依頼前に知りたい!ゴミ屋敷の片付け業者を安く使うコツを徹底解説

2019年11月25日

「ゴミ屋敷を片付けたいけれど、自分で片付けられる量ではない…」「近所の人にゴミ屋敷だとバレるのが恥ずかしい…」と悩んでいる方は多いです。このような場合は、片付け業者を利用しましょう。

依頼する際に気になるのは料金だと思います。料金は可能な限り安く抑えたいと思うものです。この記事では、ゴミ屋敷の片付け費用を安く抑えるコツをご紹介します。

ゴミ屋敷の片付け業者の費用相場

ゴミ屋敷の片付け

ゴミ屋敷の片付けを行いたい場合、気になるのは料金と作業時間だと思います。料金も作業時間も、部屋の大きさや粗大ゴミ回収業者によって変動します。平均的な料金や作業時間は、下記の通りですが、目安としてご参考にしてみてください。

部屋の大きさ 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 3万円~8万円 1~2名 1時間
1DK 5万円~12万円 2~3名 2時間
1LDK 7万円~20万円 2~4名 2時間~6時間
2DK 9万円~25万円 2~5名 2時間~6時間
2LDK 12万円~30万円 3~6名 3時間~8時間
3DK 15万円~40万円 3~7名 4時間~10時間

※また、ゴミ屋敷の片付けの場合はクリーニング費用が別途かかります。

片付け業者の依頼費用の内訳

トラック積放題

ゴミ屋敷の片付けの費用相場をご説明しましたが、費用の内訳は「搬出作業費」「階段料金」「スタッフ追加料金」「車両費」「出張費」「梱包材料費」で成り立っています。見積もりを依頼した場合は、見積金額だけを確認するのではなく、必ず、費用の内訳も確認してください。内訳を確認せずに、片付け作業を依頼してしまうと、どの作業にいくらかかっているのか分からず、料金トラブルが発生しやすくなるので注意しなければいけません。

搬出作業費

搬出作業費とは、家具・家電を部屋から運び出してもらう際にかかる費用です。スタッフの人件費とも呼ばれます。専門スタッフが搬出をしてくれるため、安心してお任せすることができますが、建物を傷つけずに搬出するにはテクニックを要します。

階段料金

大型家具・家電を搬出する場合は労力が必要です。2階以上の建物でエレベーターが付いていない場合や、エレベーターはあるけれど、家具・家電が大型で入らない場合は、階段を使用しなければいけません。2階よりも3階、4階と階層が上がるたびに労力の負荷は大きいものとなります。そのため、片付け依頼の見積金額には、階数に応じた階段料金が含まれることが多いです。

スタッフ追加料金

片付けを依頼する際は「当日中に片付け作業を終わらせて欲しい」「12時までに片付け作業を終わらせて欲しい」など希望の終了時間を指定してくる人もいます。短時間で作業を終わらす場合は、スタッフを増員しなければいけません。スタッフは1名追加するごとにスタッフ追加料金が発生します。

車両費

片付け業者が保有しているトラックには維持費がかかっています。洗車・車検・修理代金・自動車保険料など毎月維持費がかかっています。このような車両費も見積金額に含まれています。

出張費

現場まで訪問する場合は、ガソリン代や高速料金が発生します。また、自宅前に駐車場が用意されていない場合は、有料駐車場を使用しなければいけません。これらの出張に係る料金は、出張費として見積金額に含まれています。基本的に現場から遠いほど、出張費は高くなるため、片付け作業を安く抑えたい場合は、近場の片付け業者を利用してみてください。

梱包材料費

部屋の片付けを行う場合は、梱包材料や清掃道具が必要です。ダンボール・緩衝材・養生などの保護する道具から、軍手・ゴミ袋などの清掃道具は業者側から支給されますが、これらの梱包材料費も見積金額に含まれています。

ゴミ屋敷の片付け業者を安く使う5つのコツ

ゴミ処理費用を安く抑える

ゴミ屋敷の片付け業者の費用の平均相場を解説しましたが、費用を安く抑えるコツもあります。

1.複数社で比較検討する

見積りを取得する際は、一社に絞り込まずに複数社で比較検討することをおすすめします。相見積もりをすることで、悪徳業者に騙されずに済み、また、業者の中には他社よりも1円でも高ければ金額交渉に応じてくれる業者もあります。そのため、依頼費用が妥当な金額かを確認するためにも、見積りは複数社から取りましょう。

2.現場見積時に価格交渉をする

ゴミ屋敷の片付け費用の現場見積りをしている最中に、価格交渉をしてみる方法も1つです。

現場見積りの作業員は「せっかく、現場に来ているのだから契約をして会社に戻りたい」と思っています。そのため「価格を値下げしてくれたら、契約します」と交渉することによって、値引きに応じてもらいやすくなります。

