部屋の片付け手順の10のコツを徹底解説!効率よく進める極意

2023年07月20日

0120-847-531
部屋の片付け手順の10のコツを徹底解説!効率よく進める極意

この記事では部屋の片付け手順の10のコツを徹底解説します。

部屋の片付け手順は以下の順番で行うと効率良く進められます。

  • 1.片付けの計画を立てる
  • 2.モノを分別する
  • 3.必要なものを収納する
  • 4.不用品やゴミを処分する

これらの手順ごとのコツがわかる内容ですので、片付けをスムーズに進めたい方はぜひ最後までご覧ください。

安藤 秀通(ひでまる)

この記事を監修いただいた専門家

インテリア&整理収納のサポートをするRoomstylist。ディズニーストアや美術館や水族館のミュージアムショップでVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)を担当。テレビやWEBメディアで多数取り上げられ、自宅を使ったセミナーは大人気。各種SNSや公共施設やIKEAや無印良品などの社内セミナー、動画配信で整理収納術を積極的に発信中です。著書に『47㎡、2人暮らし 大好きだけが並ぶ部屋作り』。プライベートでは築35年のリノベーションマンションで男性パートナーと2人暮らし。

続きを読む

記事へのコメント

皆様、こんにちは。RoomStylistのひでまるです。本日は、効率的な部屋の片付けのコツに焦点を当てて、スムーズな整理整頓の方法をご紹介します。片付けを通じて、すっきりとした快適な空間を取り戻しましょう。

記事へのコメント

部屋の片付けをスムーズに始めるコツ

部屋の片付けをスムーズに始めるコツ

部屋の片付けは、始めが肝心です。

無計画にいろいろな場所に手をつけて片付けをすると途中で挫折してしまいます。

また気分がのらず、片付けを始めることが億劫になる方も、スムーズに片付けを始められるよう、以下のコツを押さえてください。

①スケージュール・計画を立てる

部屋の中をやみくもに片付け始めるのではなく、片付けのスケージュール・計画を立てることが大切です。

  • 片付けにかかる時間(いつまでに終わらせるか)
  • 片付ける場所(できるだけ具体的に)
  • 片付けに必要な道具

上記のような必要な片付け計画を紙に書き出す、スマホのメモにいれるなどで作成します。

スケージュールを立てることは、ゴールを設定することでもあります。

ゴールがないといつまで経っても部屋の片付けが終わりません。

②必要なものを事前にそろえる

部屋の片付けスケージュール・計画ができたら、必要なものを事前にそろえておきましょう

片付け作業を始めてから、あれこれ道具を探すことになると効率が悪いです。

一部屋の片付けに必要なものは以下のようなものです。

  • ゴミ袋(10枚ほど)
  • ダンボール
  • ハサミ
  • ガムテープ・養生テープ
  • お掃除シート
  • マスク
  • ラベルシール
  • マジック・ペン
  • メジャー

もちろんこれらすべてを使うわけではありませんが、後からない!と購入しなくてもよいように準備しておくことがスムーズな片付けを始めるコツです。

③収納は新しく買わない

前項で必要な道具を準備することを説明しましたが、収納に関しては別です。

部屋が片付けられない原因は「モノが多い」ことにあります。

収納に入りきらないからと新しく収納を買うことで、さらにモノが増えて片付けられないという悪循環に陥ります。

モノを減らすことが片付けやすい部屋につながるため、収納は増やさないのがコツです。

場合によっては、収納そのものを処分することも検討してみてください。

④不用品処分の方法を調べておく

部屋の片付けが終わったら、不用品やゴミの処分をする必要があります。

地域のゴミ収集の日は決まっているため、不用品がいつ処分できるのかを把握しておきましょう。

とくに粗大ゴミ回収は自治体での戸別回収では、申し込みから回収まで時間がかります

最短でも2週間くらいは、自宅に置いておくことになるため、不用品、粗大ゴミを保管しておく場所も確保しておかなければなりません。

実は、片付け最後の「不用品処分」で時間が経過してしまい、片付けが最後まで終えられない方も多いのです。

引越し前の片付けやすぐに不用品処分をするのであれば、粗大ゴミ回収業者を使うのが便利です。

粗大ゴミ回収業者なら即日で対応しているため、当日でも不用品処分ができます。


Avatar

粗大ゴミ回収隊WEB担当

部屋の片付けを始める際の最初のステップは何ですか?

