【目黒区】捨てるルールがポイント!おすすめの片付け代行業者10社

2020年08月03日

【目黒区】捨てるルールがポイント!おすすめの片付け代行業者10社

近頃は、部屋の片付けに苦手意識を持っており、なかなか片付けられないと悩みを抱える人が増えてきました。仕事が多忙で部屋が片付けられない人から、精神的な悩みで落ち込み意欲が湧かない人まで、部屋の片づけができない理由はさまざまです。このように、部屋の片付けに悩んだ場合は、片付け業者を利用しましょう。この記事では、目黒区でおすすめの片付け業者をご紹介します。ぜひ、参考になさってください。

目黒区でおすすめの部屋の片付け代行業者10社

最後に目黒区でおすすめの部屋の片付け代行業者10社をご紹介します。何度もいうように片付けにおいて大事なのは「捨てる」ことです。しかし、ただゴミとして捨てるというだけが「捨てる」という行為ではありません

ここで紹介する片付け代行業者を利用すれば、ゴミ屋敷レベルに散らかった部屋の片付けでも、大事なものが多くて仕分けの際に戸惑う遺品整理でも簡単に終わらせることができます。各業者ごとにサービスは異なります。そのため、各社の特徴を理解した上で依頼先を決めましょう。

【第1位】粗大ゴミ回収隊

粗大ゴミ回収隊

https://sodaigomi-kaishutai.com/

粗大ゴミ回収隊では、何よりもまず、業界一の安さという料金設定が大きな魅力です。不用品回収の他、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理など部屋の片付けにピッタリのサービスが充実しています。

さらに、ハウスクリーニングや買取サービスなど部屋の片付けに加えて、お客様が必ずご満足いただけるサービスを提供しています。即日対応で、最短25分で到着とスピーディーな対応もお客様の満足度に繋がっています。短い時間で部屋の片付けを一気に完了できるのは、仕事で忙しい客様にもぴったりです。

どのサービスを選択するのかはお客様の都合に合わせられるので、総合的に見ても非常にバランスのとれた片付け代行業者だといえます。

店舗名 粗大ゴミ回収隊
おすすめポイント 業界最安値の料金体系と高品質サービスで高く評価されている片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・オフィス整理・買取・遺品整理など
料金目安 軽トラック載せ放題:14,800円~
受付時間 8:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
キャンペーン情報 引越しシーズン割引キャンペーン・WEB限定割引クーポン(2,000円OFF)
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第13-00-219018号

第01402219018号

第01200219018号

【第2位】お片付けラボ

お片付けラボ

https://okataduke-labo.com/kanto/

作業完了までは最短3時間というお片付けラボも部屋の片付け代行業者でのおすすめ度が高いです。雑誌やテレビでも定評があり、分割払いにも対応しているという点からも今すぐ片付けを終わらせたい方にはおすすめです。

ゴミ屋敷の片付けや遺品整理など、部屋の片付けというジャンルに特化した片付け代行業者だと言えます。公式サイト上では比較的シンプルな情報のみが公開されていますので、詳細を知りたい場合には電話で問い合わせしてみることをおすすめします。

店舗名 片付けラボ
おすすめポイント テレビや雑誌などのメディアでも取り上げられている片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・遺品整理・解体作業など
料金目安 ワンルームの片付け:15,000円~
受付時間 0:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京・埼玉・千葉・神奈川・長野・山梨
キャンペーン情報 リモートワーク応援キャンペーン

【第3位】ワンナップ

https://b-oneup.jp/

ワンナップは大きく分けて東京エリアと関西エリアに対応しています。一部の商品(暖房家電・マット等)を除き、外見上の破損がなければ、家具・家電・雑貨・小物など、 ほとんどの家財道具が対象になるのが「エコパック」の定額プランです。

買取サービスも行なっているので、うまく組み合わせて利用すれば料金の面での心配が軽減されます。不用品回収やゴミ屋敷の片付け以外にも「清掃」サービスがありますので、用途に合わせて利用できることが魅力です。

店舗名 ワンナップ
おすすめポイント 従業員教育を徹底して高品質なサービスを提供する片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収(有料・無料)・データ消去・清掃
料金目安 エコパックプラン:18,000円~
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
特徴 無料回収有・定額パック・個別回収・法人対応
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第01300168797号
古物商取引許可番号 第621060121017号

【第4位】エコプラス

エコプラス

http://www.keysons.com/

エコプラスでは豊島区を中心にゴミ屋敷の清掃や不用品回収を主に行う片付け代行業者です。目黒区も当然対応エリアに入っているので安心してください。 定額パックの「軽これだけパック」では12000円からの不用品回収ができるので、少量の不用品回収であればエコプラスがおすすめです。
1Rや1Kくらいの一人暮らしのお部屋なら、エコプラスに見積もりを依頼してみても損はないかと思います。忙しい方向けに、夜間の対応もしていますが追加料金が発生するので、しっかりと見積もりを取ってから利用するようにしましょう。

