不用品回収業者の仕組みとは?賢く利用する方法&トラブル回避方法

2020年05月03日

「不用品回収業者を利用したいけれど、どこに依頼すれば良いのだろう…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?実際に、不用品回収のトラブルは後を絶たないため、業者選定は慎重に行いましょう。

不用品回収業者の特徴や仕組みを知れば、優良企業を見極めることができます。また、賢く、お得に不用品回収サービスが利用できるようになれます。ここでは、不用品回収業者の特徴やおすすめの不用品回収業者を紹介しているので、業者選びにお役立てください。(2020年8月更新)

不用品回収業者とは

そもそも不用品回収業者とは、どのようなサービスを提供しているのでしょうか?ここでは、不用品回収業者の特徴をご紹介します。

不用品回収業者の特徴

不用品処理を依頼する際は、自治体に依頼する方法と民間企業が運営している不用品回収業者に依頼する2つの方法があります。

行政サービスは料金がリーズナブルな反面、平日で指定された日のみの不用品回収に応じていますが、不用品回収業者は民間企業が運営しているため、各企業でサービス内容や営業時間が異なります。

近頃は、電化製品や家具の輸出という流れもあり、リサイクル対象の家財道具を無料で回収する不用品買取サービスも登場。このようなサービスを活用すれば、廃棄処分として料金を支払わなくて済むので、行政サービスよりも使い勝手が良くなってきています。

不用品回収業者の仕組み

不用品回収業者の儲けは、買取した不用品の再販で得る利益と廃棄処分費に上乗せされた人件費や車両費で出る利益です。再利用できない不用品を処分するためには、廃棄処理費がかかってしまいます。

「あらゆる不用品を無料で回収します」というチラシやアナウンスを流している回収車両を見かけることもあるかもしれませんが、このような業者は危険なので警戒をしましょう。不用品回収をして、再利用できないものを不法投棄してしまうかもしれません。

不用品の不法投棄は、業者側の責任だと思われるかもしれませんが、依頼主にも刑罰が科せられるため、トラブルを防ぐためにも、無料回収を名乗る不用品回収業者には注意してください。

不用品回収業者の平均費用相場

不用品回収業者には、アイテム別の料金とパック料金の2種類のプランが用意されています。それぞれの平均費用相場は、下記の通りです。

・アイテム別の平均費用相場

品目 処分料金
電化製品 3,000円~6,000円
パソコン機器 1,000円~3,000円
家具 3,000円~10,000円
寝具 5,000円~10,000円
日用品 100円~300円
美術品 500円

 

・パック料金の平均費用相場

パック名 料金
軽トラック積み放題プラン 18,000円~25,000円
1tトラック積み放題プラン 20,000円~30,000円
2tトラック積み放題プラン 35,000円~60,000円
3tトラック積み放題プラン 50,000円~90,000円
半積み放題プラン 8,000円~15,000円

不用品回収業者を利用するメリット

次に、不用品回収業者を利用するメリットについて解説します。

都合の良い日時に回収依頼ができる

不用品回収業者は、民間企業が運営をしているため、サービス内容も営業時間も異なります。早朝や深夜の不用品回収に対応している業者や、24時間365日フリーダイヤルがつながる業者も。行政サービスは、平日の指定日時にしか利用できませんが、不用品回収業者は都合の良い日時を伝えれば、都合に合わせて来てくれます。

自治体で回収不能な物も回収してもらえる

資源の有効な利用の促進に関する法律が策定されたため、行政サービスでは、家電製品は処分できません。また、ガソリンや軽油などの石油類や薬品類、ピアノやタイヤなども対象外です。しかし、行政サービスで回収不能な物も不用品回収業者であれば回収してもらえます。

リサイクル対象品は買い取ってもらえる

近頃は、電化製品や家具の輸出という流れもあり、リサイクル対象の家財道具を無料で回収する不用品買取サービスも登場。このようなサービスを活用すれば、廃棄処分として料金を支払わなくて済むので、行政サービスよりも使い勝手が良くなってきています。場合によっては、現金化できる場合もあります。

不用品の搬出作業をお任せできる

行政サービスを利用して不用品処分をする場合は、指定された場所まで、不用品を運ばなければいけません。品目にもよりますが、電化製品や家具の場合は相当な重労働になります。不慣れな搬出をした結果、壁などにぶつけてしまうというトラブルも多いです。
しかし、不用品回収業者に依頼すれば、搬出作業に慣れたベテランスタッフが部屋から運んでくれるため、そのような心配も必要ありません。

