部屋の片付け業者を安く使うコツと依頼する際の注意点を徹底解説

2019年11月25日

「部屋の片付けを業者に依頼をしたいけれど、費用が気になる…」と悩む方も少なくありません。また、片づけを依頼するなら、少しでも安く依頼したくなりますが、コツを押さえれば、料金を安くすることができるのです。どのようにすれば良いのでしょうか?

この記事では、部屋を片付ける際に業者を安く使うためのコツをご紹介します。部屋の片付け依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

片付け業者を安く使うためのコツ

片付け業者 安く

片付け業者を安く使うためにはコツがあります。そのため、まずは、片付け業者を安く使うためのコツを押さえておきましょう。

早い段階で見積りを取得する

片付け業者に依頼するときには、事前に見積書を取得することが大切です。片付けを当日に行いたいと思う方も多いですが、そのような急な依頼は、粗大ゴミ回収業者にとって、大きな負担となってしまいます。そのため、当日料金が加算されてしまうことも少なくありません。このような料金の加算を防ぐためにも、急ぎの片付けではない場合は、事前に見積りを取得してみましょう。

見積書を比較検討する

見積りの依頼は一社に絞り込むのではなくて、複数社に依頼をしましょう。料金を比較するためにも3社に見積もりを依頼することをおすすめします。複数社の業者の見積依頼が大変だと感じる方は、一括で見積依頼ができるサービスも登場しているため、このようなインターネットサービスを使用しましょう。

値段の交渉をする

複数社の見積り依頼をする理由は、その業者が最適な価格かを調べることです。また、粗大ゴミ回収業者も依頼が欲しいため、自社に依頼してもらうために値段交渉に応じてもらいやすくなります。そのため、複数社を比較していることを話して、値段の交渉をしましょう。

値段の交渉は、現場見積りをしてもらっているときがおすすめです。実際に現場を確認してもらうことで、再見積もりとなることはありません。また、業者側も「契約して帰宅したい」と思っているため、「値引きをしてくれたら、即決します」と交渉すれば、応じてもらいやすくなります。

作業日時を業者に合わせる

引越しシーズンなどは、片付け業者の繁忙期に入ります。そのため、このようなシーズンに片付けを依頼すると、通常より料金が高くなってしまうこともあります。片付けを急いでいない場合は、業者側の閑散期を狙うことがポイントです。閑散期であれば、値引きをしてもらいやすくなります。そのため、作業日時は業者に合わせるようにしましょう。

プランを確認する

片付けをする場合は、粗大ゴミ回収業者のプランを確認するようにしましょう。どのようなプランがあるのかを把握しておくことで、最適なプランを選ぶことができます。

また、汚部屋やゴミ屋敷の片付けをする場合は、不用品の回収や処分だけではなく、ハウスクリーニングも必要です。ハウスクリーニングのサービスと合わせて依頼することで、値引きしてもらえることがあります。

オプション料金を確認する

片付けをする場合は、オプション料金が別途かからないかを確認しなければいけません。トラックが入れない細い道に自宅がある場合、大きな道路まで荷物を運ぶまで手間がかかります。
また、エレベーターがないマンションの高層階に住んでいると、重い荷物を運ぶのに大きな負担がかかります。このような悪条件の作業は、オプション料金が発生することも多いです。そのため、見積りの際には追加費用が発生しないかを確認しましょう。

片付け業者を安く使う際の注意点

片付け業者 注意点

片付け業者を安く使うコツを紹介しましたが、注意点もあります。ここでは、片付け業者を安く使う際の注意点をご紹介します。

ハウスクリーニング代が含まれているか確認する

汚部屋やゴミ屋敷を片付ける場合は、不用品処分だけではなくハウスクリーニングも必要になります。そのため、見積金額にハウスクリーニング代が含まれているのかを確認してください。

クリーニング代が含まれていると思い込んでいたため、当日現場で依頼をしたら料金が割高になるというケースも少なくありません。粗大ゴミ回収業者の中には、片付けと清掃は別物として取り扱っている場合も多いため、必ず確認をしましょう。

必要な物と不要な物を選別できる業者か確認する

粗大ゴミ回収業者を利用して、遺品整理を行いたい方もいるでしょう。部屋の中には不用品が多いけれど、中には貴重品も含まれていることが多いです。遺品整理の場合は、故人が貴重品をどこにしまったのか分からない場合がほとんどなので、必要な物と不要な物を分別するのは一苦労です。