店舗名 エコプラス
おすすめポイント 少量の不用品回収を得意とする片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・ゴミ屋敷清掃・遺品整理など
料金目安 軽これだけパック:12,000円~
受付時間 0:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京・埼玉
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第1300178893号
古物商取引許可番号 第305511408049号

【第5位】快適生活

快適生活

http://k-seikatsu.jp/

快適生活では、不用品回収、遺品整理、片付け・整理といった「片付け」に特化したサービスを行っています。お部屋だけでなく庭やベランダの片付けも依頼することができますので、住まい全体を一気にきれいにしたい方には特におすすめです。

引越しサービスも行っており、引越しから片付けまでワンストップで依頼することもできます。 ただし、定額プランが設定されておらず、不用品回収は単品での料金設定になっています。見積りをとって、他社と比較することをおすすめします。

店舗名 快適生活
おすすめポイント 部屋だけではなくお庭の掃除もしてくれる片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・遺品整理・庭の掃除など
料金目安 要お問い合わせ
受付時間 9:00~20:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第13-00-195883号
古物商取引許可番号 第306691706022号

【第6位】あんしん回収

あんしん回収

http://anshinkaishuu.com/

お片付け時の徹底したキメの細かさと分別が好評のあんしん回収では、エコを配慮し、東南アジア輸出リサイクルをしています。あんしん回収では、遺品整理や生前整理のサービスがあり、遺品整理士など必要な資格ももっていますので安心できる片付け代行業者だといえます。

少量の不用品回収なら、LINEで写真を送って見積りもできるので、時間がとれない忙しい方にはおすすめです。不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷お片付け、お部屋のお片付け手伝い、引越しなどに対応しています。

店舗名 あんしん回収
おすすめポイント 遺品整理や生前整理を得意とする片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・遺品整理・店舗閉店片付けなど
料金目安 軽トラック積み放題:25,000円~
受付時間 8:00~25:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
特徴 清掃料金明示・LINEメールでの見積りOK・即日対応可
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第117056021号
古物商取引許可番号 第45140019260号

【第7位】エコキャット

エコキャット

http://eco-cat.net/index.php

現代人はとにかく忙しいという視点でサービスを行っているのがエコキャットです。早朝や深夜での作業に対応しており、最短25分で到着というスピード感のある対応が魅力です。

部屋の片付けで利用できる不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、ハウスクリーニングなど、サービスの内容が充実しています。LINEやメールでの相談もできますから、仕事の合間に見積りだけでもとってみることをおすすめします。

店舗名 エコキャット
おすすめポイント 最短25分で駆けつけられる!即日回収を得意とする片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・遺品整理
料金目安 軽トラパック:20,000円~
受付時間 8:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉

【第8位】スケットまる

スケットまる

http://suket.jp/

スケットまるでは、自分で処分するには多すぎる粗大ごみや不用品を回収できるサービスがおすすめです。料金が8000円~となっており、部屋の片付け後、少量の不用品を処分するにはピッタリのプランを提供しています。

粗大ごみの処分費用や持ち込む場合の交通費などを考慮するとオトクな場合もあります。また高齢者の多い世帯では庭木の剪定サービスも依頼できるので、リピートする利用者も多いです。

店舗名 スケットまる
おすすめポイント 庭木の剪定や家具の移動など便利屋サービスを提供している片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・引越し・庭木の剪定など
料金目安 お手軽少量パック:8,000円~
受付時間 9:00~20:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城
古物商取引許可番号 第308911103805号

【第9位】処分屋シンセイ

処分屋シンセイ

https://www.okatazuke.net/

処分屋シンセイは、大量の不用品回収やゴミ屋敷の清掃など、比較的大きな片付けが得意な片付け代行業者です。大量の不用品の中にもまだ使えるモノがあれば、買取も可能です。粗大ゴミに分類されたモノであっても、リサイクルを第一に考え、廃棄処分は必ず許可業者様と連携して処分されます。

エコの観点からもレベルの高いサービスを提供していることがうかがえます。ただ回収するだけでなく、分別するところから依頼できる点が片付けが苦手な人におすすめです。

店舗名 処分屋シンセイ
おすすめポイント 部屋に溢れる物の仕分け作業から依頼できる片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・コンテナ整理・事業ゴミ回収
料金目安 スーパーライトプラン:19,000円~
受付時間 8:00~21:00(定休日:水曜日)
対応エリア 神奈川・静岡・東京・山梨
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第136720号
古物商取引許可番号 第452740007937号

