回りのことをするのは難しく、次第に部屋は汚くなっていきます。

また、部屋が汚れてしまうと「部屋の片付けもできないダメな私」と気持ちがネガティブな思考に陥りがちです。このような悪循環を止めるためにも、片付け業者を利用して部屋をキレイな状態にすることが大切となります。

セルフネグレスト

セフルネグレストとは、自分自身に興味を持てなくなる精神疾患をいいます。最愛の人と別れを経験後に発症することが多いです。自分の心と身体のケアを放置してしまい、病気になっても病院で診察を受けることはせず、食事や掃除、洗濯にも気を遣うことがなくなります。
また、コミュニティに参加する意欲もないため、周囲の人に助けを求めることもしません。このようなセルフネグレストの場合は、周囲の人が気付いてあげることが大切です。周囲の人が手を差し伸べることで、最悪の事態を回避することができます。

統合失調症

統合失調症は、現実と非現実の区別ができなくなる精神疾患をいいます。残念ながら、現在の医学では、統合失調症の原因は分かっていません。しかし、統合失調症になると、幻覚が見えたり、被害妄想が激しくなります。また、気力が低下するため、部屋の片付けが行えません。
うつ病と同様に「片付けもできないダメな私」と気持ちがネガティブな思考になるため、悪循環を止めるためにも、片付け業者を利用して部屋をキレイな状態に戻しましょう。

認知症

認知症になると、どこに物を片付けたかの覚えておくことができません。また、部屋の中にある物を把握することができず、同じ物を購入してしまい、物が溢れてしまう状態になりがちです。

認知症は老化による症状なので、片付け場所の低位置を決めておきメモするなどして、過ごしやすい生活環境を整えましょう。病気だと深刻に捉えてしまうと、本人の気持ちを傷つけてしまうので絶対にやめましょう。

病気で部屋が片付けられない場合の対処法

病気で部屋が片付けられなくて悩んでいる人の中には、ドンドンと気持ちを追い詰めてしまう人もいます。そのような状況に陥らないためにも、適切な対処法を覚えておきましょう。

病気と上手に向き合う姿勢を持つ

ADD/ADHDなどの病気は、周囲に気付かれにくいです。病気であることを恥ずかしくて言えずに包み隠してしまうと、部屋が片付けられない怠惰な人と誤解を与えてしまいかねません。そのため、信頼のおける人には病気であることを打ち明けておきましょう。
また、病気に関する理解を深めていき、上手に向き合う姿勢を持つことが大切です。病気と向き合う前向きな姿勢を保つことができれば、状況は次第に良い方向に向かいます。

自分自身を否定しない

部屋が片付けられない病気としてADD/ADHDが有名ですが、この病気は神経伝達物質の不全で起こる病気です。脳の前頭前野が機能していないために発症する病気です。そのため、本人のせいで部屋が片付けられないわけではありません。本人も部屋が散らかっていることに罪悪感を持っていることが多いので、病気の自分自身を否定しがちになります。
しかし、自分自身を否定する行為は絶対にやめましょう。自己否定してしまうと、セルフネグレストの状態になり、部屋の片付けの意欲が低下してしまいます。そのため、病気である事実を受け入れて、病気を克服する前向きな気持ちを持つようにしましょう。

1人で悩まずに相談をする

部屋が片付けられなくて悩んでいる方は、信頼のおける家族・友人に相談をしてみましょう。また、病院で診察を受けてみることをおすすめします。また、家族で話し合う場合は発想の転換が大切です。

例えば、部屋の片付けは女性が行うものという基本概念を取り払いましょう。部屋の片付けは、男性が行っても良いものです。そのような発想転換ができれば、状況改善が見込めます。そのため、固定概念に縛られて生真面目に考えて、1人で悩みを抱え込むのはやめて信頼できる人に相談をしてみてください。

病気でも部屋を片付ける3つのルール

病気で部屋を片付けられない人でも、部屋の片付けのルールを決めておけば、部屋を散らからずに済みます。部屋の片付けのルールで大切なことは「片付け場所」「量」「収納方法」です。それぞれについて詳しく解説していきます。

