汚部屋掃除や片付けで専門業者を安く使うコツと利用時の注意点

2019年11月26日

手が付けられないほど散らかってしまった汚部屋は、片付け専門の業者に頼んで掃除をしてもらうのが便利です。しかし、こうした業者に依頼するとそれなりに費用が掛かることなどから、使うのを迷ってしまうという方も少なくありません。

 

ですがコツをつかめば、業者を安く使うこともむずかしいことではありません。

 

とはいえ安易に安さだけで選ぶと、とんでもない悪質業者に当たってしまうこともあるため注意が必要です。

 

そこで本記事では汚部屋の片付けを行ってくれる専門業者を安く使うコツと、注意点について解説していきます。安全で安く汚部屋をきれいにしたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

汚部屋の掃除は専門の片付け業者に依頼するのがベスト

一人暮らしでなかなか掃除をする時間が取れず、いつまでたってもきれいにならない。

床が見えなくなるほどに物が散乱しすぎて、どこから手を付けて良いかわからない。

物があふれかえってしまい、捨てるものと残して収納すべきうものの区別もできないほど散らかってる。

 

など、手が付けられないほどの汚部屋状態になってしまい、どうすればきれいにできるのかとなやんでいるかたもいることでしょう。自力での片付けや掃除がむずかしい場合には、やはり片付け専門のプロの業者にお願いするのがベストです。

 

汚部屋の片付けになれている業者であれば、短時間で片付けを行い、スッキリとした状態にしてくれます。一人暮らしではなかなかできなかった家具の移動や、不用品の解体もお願いすることができるでしょう。

 

こうした業者は、汚部屋掃除のノウハウもしっかりとしているので、手際が良く作業も的確なのです。

 

業者に依頼する場合の選び方と注意点

専門業者に汚部屋を任せてきれいにしてもらえるのであれば、徹底的にお願いしたいところですよね。しかし、こうした業者はどこに依頼しても同じということは決してありません。

 

まずは、対応してくれる清掃範囲や作業内容などを確認した上で依頼をすることが大切です。また、なかには粗悪な対応を行う業者もいるため、悪質業者ではないことを確認したうえで依頼することが重要になります。

 

業者のタイプを見極めて依頼する

まずは、片付け業者のタイプの見極めが大切です。

専門業者といっても、必ずしもすべての作業を請け負ってくれる業者とは限りません。

  • 汚部屋の片付けのみを行ってくれる業者
  • 片付けとハウスクリーニングの両方を行ってくれる業者
  • 汚部屋掃除後に出た不用品や粗大ごみも回収処分してくれる業者

汚部屋専門の業者だからといっても、上記の作業の一部しか対応していないところもあれば、片付けから廃棄まで全てコミコミで請け負ってくれる業者もいます。

 

掃除や片付け、ハウスクリーニングはやってもらえても、粗大ごみの回収は行っていないという業者も少なくありません。せっかく業者にお願いするのであれば、掃除とクリーニング、そして不用品の処分までをひとまとめにお願いできる業者が良いでしょう。

 

悪質なサービス提供をする業者も中はいるため注意が必要

全てコミコミで格安で請け負います!という文句に惹かれてお願いしたものの、作業スタッフの態度は悪く作業も雑だったというケースもよく耳にします。また、作業の際に壁紙や床を傷つけたのにも関わらず、謝罪も保証もなかったということもあるほどです。

 

安かろう悪かろうの悪質業者に引っかからないためにも、見積もり時のスタッフの態度などをチェックすることも必要です。会社の所在地や実態、損害賠償保険に加入しているかどうかなども、合わせて確認することも場合によっては大切かもしれません。

 

ネットなどで業者の評判や口コミをチェックすると、ホームページなどでは見えなかったサービスの質が見えてくることもあります。不安な場合にはそうした声も、参考にしてみるのも良いでしょう。

 

専門業者に依頼した場合の相場はいくらくらい?