3.業者の都合の良い日に作業を依頼する

早い段階で見積りは取得してください。また、ゴミ屋敷の片付けを急いでいない場合は、業者の都合の良い日に作業を依頼しましょう。
引越しシーズンなどの時期は、粗大ゴミ回収業者も繁忙期となり、この時期に依頼をすると依頼費用も高くなります。逆に閑散期は安くなります。そのため、業者の閑散期を狙って作業を依頼することによって、安い料金で依頼することができます。

4.買取サービスを利用する

ゴミ屋敷の中には、まだ使用できる家電や家具が眠っているかもしれません。これらのリサイクル品は、キレイにとっておくことで高価買取をしてもらえる場合があります。買取サービスのある粗大ゴミ回収業者を利用すれば、リサイクル店に持っていかなくても良いため便利です。

5.清掃サービスなどと合わせて依頼する

粗大ゴミ回収業者の中には、清掃サービスを提供している業者もあります。片付けと同時に清掃サービスを併せて依頼すれば、トータル費用を安く抑えることができます。そのため、業者のサービス内容はジックリと比較検討しましょう。

6.現場の近くにある片付け業者に依頼する

片付け作業の見積金額には「出張費」が含まれていると説明しましたが、遠い現場ほどガソリン代や高速料金代、スタッフ人件費がかかります。そのため、少しでも料金を安く抑えたい方は、現場の近くにある片付け業者に依頼する方法も安く依頼するコツです。

ゴミ屋敷の片付け業者を安く使う場合の注意点

粗大ゴミ回収業者の注意点

ゴミ屋敷の片付け業者を安く使うコツをご紹介しましたが注意点もあります。

清掃費用が含まれているかを確認する

ゴミ屋敷の場合は、悪臭や害虫が発生しているケースが多いです。そのため、部屋の中にあるゴミだけを片付けても、これらの問題は解決しません。片付け後にハウスクリーニングをする必要があります。そのため、見積金額の中に清掃費用が含まれているかを確認しましょう。

激安・格安の理由を調べる

片付け費用が安いに越したことはありませんが、料金の安さに魅了されて安易に依頼してしまうと、悪質業者に騙されてしまいます。そのため、業者のホームページは必ず確認して激安・格安の理由を調べましょう。

「広告宣伝費を使用していない」などの安さの理由を明確に記載している業者であれば、安心してお任せすることができるはずです。

免許許可を取得している業者かを調べる

粗大ゴミ回収業者の質も作業を依頼する上で重要です。

・優良事業所認定を受けている
・古物商許可証などの免許を持っている
・関連団体からの表彰実績などがある

など、客観的に証明できる内容で、信頼ができる業者かどうかを確認してみてください。

格安のゴミ屋敷の片付け業者なら「粗大ゴミ回収隊」

粗大ごみ回収隊の魅力

これまで、ゴミ屋敷の片付け費用を安く抑えるコツについてご紹介しましたが、ゴミ屋敷の片付けは「粗大ゴミ回収隊」へご相談ください。ここでは、粗大ゴミ回収隊の魅力をご紹介します。

魅力1:業界最安値に挑戦

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値に挑戦をしている業者です。費用を明確にお伝えしますが、お伝えした金額に追加費用が発生することはありません。そのため、安心して以来していただきます。もちろん、お見積りやキャンセル料も無料です。また、他社の見積金額でも1円でも高ければ、ご相談していただければ、価格の交渉にも応じます。

魅力2:高品質なサービス

粗大ゴミ回収業者では、従業員の教育にも力を入れています。従業員の中には、遺品整理士などの資格を保有している従業員もいて、その対応は高い評価を得ています。

また、スピード対応も得意としており、お問い合わせ後、最短25分でのお伺いが可能です。作業もスピーディーなので、早くゴミ屋敷を片付けたいという方におすすめです。

魅力3:高価買取サービス

粗大ごみ回収隊では、家電や家具の高価買取サービスを実施しています。まだ使用できるリサイクル品に該当した場合は、高価で買取させてもらいます。買取金額は依頼費用と相殺となるため、少しでも片付け費用を安く抑えたいという方に最適です。

まとめ

この記事では、ゴミ屋敷の片付け業者を安く使うコツについてご紹介しました。業者の繁忙期シーズンを避けて閑散期に依頼したり、複数社の業者の見積金額を比較検討することによって、依頼費用を安く抑えることができます。

しかし、依頼費用は安ければ良いというわけではありません。粗大ゴミ回収業者の中には、悪質業者も存在します。そのため、信頼のできる業者なのかどうかを必ず確認するようにしましょう。

粗大ごみ回収隊でも、ゴミ屋敷の片付けができます。他社との大きな違いは、ハウスクリーニングまでワンストップで依頼でき、トータルコストを抑えられることです。そのため、部屋のクリーニングまで検討の方は、粗大ごみ回収隊にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る