片付け場所を決める

片付けをしても部屋が散らかる人は、部屋のキレイさを重視して、物を使用する場合を想定していません。そのため、定位置の保管場所が決まってなく、アチコチに物を片付けてしまいがちです。その結果、物を探すのに時間がかかったり、どこに片付けて良いか分からなくなってしまったりします。

このような問題を解決するためにも、片付けの低位置を決めるようにしましょう。

量を決める

収納スペースは無限にあるものではありません。同じ収納スペースに、より多くの物を収納してしまうと物が取りづらくなってしまいます。そのため、収納スペースに応じた量を守ることが大切です。

例えば、ウォークインクローゼット内に洋服が溢れそうになった場合は、新しい洋服を1着購入したら、1着処分するようにしてみてください。このように、収納量を決めておき守ることで、スッキリ整頓された空間を維持することができるのです。

収納方法を決める

収納方法を決めずに、収納できる分だけギュウギュウに詰め込む人も多いです。このような収納方法だと、物を取り出す際に苦労してしまい、部屋が散らかってしまいます。必要な物を簡単に取り出すことができなかったり、探索時間が必要となったりで、ストレスが溜まります。そのため、物を重ねない収納方法で片付けるようにしましょう。

病気で部屋を片付けられない場合は「粗大ゴミ回収隊」

病気で部屋を片付けられずに悩んでいる方は、粗大ゴミ回収隊に片付けの相談をしてみてください。ご本人が部屋をキレイにしたいという意志を持てば、状況は次第に良くなるはずです。粗大ゴミ回収隊は、部屋の片付けの依頼しやすさで高い支持を集めています。ここでは、粗大ゴミ回収隊の魅力をご紹介します。

魅力(1):業界最安値の料金体系を実現

粗大ゴミ回収隊は、業務効率化に徹底して努めており、業界最安値の料金体系を実現している業者です。料金の安さに絶対的な自信を持っているため、相見積もりも歓迎。他社より1円でも見積金額が高ければ、値引き交渉にも応じます。片付け作業料金を安く抑えることができるので、定期的な掃除も依頼しやすくなっています。

魅力(2):ゴミ屋敷の片付けの実績が豊富

粗大ゴミ回収隊は、ゴミ屋敷の片付けのパイオニア的存在として認知されています。不用品回収業者ランキングでも、上位に社名が上がるほど、多くのお客様に支持されています。

業界最安値の料金体系が魅力となっていますが、害虫駆除やハウスクリーニングにも対応していることが支持を集めている理由です。すべての作業をワンストップでお任せできるので、依頼者に手間がかかることはありません。

魅力(3):早朝や深夜の片付け作業にも対応

粗大ゴミ回収隊の電話窓口は、8時から24時です。他社と比較しても長時間営業のため、依頼者の都合の良いタイミングで予約をしていただけます。また、当日予約も可能です。そのため、当日中に部屋の片付けを済ませたい方の要望にも応えることができます。

また、依頼者の中には、早朝や深夜の片付けを希望される方もいるでしょう。粗大ゴミ回収隊は、事前予約をしてもらえれば、早朝や深夜の片付け作業にも対応できます。そのため、お気軽にご相談ください。

まとめ

部屋が片付けられないのは、怠惰な性格が原因だと安易に考えてしまうと、部屋を片付けても散らかってしまいます。このような状況を改善するためにも、病気が潜んでいないかを疑ってみてください。原因を突き止めることが大切です。原因を突き止めることなく、何度も部屋を汚くしていると自己険悪に陥ってしまう危険性もあります。そのため、なぜ、部屋の片付けができないのかを考えてみましょう。
また、実際に病気を抱えて部屋を片付けられないと悩んでいる人もいるでしょう。特にうつ病や統合失調症の場合は、汚い部屋に住んでいるとネガティブな思考が止まらなくなります。そのため、このような場合は、粗大ゴミ回収隊を利用して部屋をキレイな状態にしてみてください。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る