部屋の片付けのやる気を出す方法!やる気が出ない原因まで徹底解説

2020年09月28日

部屋の片付けをテキパキと行える人と、時間が経過しても部屋の片付けが進まない人には違いがあります。それは、部屋の片付けに対する「やる気」です。
部屋の片付けのやる気を湧かすことができれば、散らかった部屋も短期間で片付けることができます。また、キレイな部屋を維持することもできるでしょう。実際に、どのように部屋の片付けのやる気を沸かしていけば良いのでしょうか?ここでは、部屋の片付けのやる気を出す方法をご紹介します。

部屋の片付けのやる気が出ない原因と解決策

部屋が片付けのやる気が湧かないと悩んでいる人には、共通点があります。どのような共通点がるのでしょうか?ここでは、部屋の片付けのやる気が出ない原因と解決策をご紹介します。

忙しくて片付けられない

仕事が忙しい人こそ、身体が休まる環境が必要です。しかし、多忙な人は部屋を片付ける余裕がなくて、部屋を片付けることができません。このような状況に陥った場合に、大切なことは1人で抱え込み過ぎないことです。
部屋の片付けができない状況を、周りに打ち明けて助けを求めましょう。家族や友人に話すのが恥ずかしいと思った場合は、片付け業者に依頼する方法も1つです。そのため、仕事で忙しくて部屋が片付けられない人は、自分自身で解決しようとせずに、第三者に助けを求めるようにしてみてください。

片付けにネガティブな思考を持っている

部屋の片付けは、本当はポジティブな感情が生まれるものです。清潔で整理整頓されている部屋は気持ちが良いものだと思うものです。

しかし、部屋の片付けが苦手な人は、片付けに対してネガティブな思考を持っています。部屋を片付けるのは面倒臭くて、時間がかかり大変というイメージを持っていることが多いです。そのようなネガティブな思考を持つと、片付けに前向きに取り組むことができなくなってしまいますネガティブな思考を持っている人は、キレイな部屋で実現したい夢を思い描いてみましょう。そのように実現したい夢を思い描くことで、気持ちはポジティブになり、部屋の片付けにやる気が湧くはずです。

上手な片付け方法が分からない

部屋の片付けが苦手な人は、完璧主義な傾向があります。自分の理想の空間を思い描いているのですが、上手な片付け方法が分からず、イメージ通りにならないことに嫌気がさしてしまうのです。また、片付けても散らかることにストレスを感じがちです。

部屋の片付けは、完璧にやろうと決めないことが大切です。そして、楽に始められる片付け方法を学びましょう。物を片付ける低位置を決めて、元に戻す習慣を持つだけで、キレイな部屋は維持できるものです。そのため、上手な片付け方法が分からないと悩んでいる方は、気軽な気持ちで片付けに取り組むようにしましょう。

部屋の片付けのやる気を出す方法

部屋の片付けのやる気が湧かずに悩んでいる方も発想転換することで、やる気は湧いてきます。ここでは、部屋の片付けのやる気を出す方法をご紹介します。

1.肯定的に片付けを捉える

自分の心地良い空間や理想の暮らしを想像してみましょう。キレイに片付いた部屋で、どのような時間を過ごしたいかを考えてみると、気持ちがワクワクしてくるはずです。
読書が好きだから本棚を購入したい、自宅で映画鑑賞が楽しめるシアタールームをつくりたいなど、自分の叶えたいことを想像することで、片付けを肯定的に捉えることができるでしょう。モチベーションが高くなれば、部屋の片付けもスムーズに行えるようになるはずです。

2.やるべきことを紙に書き出す

レコーディングダイエットというダイエット方法が話題を集めました。人は視覚化することで、頭の中が整理しやすくなり、やるべきことを明確化することで行動に移しやすくなるのです。そのため、やるべきことを紙に書き出してみましょう。
部屋の片付けで憂鬱な気持ちになっていたとしても、紙に書いてみると、案外項目が少ないと感じることもあるかもしれません。終わったものに関しては、横線を引いて消していきますが、リストが消えていく度に達成感を味わうこともできます。

4.短時間だけ片付けを頑張ってみる

部屋の片付けで大切なことは、一度に完璧を目指さないことです。一気に部屋を片付けようとすると、理想とする空間までが遠く感じてしまい、部屋の片付けが億劫になってしまいます。そのため、短時間だけ片付けを頑張る習慣を取り入れてみましょう。
本を整理する日、衣類を整理する日と、少しずつ片付ける習慣を付けることで、小さな成功体験が積み上がっていきます。このような習慣が身につければ、小さな達成感を積み上げていくことができるため、やる気が湧いてきて片付けに成功しやすいです。

5.片付けを終えた後にご褒美を用意しておく

子どもの頃に、宿題を終わらすことができたら、おやつを食べて良いと言われた経験がある方は多いのではないでしょうか?その際に、やる気は湧いてきませんでしたか?その気持ちは、子どもだけではなく、大人も同じです。部屋の片付けのやる気を沸かすためにも、自分のモチベーションが上がるようなご褒美を用意しておきましょう。

6.自分の部屋に人を招く

家族や友人を部屋に招く機会がなくて、人目に触れる機会がなくなると、人に迷惑をかけているわけではないですが怠惰な暮らしをしがちです。人は誰でも他人の目線は気になります。そのため、自分の部屋に、家族や友人を招いてみましょう。
自分以外の誰かの目に触れると思うと、敬遠していた部屋の片付けのやる気も沸いてくるはずです。また、人を招く場合は、期日を切っておくと動こうと頑張れます。

7.アップテンポな音楽をかけてみる

自分の好きなアーティストのアップテンポな音楽をかけると、気持ちが高揚してきて、部屋の片付けに対する意欲が湧いてきます。もし、隣人に迷惑がかかるなど、大音量で音楽を聴くことが難しい場合は、イヤホンを使用しましょう。アップテンポな音楽を聴くことで、テンポに合わせてサクサクと片付けを進めていくことができるはずです。

8.動画コンテンツを閲覧してみる

部屋の片付けが進まない原因は、片付け方が分からないからです。特に、物が溢れ返っているゴミ屋敷は、どこから片付けるべきか悩んでしまいます。結果的に、大半の人が、片付け方法が分からずに放棄してしまうのです。
このような状況に陥った場合は、動画コンテンツを見てみましょう。約18時間のゴミ屋敷の片付けが5分に短縮されている動画コンテンツなどもアップされています。このような短編動画を見ることで、片付けに関する知識を蓄えていくことができます。そのため、ゴミ屋敷化した部屋の片付け方法が分からない、収納術が分からないと悩んでいる方は動画を見てみてください。

まとめ

部屋の片付けに挑戦したけど、何度も挫折してしまう人もいるかもしれません。そのような方は、一気に部屋を片付けて疲弊してしまい、部屋が散らかってしまうことが原因であることが多いです。片付けた部屋が汚れてしまうと自信を失うことにつながります。そして、部屋の片付けのやる気が削がれてしまうのです。
部屋の片付けのやる気を起こすには、小さな成功体験の積み重ねが大切です。片付ける場所を決めておき、1日1箇所で構わないので、片付けることを習慣化してみてください。このような習慣を持つことで、小さな成功体験を積み重ねていくことができ、部屋の片付けのやる気が湧いてくるはずです。ぜひ、部屋の片付けに前向きな気持ちで取り組んでみてくださいね。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る