不用品回収の2トラック積み放題はお得?メリット・デメリットを解説

2020年02月04日

大量の不用品をまとめて処分するため、トラック積み放題プランを利用したいと思っている方もいるでしょう。しかし、利用方法を間違えてしまうと、処分費用が高くなってしまうため注意しなければいけません。

ここでは、2tトラック積み放題のサービスの特徴やメリット、デメリットについて分かりやすく解説します。ぜひ、大量の不用品処分を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

不用品回収の2tトラック積み放題とは

家の中にある家財道具類や電化製品などの不用品を処分することができるサービスですが、2tトラックに積み込める分だけは、定額で利用することができます。

行政粗大ゴミ回収に処分を依頼する場合、指定場所まで不用品を運び出さなければいけなかったり、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品の回収は断られて、別窓口に依頼するようになったりと手間がかかることが多いです。しかし、不用品回収業者のトラック積み放題プランを利用すれば、処分費用を抑えつつも、部屋から荷物を搬出する手間も省くことができます。

2tトラック積み放題のメリット

2tトラック積み放題プランを利用すれば、次のようなメリットが得られます。

大量の不用品をまとめて処分できる
2tトラックの体積は7,0㎥なので、ゴミ屋敷や遺品整理の片付け作業ではない限り、一般的な家庭で出る不用品であれば、2tトラックで間に合うでしょう。結婚する機会に、ひとり暮らしで使用していた家具や家電をまとめて処分したいという方が多く利用しています。

・解体ができない家具も積める
TVボードなど、その場で簡単に解体できない大きな家具を処分したい場合もあるでしょう。このような家具を処分する場合、小さなトラックでは積めない恐れもあります。しかし、2tトラックであれば安心して積みことができるでしょう。

・業者に搬出作業を任せることができる
不用品の搬出作業は大変です。大量の不用品を搬出する作業は、男性であっても難しいでしょう。行政の粗大ゴミ回収サービスでも処分費用はかかるため、労力を考えると、不用品回収業者のパックを利用した方が便利です。専門のスタッフが対応するため、すぐに搬出作業が終わります。

・必要な物と不要な物を分別してもらえる
不用品処分をする場合、必要な物と不要な物を分別するのも大変です。仕事が忙しいと、そのような分別作業をする余裕がありません。しかし、不用品回収業者に依頼をすれば、必要な物と不要な物の分別までしてもらえます。そのため、断捨離をしたいという方からも人気です。

2tトラック積み放題のデメリット

・回収後に料金の調整ができない
2tトラック積み放題プランは、どれだけ積めるか分かりづらいです。2DK~2LDKの片付けに便利だと一般的に言われていますが、ゴミの分量によっても変わります。

トラック積み放題プランには、小さいサイズとして「1.5tトラック積み放題」、大きいサイズとして「4.0tトラック積み放題」があります。一度、依頼をしてしまうと料金の調整ができないため、必ず現場見積をしてもらうようにしましょう。

・回収できない不用品もある
2tトラック積み放題は、大量の不用品処分に便利ですが、どのような物でも回収してもらえるわけではありません。ペンキなどの液体用品や生ごみなどは回収の対象外です。そのため、家庭用生ごみなどは自分で処理しなければいけません。

・狭い住宅街には向かない
2tトラックを自宅の前に止めてしまうと、道路を塞いでしまい、近隣の方に迷惑をかけてしまうでしょう。大量の不用品を処分する場合、プロの方でも数時間程度はかかってしまいます。長時間止めていると、近隣クレームが発生してしまうこともあるため、注意が必要です。そのため、狭い住宅街の場合は、軽トラックで数回に分けて不用品を処分することをおすすめします。

2tトラック積み放題を利用する際の注意点

2tトラック積み放題プランは、大量の不用品回収を依頼する際に便利であると理解して頂けたと思います。しかし、依頼をする際は注意しなければいけないこともあるので、次のようなところに気をつけましょう。

1.追加費用が発生しないか確認する

各業者で、2tトラック積み放題プランが用意されていますが、サービス内容はそれぞれ異なります。搬出作業費・階段料金・スタッフ追加料金・車両費・出張費・梱包費が、パックプランに含まれているかどうかを必ず確認しましょう。

業者の中には、スタッフ人数を追加依頼したり、階段の回数に応じて料金が変動したりすることがあります。そのため、金額だけではなく内訳もチェックして、追加費用が発生しないかどうかを確認するようにしましょう。

2.回収できない品目があるかを確認する

また、不用品回収業者によって回収できる品目が異なります。業者の中には、電化製品の回収だけに対応をしている業者や、オフィスの廃棄産業物には対応できない業者などがあります。そのため、依頼前に回収できない品目があるかどうかを、必ず確認してください。

3.優良業者であるかを確認する

近頃は、不用品回収のトラブルが相次いでいます。悪徳業者に依頼をしてしまうと、回収した不用品を違法投棄されたりします。もし、不用品の違法投棄をしてしまった場合は、依頼者にも罪が問われてしまい罰金の対象となるため注意してください。

また、悪徳業者であれば、作業後に高額な請求がされることもあります。このようなトラブルを避けるためにも、一般廃棄物処理業の許可を取得しているかを確認したり、不用品回収実績を豊富に持っているかを確認しましょう。

2tトラック積み放題プランである良くある質問

これまで、2tトラック積み放題のメリット・デメリットについて解説してきましたが、お客様から良くある質問をご紹介します。

Q.不用品回収の2tトラック積み放題の積乗量とは

2tトラックの最大積乗量は、2tです。トラックの重量が2tというわけではありません。洗濯機が70kg、冷蔵庫が60kg、ソファーが30kg、ダイニングテーブが20kgであることを考えると、一般的な家庭の不用品回収は2tトラックで間に合うでしょう。

積み荷は車両の長さに関係しているため、その場ですぐに解体できない不用品も出てくることもあるでしょう。そのため、大きな家具や家電を処分したい場合は、2tトラックで依頼をしましょう。

Q.不用品回収の2tトラック積み放題はお得なのか

結論から説明すると、2tトラック積放題はお得です。
従来の不用品回収業者は、単品回収を行っていました。不用品を回収している最中に「まとめて不用品を処分したいのだけれど、料金は安くならないの?」というお客様からの質問、要望が多かったため、トラック積み放題プランは登場しました。
どの不用品を積むかにもよりますが、単品ずつ回収をする費用の半額程度で不用品を処分することができます。そのため、大量の不用品を処分する場合は、2tトラック積み放題プランを活用してみてください。

Q.依頼する際のポイントはありますか

見積りは写真を撮影してメールで見積もりを依頼するのではなくて、実際に現地を見てもらい見積りをしてもらいましょう。写真だけでは、どれぐらいの分量になるか曖昧になってしまいます。トラック積み放題は、何種類か用意されているため、最適なプランで依頼するためにも、まずは現地確認をしてもらってください。

まとめ

2tトラック積み放題プランは、積乗量が大きいため、その場で解体ができない大きな家具を処分したい場合などにも活用できます。
お得に利用するためにも、電話やメールの見積もりではなく、現地訪問の見積もり依頼をして、どの程度の大きさのトラックを用意すれば良いかをプロに確認してもらうことが大切です。

粗大ゴミ回収隊では、「軽トラックのせ放題」「1tトラックのせ放題」「2tトラックのせ放題」「4tトラックのせ放題」の4種類のサービスを用意しています。業界最安値となっているため、不用品をまとめて処分したいと考えている方は、ぜひ、粗大ゴミ回収隊にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る