【第10位】ワンナップLIFE

ワンナップLIFE

https://one-up-life.com/

ワンナップLIFEには、不用品回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理、ハウスクリーニングなど、部屋の片付けに関するメニューが一通りそろっています。現在キャンペーン中で定額のせ放題プラン19800円を14800円で利用できます。

クレジットカードでの決済も可能ですので、今すぐ片付けを終わらせたい人にはおすすめの片付け代行業者です。早朝や深夜でも作業可能です。単品回収も行っていますので、少量の不用品回収でも活躍しそうです。

店舗名 ワンナップLIFE
おすすめポイント キャンペーンによる格安の料金体系を実現する片付け業者
サービス内容 部屋の片付け・不用品回収・遺品整理・ハウスクリーニングなど
料金目安 軽トラ載せ放題:14,800円~
受付時間 8:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
産業廃棄物収集運搬業許可番号 公式ホームページに掲載有り
古物商取引許可番号 公式ホームページに掲載有り

片付けが下手な人のNG思考

目黒区でおすすめの片付け業者をご紹介しましたが、そもそも、なぜ部屋は散らかってしまうのでしょうか?片付けが下手な人は、共通の思考を持っています。ここでは、片付けができない人の思考をご紹介するため、該当しないかを確認してみましょう。

優柔不断で物が捨てられない

部屋を片付けるためには、必要な物と不要な物に仕分ける必要があります。決断ができる人であれば、スムーズに仕分け作業を進めていけますが、優柔不断な人は苦戦してしまいます。

「いつか、使用するかもしれない…」「もったいない気がする…」などを理由に、なかなか物が捨てられない方が多いです。その結果、収納が足りなくなり、部屋が物で溢れ返ってしまうのです。

完璧主義である

どのようなことに対しても、完璧主義な傾向がある方も注意が必要です。部屋の片付けをしても、少しずつ部屋は散らかってしまいます。とくに、小さなお子様がいる場合は、物を片付けても散らかってしまいます。このような状況に完璧主義の人はストレスが溜まってしまい、部屋の片付けに対してネガティブなイメージを抱いてしまいます。そのため、部屋の片付けは、完璧を求め過ぎずないようにしましょう。

面倒臭がりである

ズボラで面倒臭がりの人は、部屋の片付けを後回しにしがちです。物を出したら、出しっぱなしということも珍しくありません。部屋の片付けをしようと思い立った時は、1日で片付けを終わらせようとする傾向があります。しかし、こまめな片付けが苦手なため、部屋が散らかってしまいます。

部屋の片付け業者に依頼する前にやるべきこと

部屋の片付けが苦手だと悩んでいる方は多いですが、少しでも自分で片付けをしてみましょう。部屋がスッキリと片付いたり、片付け業者に依頼したりする場合でも、事前準備をしておけば料金を安く抑えることができます。実際に、部屋の片付けはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、部屋の片付け手順について分かりやすく解説します。

部屋にある物の仕分け作業をする

部屋にある物を取り出して、必要な物と不要な物に仕分けしましょう。仕分けの判断が難しい場合は「1年以上使用していない&購入できるもの」を処分していくことをおすすめします。また、思い出の品物は大切に保管すべきですが、数を絞って保管するようにしましょう。

家族写真のアルバムなどは、デジタル化することでスッキリと整理整頓ができるのでおすすめです。

不要な物を処分する

不要な物は、行政サービスや粗大ゴミ回収業者に回収してもらいましょう。行政サービスは回収日が決められていて、指定日ではないと不用品回収に駆けつけてもらえません。

その一方で、粗大ゴミ回収業者であれば、お問い合わせをすればすぐに駆けつけてくれます。当日に粗大ゴミを処分すれば、収納スペースも空いてスッキリとするはずです。

拭き掃除をする

普段、部屋の掃除を怠っていると、ホコリが被っていることがあるため、拭き掃除をしておきましょう。拭き掃除をする場合、上から下に向かって行います。最後に、床に落ちたホコリを掃除機で吸い込みましょう。

所定の位置に物を収納する

拭き掃除を終えたら、収納棚に物を片付けていきましょう。所定の位置を決めて物を片付けていき、どこに何を閉まったかを把握できる状態にしておきましょう。

また、日常生活で使用する機会が多いものを手前に、使用する機会が少ないものを奥に片付けると、取り出しやすくなります。

補足:キレイな部屋を維持するためには?

部屋の片付けを終えたら、キレイな状態を維持したくなるものです。そのためには、自宅に恋人や友人を招いてみましょう。第三者を招いて、部屋を見てもらうことで「キレイな状態を維持しなければいけない」と掃除に対するモチベーションが自然と湧いてきます。

片付けで「捨てる」ためのルールとは?