家具の解体を依頼できる

部屋で組み立てた家具が大きくて、搬出できないこともあります。このような場合は、家具の解体を行うか、クレーン車で吊り下げ搬出を行わなければいけません。どちらの方法も相当な労力になります。しかし、不用品回収業者は実績を豊富に持っているプロです。そのため、搬出が難しい家具の解体までお任せできます。

ゴミの分別の手間が省ける

自分自身でゴミを処分する場合は、種類別に分類しなければいけません。また、ゴミを出せる曜日は種類で異なるため、一度に片付きません。しかし、不用品回収業者に依頼をすれば、ゴミの仕分けまで行ってもらえて、当日に部屋がスッキリと片付きます。

オプションサービスが利用できる

業者によってオプションの内容は異なりますが、ハウスクリーニング・解体工事・遺品整理などのサービスが用意されています。これらを上手に活用してみましょう。

例えば、退去時に出た不用品を回収してもらう際にハウスクリーニングをしてもらえば、大家さんも喜んでもらえるでしょう。また、実家の遺品整理と解体工事を併せて依頼すれば、更地にまでしてもらえます。手間が省けるだけではなく、さまざまなサービスを併用することで、料金も安くなるため、オプションサービスも上手に活用してみてください。

不用品回収業者を利用するデメリット

不用品回収業者はメリットだけではなく、デメリットも存在します。ここでは、デメリットについて解説します。

自治体と比較すると料金が高い

不用品回収業者は行政サービスと比較すると料金が高いです。どれぐらい高くなるかは下記の表を参考にしてみてください。

品目 自治体 不用品回収業者
ベッド 1,280円 3,675円~
冷蔵庫 1,950円 4,200円~
洗濯機 1,950円 3,675円~
テレビ 1,950円 3,150円~
タンス 1,280円 3,500円~
食器棚 1,280円 3,150円~
エアコン 1,950円 3,150円~
ソファー 1,280円 3,150円~
テーブル 1,280円 2,000円~

業者選定に時間がかかりやすい

不用品回収業者の料金は明確に定められていなく、業者によって大きく異なります。また、営業時間やサービス内容も異なるため、業者選定に時間がかかりやすいです。最初から一社に業者に絞り込んでしまうと、適正な料金であるかの判断ができません。そのため、時間が多少かかっても、複数社に見積依頼をして比較検討してください。

不用品回収業者のトラブルも多い

一般廃棄物収集運搬許可を持ち運営している不用品回収業者がいますが、これらの許可証を取得していなくても運営することができます。誰でも行える事業のため、悪質業者が増えています。

無料回収を大々的に謳っておきながら、作業終了後に「搬出費は無料ですが、人件費や車両費は有料です」と高額な請求をする業者も存在するようです。また、回収後に不用品を不法投棄する業者もいます。このようなトラブルは多発しています。そのため、業者を見極める目を持つことが大切です。

悪質な不用品回収業の見極め方

不用品回収業者の中に、悪質業者存在すると説明しましたが、どのように優良業者と悪質業者を見極めれば良いのでしょうか?ここでは、悪質業者の見極め方をご紹介します。

街中を大音量アナウンスで巡回している

街中を大音量アナウンスで、巡回している不用品回収業者を見かけたこともあるかもしれません。しかし、必ず処分費用が発生するため、無料回収すると赤字経営になってしまいます。そのため、無料回収を安易に信用しないようにしましょう。

また、地域の住民から高い支持を集めている不用品回収業者であれば、大音量アナウンスを流さなくても、お客様がいるはずです。そのため、街中を大音量アナウンスで巡回している業者には注意をしましょう。

宣伝広告をしている

チラシやWeb広告を使用している業者は、必ずしも悪質業者ではありませんが、広告費用が発生しています。広告費用をかけた分だけ、仕事の受注をしなければいけなくなるため、費用が割高になってしまいがちです。そのため、少しでも格安料金で依頼したい方は、地域に根付いている格安不用品回収業者を利用するようにしましょう。

ホームページを所有していない

不用品回収業者の中には、ホームページを所有していない業者も存在します。巡回車やチラシを配布している業者に多いですが、会社の所在地や電話番号が分からない業者に依頼するのは控えてください。

万が一、トラブルが発生した場合に、住所や電話番号が分からなければ、問い合わせすることはできません。そのため、ホームページがあり所在地が明確な業者に依頼をしましょう。

見積書の内訳が記載されていない

見積金額の内訳に「一式」と明記されていたら気をつけてください。不用品回収費用の内訳は、搬出作業費・階段料金・スタッフ追加料金・車両費・出張費・梱包費があります。どの作業がいくらなのか明確にしなければ、スタッフ1名分の追加費用代が請求されてしまいかねません。そのため、明瞭な見積書を作成してもらってください。