Avatar

ひでまる

まずは、片付ける範囲を明確にし、必要な物と不要な物を区別することから始めます。一つの場所から始めて、物を分類しながら進めると良いでしょう。

部屋の片付け作業のコツ

部屋の片付け作業のコツ

次に実際に部屋の片付け作業を進めるうえでのコツを解説します。

部屋の片付け計画に沿って、順番に進めていきましょう。

⑤すべてのモノを出して集める

まずは、収納からいったんすべてのモノを出してください

どんなモノがあるのかを「見える化」して把握するためです。

ゴミ袋やダンボールを敷いて、その上に出したモノをカテゴリごとに集めます。

ここでは、分別を同時に始めないことがコツです。

分別を始めると持っているモノすべてが把握できません。

モノが多くあるために部屋が片付かないことも多くあるので、「持っているモノを把握する」ことを最優先にしてください。

片付けが進まない原因をチェックしたい方はこちら!

⑥3つに分別する

全部のモノが把握できたら、以下の3つに分類します。

  • 必要なモノ
  • 不要なモノ
  • 保留にするモノ

ダンボールには必要なモノと保留にするモノ、ゴミ袋に直接不要なモノを入れて分別するとより効率よく片付けが進みます。

片付けでの分別が上手く進まない方は、次項の分別のコツも併せて押さえておきましょう。

Avatar

粗大ゴミ回収隊WEB担当

片付け作業を効率的に進めるためのコツはありますか?

Avatar

ひでまる

時間を設定してタイマーを使う方法が効果的です。例えば、25分間作業して5分休憩するという「ポモドーロ・テクニック」を取り入れると、集中力が維持できます。

片付けでの整理・分別のコツ

片付けでの整理・分別のコツ

片付けで迷いが出て、時間だけが経過してしまい、途中で片付けを挫折してしまった経験がある方もいらっしゃいます。

次の整理・分別のコツを押さえておけば、迷わずすぐに片付けが進められます。

⑦使う頻度を考える

モノの整理・分別は「使う頻度」で考えるのがコツです。

必要かどうかの基準は、以下のようにルールに沿って分別していきます。

  • 服:1年以上着ていない→不要
  • 本:読み返していない→不要
  • 雑貨:1年以上使っていない→不要

人それぞれ、基準は違っていてもかまいません。

ただ不要とするモノは「ある一定期間使用していない」を基準に決めるのがコツです。

服は流行にも左右され、年齢を重ねると体系も変わって着ないことが多いです。

本は何度も読み返すことがない限り、本棚に並んでいるだけ。

雑貨も使用頻度が低いモノは処分するのがおすすめです。

分別のコツは「迷わない」ということも挙げられます

もし分別で迷ったときは「保留」にしておくと効率が良いでしょう。

⑧保留したものを見直す

いったん「保留」にしたものをさらに細かく分別していきます。

ここで悩んでしまうモノの代表的なのが「人からもらったモノ」「思い出の品」です。

これらはたしかに使う頻度は低いものの、処分するとなると後ろめたい気持ちになります。

しかし、モノを大事に扱うことと、不要なモノをため込んでおくことは別です。

処分したからといって、相手の気持ちや思い出が消えてしまうわけではありません。

長く人生を歩んでくればくるほど、思い出や気持ちはたまっていきます。

そのすべてをずっと抱えていくわけにもいきません。

どこかのタイミングで割り切りも必要です。

ただし、精神的な支えになるような思い出のモノは、無理に処分する必要はありません

部屋の片付けは「断捨離」の考え方も重要です。

断捨離にはメリットもありますが、デメリットもありますので、こちらを参考にしてください。


Avatar

粗大ゴミ回収隊WEB担当

整理と分別を効率よく行うためにはどうすればいいですか?