汚部屋掃除を業者に依頼したほうが、作業もスムーズで早く片付くのは間違いありません。

しかし、気になるのは業者へ頼む際の費用でしょう。

 

専門業者に掃除や片付けを依頼する場合の相場はさまざまです。お部屋の間取りと作業に必要となる人数で、おおよその相場が決まってきます。

 

ワンルームの場合で5万円前後、2Kほどの間取りだと15万前後が相場となっています。3LDKや一軒家の場合、片付けの規模や廃棄品の量によって費用が大きく異なるようですが、20万円から50万円の間の費用が掛かっているケースが多いようです。

 

ワンルームの片付けでも5万円前後となると、正直キツイ金額ですよね。

 

物を購入するのにお金をかけるのは納得がいくけれど、捨てたりきれいにするのに費用をかけるのは価値を見出せないという方も少なくありません。汚部屋を徹底的にきれいにしてほしいけれど、費用の面で断念してなかなか頼めずにいるという方も多いのです。

 

汚部屋掃除の専門業者を安く使うコツは

汚部屋掃除を専門業者に依頼すると、それなりに費用がかかってしまいます。しかし、こうした高くなりやすい業者を安く使うコツあるのです。

 

定額プランを採用している業者を選ぶ

ひとつは、定額プランを採用している業者を選ぶことです。

廃棄処分をする商品の種類や点数によって処分費用がかかる業者の場合、捨てる品が増えるほど費用が高くなっていきます。これだと莫大な費用が掛かってしまうこともあります。

 

そうした心配がないよう、「トラック乗せ放題」など定額プランを用意している業者を選ぶようにするのがポイントです。定額プランを用意している業者では、処分にかける費用が抑えられることが多いため比較的安く使えます。

 

追加料金が発生しにくい料金体系の業者を選ぶ

汚部屋掃除の見積もりを依頼したら、基本料金に加えて、搬出料金やら作業スタッフの人件費やら、車両費、現地までの出張費などあれよあれよと料金が加算されてしまったというケースもあります。

これだと、当初の予算を大幅に超えてしまい、結局頼むことができなくなってしまうことも考えられますよね。

 

こうした心配がないよう、なるべくプランの中に各種料金が含まれているような業者を選ぶことも、安く使うコツとなります。

料金プランの中にどこまでの作業内容が含まれているかはっきりしない業者は、選ばないようにすることも大切です。

 

不安な場合は現地にて見積もりを取り、どのような内容がプランの対象なのか、どういう場合にオプション料金が発生するのかを業者に確認すると良いでしょう。見積もり後には一切追加料金が発生しないという業者を選ぶと、安心して汚部屋掃除を任せることができますね。

 

汚部屋は粗大ゴミ回収隊がおすすめ

汚部屋掃除を業者に安く依頼したいなら、粗大ごみ回収隊がおすすめ。

粗大ごみ回収隊は、汚部屋の片付けからハウスクリーニング、片付けの際に出た粗大ごみの回収廃棄までトータルで対応してくれる業者です。

 

料金プランも明確で、利用者を不安にさせるような追加料金なども一切発生せず安心して任せることができます。3DK以上のごみも楽に廃棄できる大きさの4tトラックのせい放題プランなどもあるので、不用品の量が多くても費用が跳ね上がる心配をせずに済むのもうれしいポイントとなります。

 

料金体系も明確!追加料金もなしで安心

パック料金には2階までの階段料金も含まれているので、一軒家の汚部屋掃除も安心です。搬出作業や2名までの作業スタッフ料金、現地までの出張費などもすべてパック料金に含まれているので、気にせず作業をお願いすることもできます。

 

どれくらいの料金がかかのか不安な場合は、現地までの主張見積もりも無料で対応してもらえるため余計な心配をせずに済むことでしょう。

 

もちろん、一度出してもらった見積もり以降は、追加料金が発生することは一切ないので、費用面でも安心です。少しでも業者による汚部屋を安くしたいという方は、まずは電話やLINEを使って相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る