そのため、部屋の中の物をすべて処分するのではない、分別をしてもらえる業者を選ぶようにしましょう。遺品整理士などの資格を保有しているスタッフが在籍している業者を選ぶと安心して依頼することができます。

リユース品の買取サービスを行っているか確認する

ゴミ屋敷の片付けをする場合は、リユース・リサイクルできる家電や家具が眠っていることが少なくありません。そのような品物を高価買取してもらえたら、片付け費用をさらに安くすることができます。

リユース品が高額になるケースは少ないですが、不用品だと思っていたものが現金に換えられると嬉しくなるものです。そのため、買取サービスを行っている業者かどうかも確認しましょう。

片付け業者を安く使うためにやるべきこと

片付け業者 安く利用

片付け業者を安く使うコツをご紹介しましたが、自分でできることをやっておくことで、さらに料金を安く抑えられます。ここでは、片付け業者を安く使うためにやるべきことをご紹介します。

片付け業者の平均相場を把握しておく

片付け業者に安く依頼をしたいと値切り過ぎてしまうと、悪質業者に騙されてしまう恐れもあります。そのため、片付け業者の平均相場は必ず把握しておきましょう。平均相場を把握しておくと、どれだけ値切れたかを確認することができます。

間取り 料金
1R・1K 3万円~8万円
1DK 5万円~12万円
1LDK 7万円~20万円
2DK 9万円~25万円
2LDK 12万円~30万円
3DK 15万円~40万円
3LDK 17万円~50万円

※業者によって料金は変動するため、およその目安の参考にしてください。

自分でできる範囲はやっておく

ある程度のゴミ分別など、簡単な片付けは自分で済ませて、残りを片付け業者に依頼することで、料金を安く抑えることができます。
少し手間がかかってしまいますが、少しでも依頼費用を安く抑えたいという方は、自分でできる範囲の片付けを済ませましょう。

家電や家具はキレイにしておく

不用品の中でも高額で売れそうなものであれば、それを事前に買取対象商品として保管しておくという方法も有効的です。未使用の家電、家具、ブランドの洋服などが買取商品となりますが、少しでも汚れていると買取価格が下がってしまいます。そのため、業者に片付けを依頼する前に、買取対象となりそうな商品はキレイにしておきましょう。

片付け業者を安く使うなら「粗大ごみ回収隊」へ

粗大ゴミ回収隊

これまで、片付け業者を安く使うコツについて解説しましたが、片付けを検討している方は「粗大ごみ回収隊」へご相談ください。粗大ゴミ回収隊は3つの魅力があります。

魅力1:業界最安値に挑戦

粗大ごみ回収隊は業界最安地に挑戦をしている粗大ゴミ回収業者です。他社の見積金額より1円でも高い場合は、相談をしていただければ相談に応じます。そのため、少しでも依頼費用を抑えたいという方におすすめの粗大ゴミ回収業者です。

魅力2:豊富なプランを用意

粗大ごみ回収隊は、さまざまなプランをご用意しています。そのため、片付けの依頼内容に応じた最適なプランをご提案します。競合他社にあるような「トラック積放題プラン」もご用意。また、不用品回収や処分だけではなく、ハウスクリーニングのサービスも用意しているため、ワンストップで依頼いただければ割引が適用できます。

魅力3:高価買取サービス

粗大ごみ回収業者では、まだまだ使用できる家具や家電の高価買取サービスを実施しています。買取金額は依頼費用と相殺させていただくため、少しでも依頼費用を下げたいというお客様の要望を叶えます。

まとめ

この記事では、片付け業者を安く使うコツについてご紹介しました。依頼費用を安く抑えるためには、業者依頼時の交渉や依頼前に自分で片づけを行うことなどがポイントになってきます。また、業者のサービス内容を把握して、よりお得になるようなサービスを組み立てることも大切になってきます。

もし、部屋の片付けにも対応している粗大ごみ回収隊では、不用品の処分や回収、ハウスクリーニングまでワンストップでご依頼可能です。まとめて依頼することで費用を安く抑えることができます。業界最安値に挑戦している業者でもあるため、価格を抑えたい方は、ぜひ、粗大ごみ回収隊へご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る