実績が紹介されていない

不用品回収業者のランキングサイトなどがありますが、1位を受賞しているにも関わらず実績が紹介されていない業者は要注意です。そのような業者は、ランキングサイトに広告料金を支払っている恐れがあります。

信頼できる不用品回収業者であるか、ホームページに掲載されている実績を確認しましょう。実績が豊富に紹介されている業者であれば、手際良く片付けを行ってくれるはずです。

一般廃棄物収集運搬許可を所有していない

一般廃棄物収集運搬許可も必須ではありませんが、この許可証は自治体が出しているため、信頼できる業者の1つの基準となります。そのため、必ずトラブルを避けたいという方は、一般廃棄物収集運搬許可を所有している業者かを確認してみてください。

おすすめの不用品回収業者3選

不用品回収業者の仕組みについて理解して頂けたと思いますが、実際にどこの業者に依頼すれば良いのでしょうか?ここでは、不用品回収業者の中でも、おすすめの不用品回収業者をご紹介します。

粗大ゴミ回収隊

粗大ゴミ回収隊は、業務効率化と広告宣伝費の削減によって業界最安値を実現している不用品回収業者です。定額パック料金の軽トラックのせ放題プランは14,800円で利用できますが、他店と比較しても圧倒的な安さです。
格安が魅力となっている業者ですが、サービスも高品質なのが嬉しいポイント。粗大ゴミ回収の実績を豊富に持っており、高度な技術を持ったスタッフが片付けを担当します。そのため、4LDKのゴミ屋敷化した部屋でも1日で片付けを終えることができるのです。手際の良さは、情報番組グッディでも取り上げられました。
そのため、低価格でありながらも安心して依頼できる不用品回収業者をお探しの方におすすめの業者です。(2020年8月追記)

サービス内容 不用品回収・不用品買取・ゴミ屋敷の片付け・引越しの粗大ゴミ処分・ハウスクリーニング・遺品整理
料金目安 軽トラックのせ放題プラン:14,800円
受付時間 8:00~24:00
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
キャンペーン WEB限定2,000円割引クーポン、引越しシーズン割引キャンペーン

COMODO

(出典元:https://www.haihinkaisyuu.com/)

COMODOはお客様の要望に応えるべくサービス品質を常に見直している不用品回収業者です。「仕分け作業や分別ができない」「急な片付けをしなければいけなくなった」というお客様の悩みを解決してくれます。
倉庫片付けサービスのパック料金の種類が豊富で、SSプラン~LLプランまで用意されています。一番小さな容量のSSプランは、0.6㎥まで積めるエントリープランで9,800円から利用できるので大変便利です。
そのため、倉庫内にある少量の不用品の処分を検討しているという方は、お得に不用品を処分することができます。(2020年8月追記)

サービス内容 不用品回収・不用品買取・オフィスや店舗の片付け・遺品整理・片付けサービス
料金目安 積み放題SSプラン:9,800円
受付時間 9:00~20:00
対応エリア 東京都・神奈川県
キャンペーン

リ・バスター

(引用元:https://re-baster.com/)

リ・バスターは、法人や店舗、倉庫の不用品回収の実績を豊富に持つ不用品回収業者です。2017年度、2018年度の2年間で20,000件の片付けを行ってきました。多くの実績を積んだリ・バスターは、お客様の立場を配慮した片付けを得意としており、通常業務に支障が出ないように夜間や週末による作業にも対応しています。
また、個人情報が記載されている書類や、大事なデータが保存されているPCなどを処分する際は、データの消去まで対応するなど顧客目線を大切にしている片付け業者です。(2020年8月追記)

サービス内容

不用品回収・ゴミ屋敷の片付け・遺品整理・特殊清掃・生前整理・オフィスの移転・解体・リフォーム・解体

料金目安

軽トラックプラン:24,000円

受付時間

0:00~24:00

対応エリア

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県

キャンペーン

まとめ

ここでは、不用品回収業者の特徴をご紹介しました。近頃は、不用品の輸出などの傾向も強くなってきているため、行政サービスと変わらない料金で回収できる不用品回収業者も続々と登場しています。また、ハウスクリーニングや解体工事などのサービスを提供している業者もあるため、上手に活用すれば、お得なサービスが受けられるでしょう。

しかし、不用品回収業者の中には、悪質業者も存在します。そのため、慎重に業者選定をしてください。粗大ゴミ回収隊でも不用品回収の依頼を受け付けています。業界最安値のため、少しでも料金を安く抑えたいという方におすすめです。ぜひ、お気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る