Avatar

ひでまる

物を「必要なもの」「不要なもの」「判断がつかないもの」の三つに分けて考えると良いでしょう。透明な箱を使って、一目で中身が分かるようにするのも効果的です。

片付けでの収納のコツ

片付けでの収納のコツ

分別が終わったら、いよいよモノを収納にしまう作業です。

片付けでの収納のコツは以下のような点が挙げられます。

⑨使う頻度が高いものを手前に

収納を上手く進めるコツは、使う頻度が高いモノを手前に、頻度が低いモノは奥にすることです。

分別の時点で「必要」「保留」としたモノを目の前に準備します。

頻度が高いモノを収納から出しやすくすることで、片付いた部屋をキープすることにもつながります。

使用頻度の低いモノは「保留」にしたものがほとんどです。

使用頻度の高いモノはそもそも「保留」になっていないため、まずは「保留したモノ」から収納していきましょう。

その後「必要」なモノを手前に収納してください。

⑩収納に入らないものは処分する

いったん収納してみると、どうしても収納に収まらないものがでてくることも。

その場合、奥に入れた「保留したモノ」から処分することを検討しましょう

収納に入らないからと、別の収納に入れると本末転倒です。

保留のモノを処分してもさらにモノが溢れてしまう場合は、必要なモノをさらに厳選してください。

必要なモノがどうしても手放すべきではないと判断したときのみ、収納を購入しましょう。

Avatar

粗大ゴミ回収隊WEB担当

効果的な収納方法にはどのようなものがありますか?

Avatar

ひでまる

日常的に使う物は手の届く場所に、あまり使わない物は高い場所や奥行きのある場所に保管すると便利です。

片付けのコツ!片付け代行業者に依頼もあり!

片付けのコツ!片付け代行業者に依頼もあり!

最後にご紹介するのは、片付け代行業者についてです。

片付けの手順に沿ったコツを解説しましたが、片付けのコツがなかなか上手くつかめない方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは片付け代行業者に依頼して、一気に片付けを終わらせる方法もあります。

片付け代行業者なら、片付けのコツをつかんだプロが対応するため、以下のようなメリットがあります。

部屋の片付けが短時間で終わる

部屋の片付けは、意外と時間がかかります。

コツを押さえていても、いつも途中で挫折してしまう、やる気が出ない、時間がないなどで片付けが面倒になってしまうことも。

そんなときに片付け代行業者が活躍します。

片付け代行業者は片付けのコツをしっかり把握しており、効率良く進めてくれます。

なかには片付け作業や片付いた部屋をキープする方法など、アドバイスをしてくれる業者もあります。

短時間で片付いた部屋になるのは大きなメリットです。

不用品処分もワンストップで対応

部屋の片付けが終わっても油断は禁物。

不用品処分してゴミや不用品がなくなるまでが「片付け」です。

自治体では一般ゴミや資源ゴミ、粗大ゴミと分けて回収しているので、どうしても時間がかかってしまいます。

その点、片付け代行業者なら、不用品回収も同時に行ってくれるので、その日のうちに不用品処分も終わらせることができます

片付けの後の掃除もお任せできる

片付け代行業者で提供する「ハウスクリーニング」を利用して掃除も一緒に終わらせることも可能です。

せっかくモノを片付けて部屋の中をスッキリさせたのであれば、続けて掃除もできればカンペキです。

ハウスクリーニングは、部屋だけでなく水回りの掃除も行ってくれる業者もあります。

「粗大ゴミ回収隊」は片付けのコツを網羅!

「粗大ゴミ回収隊」は片付けのコツを網羅!

https://sodaigomi-kaishutai.com/

片付け代行業者に部屋の片付けを依頼するなら「粗大ゴミ回収隊」がおすすめです。

粗大ゴミ回収隊は、不用品回収の料金が激安なのが人気の秘密

実は部屋の片付けで、料金がかさむのが不用品の処分なのです。

粗大ゴミ回収隊の積載プラン「のせ放題」なら、押し入れから一軒家のゴミ・不用品をまとめて回収できます。

軽トラック目安で積載可能は、9,800円からと激安価格で設定されています。

もちろん粗大ゴミ回収隊には、部屋の片付け、ハウスクリーニングも依頼可能です。

片付けのコツを網羅しているプロが対応。

汚部屋やゴミ屋敷でも短時間でスッキリ片付きます。

片付けのコツが上手く掴めない方は、ぜひ「粗大ゴミ回収隊」にご相談ください。

>>>粗大ゴミ回収隊への無料お見積りはこちら!

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