片付けて准と合わせて、「捨てる」ためのルールも作っておきましょう。ただ闇雲に「捨てる」だけでは片付け上手にはなれません。ここでは、捨てるために押さえておきたいルールについてご紹介します。

【1】洋服は1年着ないものは捨てる

特に女性に多いのが、洋服がたくさんありすぎてクローゼットの中がいっぱいというパターンです。ファッションには流行り廃りがありますし、その人の年齢によっても似合う似合わないというものもあります。

流行りに乗って服を買い込んだはいいものの、袖を通すこともないまま次の洋服を購入してしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

洋服は1年間来ていないものについては捨てることをルールにしましょう。また同じようなデザインの服は、何着も持っている必要はありません。重複したようなデザインの洋服は一番のお気に入りだけを残して「捨てる」ようにします。

【2】本は読み返さないものは捨てる

自己啓発本は特にですが、同じ本を何度も読み返す人はほとんどいないのではないでしょうか。大好きな小説で時が経って読み返す場合もあるとは思います。しかし再度読みたいのであれば、古本で購入することも出来ますし、よほどお気に入りの本でない限りは捨てるという選択肢を選びましょう。

現在では電子書籍などでも本を読むことは可能です。よほどお気に入りの本だけお手元に置いておき、自己啓発本や流行の本は電子書籍で購入して読むというルールを徹底しましょう。

【3】化粧品はワンシーズン使わないものは捨てる

化粧品にも消費期限があります。ファンデーションやマスカラなどは、油の成分が含まれているため、時間が経過すると酸化していきます。 未開封の化粧品でもおよそ3年ほど、開封している化粧品であれば6ヶ月くらいが消費期限の限度だと言われます。

酸化している化粧品は、お肌に悪い影響を与えることもあります。また6ヶ月以上も使わない化粧品は、その後も使い続ける可能性は低いです。どうしても必要な化粧品であればまた購入することもできるので、高級な化粧品だからとずっと保管し続けるのはやめましょう。

【4】鞄はメインとサブだけにして捨てる

男性は比較的持っている鞄の種類は少ないかもしれません。女性は着ている服に合わせて鞄を持ち替えている人が多いのではないでしょうか。

しかし鞄は意外にも収納の場所を多くとります。お呼ばれの時の鞄は別にして、日常的に使う鞄はメインとサブだけに絞りましょう。理想としては、大きめの日常的に使えるメイン鞄が一つ、ちょっとしたお出かけの時に使えるサブの鞄が一つでも十分回せます。

新しい鞄を購入した際には、その用途に合わせて元々使っていた鞄を捨てると部屋が散らかるということはなくなるでしょう。

【5】シーズンものは厳選する

クリスマス時期に使う、お花見の時期に使う、花火大会の時期に使うなどシーズンもののアイテムは厳選しましょう。収納するスペースにもよりますが、シーズンものを本当に必要なものだけに絞ることによって、部屋の片付けが格段に楽になります。

シーズンものは、来年の同じ時期にもう一度使えるものだけを残しておきましょう。来年の同じ時期に使うのかどうかわからないと迷った時には迷わず捨ててしまいましょう。

【6】思い出の品はデータにする

写真などの思い出の品は、データとして残しておく方法がおすすめです。写真は確かに現像したもので見るほうが思い出に浸ることは容易です。しかし「使う」という視点で判断すると、どのアイテムよりも使う頻度は低くなることが多いはずです。

スマートフォンで保存しておくと機種変更の時などに心配事が増えますから、クラウドサービスを利用してデータとして保存しておくと便利です。

【7】書類はまとめて収納する

説明書や保証書などの書類も意外にかさばるものです。部屋の片付けを効率よく行うには、重要な書類はとっておき、必要ない書類は処分するのが鉄則です。

保証書などは捨てることはできないことが多いかと思います。しかし説明書であればインターネット上に公開されたオンライン説明書があることもあります。オンライン説明書が存在するのであればわざわざ紙媒体でとっておく必要はありません。

目黒区でおすすめの業者をチェック

まとめ

今回は、目黒区でおすすめの部屋の片付け代行業者をご紹介しました。部屋が散らかっていて、部屋の片付けが億劫に感じた時は、業者に依頼する方法も1つの選択肢です。この記事では、部屋の片付けの手順を紹介しています。そのため、まずは、自分自身で部屋の片付けに挑戦してみて、業者に依頼するかを考えてみてください。少しでも片づけを進めておけば、片付け作業料金も安く抑えられるはずです。ぜひ、この記事を参考にして、部屋の片付けをしてみてください。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