もう後戻りしない!汚部屋をすっきり片付けるポイント

2019年12月29日

なんとなく掃除や片付けをさぼってしまい、いつの間にか自分の部屋が汚部屋になってしまった経験は多くの人があるのではないでしょうか?

 

汚部屋をそのままにしておくと、食べる、寝るなど生活の基本行動も難しくなります。この記事では、汚部屋の片付けるポイントや手順について紹介します。汚部屋で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

汚部屋を片づけるメリット

汚部屋に住んでいる人のなかには、片づけの必要でないと考える人もいます。一方で、汚部屋を片づけるとさまざまなメリットがあります。片付けのやる気をアップさせるためにも、汚部屋を掃除するメリットを確認しましょう。

 

・健康になる

部屋に不用品がたまると、ホコリもたまりやすくなります。汚れている空気に住むと、アレルギーや呼吸器の病気を引き起こすことがあります。また、ゴミのたまっている汚部屋は、害虫もわきやすく、感染症の原因となるので注意が必要です。

 

気持ちがすっきりする

汚部屋に住んでいる人の中には、なんとなくイライラを感じている人も多いのでは?「部屋の状態はその人の心映しだす」といわれています。汚部屋のように、不用品やゴミであふれ返った部屋にいると、精神的に落ち着くことができません。

 

汚部屋を片づければ、気持ちがすっきりして前向きな気持ちで暮らせます。

 

時間を節約できる

汚部屋に住んでいると、物を探すのに時間がかかります。整理整頓された部屋に暮らせば、必要な物の場所もすぐに取り出せるので、時間を節約できます。

また、汚部屋を片付ければ、ふだんの掃除も楽になるので、掃除の手間もぐんと楽になるはずです。

 

お金を節約できる

汚部屋で物が乱雑にある状態は、必要な物をすぐに取り出すことができません。そのため、物を二重に買ってしまうことも少なくありません。

きちんと整頓された部屋に住めば、必要品の場所も把握できるので、無駄な買い物を減らすことができます。

 

汚部屋を片付けるときのポイント

汚部屋はゴミや不用品があふれているため、どこから掃除を始めればよいのか分からない人も多いでしょう。汚部屋を掃除するときのコツがあります。

 

必要物品を用意する

汚部屋の片付けを始めるときは、はじめから必要物品を用意しましょう。軍手やゴミ袋、殺虫スプレーなどを用意しておくと、片付けをスムーズに行えます。

 

とにかく捨てる

汚部屋の掃除で大切となるのが、とにかくゴミや不用品をどんどん捨てていくことです。掃除や片付けを始めるにあたって、捨てるかどうか吟味してしまう人もいるでしょう。物を捨てるかどうか悩んでいると、どんどん時間が経ってしまいます。

 

汚部屋の掃除をするときは、自分の足の周りを中心に、近くにある物を捨てていくようにしましょう。

 

迷ったものは不用品

汚部屋の片付けでは、捨てようか迷った時点で割り切って破棄する覚悟が大切です。ゴミの仕分けをする中で、このまま残そうが迷ってしまうことがあります。迷ってしまう場合には、「もったいない」「後で使うかも」という考えによって起こります。

 

「服はワンシーズン分まで」「思い出の品はお気に入りの物だけ残す」など、ある程度自分の中で目安を作るのもおすすめです。

 

家族や友人の力を借りる

汚部屋を掃除するときは、毎日コツコツやるよりも、短期集中で行うのがおすすめです。とはいえ、一人で汚部屋をきれいにしようと思っても、1日で片付けるのは難しいもの。汚部屋の片付け中に気持ちがくじけそうになることも想定されています。

 

汚部屋の掃除をするときは、親は友人を頼るのもひとつの手です。みんなで掃除をすれば、片付けのスピードもアップし、一人で運べない物も持ち出すことができます。

汚部屋の掃除には、周りの人も巻き込んで、早いスピードで作業を進めましょう。

 

汚部屋の片付け後に気をつけたいこと

汚部屋の片付けを終えたときに気をつけたいのが、逆戻りしないことです。再び汚部屋にならないようにするために、次のことに注意しましょう。

 

物を増やしすぎない

汚部屋の住人に多いのが、物を買いすぎてしまうことです。セール品があると、ついつい買ってしまう人は要注意です。アパートの一室など、部屋に持ち込める物の量には、限りがあります。物を購入するときは、自分が本当に必要な物を購入するようにしましょう。

 

また、趣味の物を購入するときは、多少高くても質がよいものを選ぶようにするのもおすすめです。

 

こまめに掃除や片付けをする

毎日の生活に追われて、掃除がおろそかになり、いつのまにか汚部屋になってしまうこともあります。特に仕事や学校が忙しい人は、掃除の時間が取れないため、汚部屋になりやすい傾向があります。

 

せっかくキレイにした自宅を汚部屋にしないためには、日常生活のなかで掃除や片付けの習慣を持つようにしましょう。毎日まとまった時間は取れなくても、1日5~15分の片付けることは効果的です。

 

スケジュールの調整が可能であれば、週末にまとめて掃除を行うのもよいでしょう。汚部屋の防止のために、掃除や片付けを組み入れてみてください。

 

物の定位置を決める

汚部屋を防止するには、使った物は元の場所に戻すことが大切です。たとえば、床などの空いているスペースに物を置いて、部屋が雑然としてしまった経験は誰にもあるでしょう。

 

物で散らかった部屋をそのままにすると、汚部屋に逆戻りしやすくなります。使った物すぐに戻すのが難しい人は、一時的に置くための収納カゴを用意するのもおすすめです。

 

汚部屋の片付かないときはプロに依頼

いろいろ試みたものの、汚部屋の片付けができない人は、専門業者に依頼してみましょう。汚部屋の掃除でおすすめなのが、掃除業者ではなく粗大ゴミ回収業者です。

 

汚部屋の片付けをするときには、サイズの大きいゴミが出る場合も少なくありません。粗大ゴミ回収業者なら、ゴミや不用品のサイズのかかわらず引き取ってもらえます。

 

専門業者を選ぶときには、費用が安すぎる安い業者は注意が必要です。不用品回収業者のなかには、引き取ったゴミや不用品を不法投棄することもあり、後になって問題になることもあります。

 

汚部屋の片付けで専門業者を選ぶときは、きちんとした業者を選ぶようにしましょう。

 

汚部屋の片付けなら「粗大ゴミ回収隊」がおすすめ

汚部屋の片付けをするのに、専門業者に依頼するのに、一押しなのが「粗大ゴミ回収隊」です。粗大ゴミ回収隊は、汚部屋のゴミや不用品の回収から、部屋の清掃まで引き受けます。

 

汚部屋の不用品回収の費用は、搬送車のサイズによって決定します。たとえば、アパートの一室の汚部屋であれば、「軽トラック載せ放題」プランで9,800円です。

 

また、同類の不用品回収業者の中には、スケジュールが指定されてしまうこともありますが、粗大ゴミ回収隊は年中無休です。思い立ったら、すぐに汚部屋の片付けが進めることができるのが魅力です。

 

まとめ

ごく普通の人でも、毎日忙しく暮らしていたり、物を買いすぎたりすることで、汚部屋を作ってしまうリスクあります。汚部屋に住み続けることは、さまざまなデメリットがあります。

 

汚部屋の片付けをするときは、やる気を持って、手当たり次第不用品を捨てることが大切です。汚部屋の掃除が思うように進まない人は、家族や友人に手伝いを依頼するのもよいでしょう。

 

どうしても、汚部屋キレイにならない人は、粗大ゴミ回収隊など専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

 

 

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る