近所にバレないゴミ屋敷の片付け方法とは?業者を使うメリットも紹介

2019年11月20日

ゴミ屋敷は、害虫・害獣を呼び寄せ、周囲に悪臭を放ちます。そのため、自分の家がゴミ屋敷とバレると、周辺のご近所さんは住人に対し良い印象を持ちません。ですが、ゴミ屋敷の片付けにはどうしても大掛かりな清掃や大量のゴミの搬出が伴います。そのため、バレずに片付けるためには、いくつかのポイントに気をつける必要があります。

 

仕事が忙しい方の一人暮らしのアパート・マンションや高齢になった両親が住む家、心が弱ってしまい片付けにやる気が出ない主婦の方など、ゴミ屋敷のまま生活しておられる方は大勢いるのが現状です。内部はゴミだらけの状態でも外側からは分からないこともありますが、掃除をしないといつまでも問題は解決しません。

 

ゴミに敏感なご近所さんであれば、出したゴミを遠めに見ていたり、他人の部屋の様子を気にしていたりすることも多いです。掃除中のゴミ屋敷の状態を周辺に言い散す方もいるかもしれません。ですので今回は、ご近所にバレないゴミ屋敷の片付け方法と業者を使うメリットを解説します。

 

なぜご近所さんはゴミ屋敷を嫌うのか?

ゴミ屋敷は周辺の景観を損ねる以外にも、悪臭を放ち、害虫や害獣を周辺に呼び寄せます。また、周辺にゴミが多いと、火災が起きた際に一気に火が回ってしまうため、一刻も早く近所から居なくなってほしいと思っているご近所さんもいます。

 

ゴミ屋敷に住んでいる方は無自覚でも、ご近所さんは害獣に庭をあらされたり、車に糞を落とされていたりするかもしれません。例えば、年中窓を閉め切っているようなゴミ屋敷であっても、そこで発生するハエやゴキブリなどの害虫は周辺住宅へも侵入することになります。それ以外にも、野良猫やネズミ、カラス、野鳥などを呼び寄せ、近所に糞や病原菌を撒き散らし不衛生な環境を作り出します。

 

また「割れた窓理論」というものもあり、割れた窓を普段から修理しておくことで大きな犯罪を周辺に呼び寄せないようにするという、環境犯罪学の理論を気にする方も大勢います。そのため、一般的に好まれない外観のご近所さんには態度が冷たくなる方が多いです。

 

近所にバレないゴミ屋敷の片付け方法とは?

上記のようなデメリットがゴミ屋敷にはあるため、ゴミ屋敷に住んでいる方は近所にバレない片付けの方法をとりたいと願うことが多いです。では、具体的にどのような方法をとれば、近所にバレない片付けができるのでしょうか?

 

大人数で短時間で清掃を終える

片付けを一人で行う場合は数日間必要なことが多く、大量のゴミを複数回に分けて捨てたり、片付け後のハウスクリーニングにも時間が必要です。ですが、人が動いて物音を立てるということは周辺の気を引きます動く時間が長くなるほどご近所さんは気になりますので、ゴミ屋敷の内部まで見られる危険性が増します。ゴミ屋敷の清掃は大仕事です。

 

また、ゴミ屋敷で生活していると、周りに物があふれることで身動きがとりづらくなり、なくしものも多くなり、結果として、住んでいる方の「やる気」を徐々に削いで行きます。そのため、長時間のスケジュールを組んでも体力が持たない、やる気が出ない、と感じるのが正常な状態となってしまうのです。

 

そうでなくとも、ゴミ屋敷の片付けに慣れていない方であれば、大抵の方がどこから始めてよいか分かりませんし、清掃に気をとられてご近所さんが見ていることまで気が周らないのが普通です。ですので、ゴミ屋敷の片付けがご近所にバレたくないのであれば、片付けになれた人材が短時間で終えることが重要になります。

 

物音を立てても良い「日中」がおすすめ

近所にバレないようにと、ゴミ屋敷の片付けを深夜や早朝に作業する方がいますが、大掛かりな清掃では必ず物音が出ます。そのため、深夜や早朝の静かな時間帯ではかえって周辺の気を引くことが多いです。中には、警察に通報したり、うるさいと怒鳴り込んできたりと目立つ事件を起こすこともあります。ですので、ゴミ屋敷の片付けは物音を立てても目立たず苦情も出ない日中に行うのがベストです。

 

片付け業者を使えば、清掃に馴れた人材が極力物音を立てずに作業することも可能ですが、深夜や早朝に道路にトラックを止めていたりすると、夜逃げや物取りと間違われる可能性もあります。日中は忙しく時間が取れない方以外であれば、日中に依頼することがおすすめです。

 

日中に清掃を行っていれば、例え近所にバレてしまっても「清掃する意思」も同時にアピールできます。その際に、業者を使って大規模にしている様をご近所様に見せれば、お金を払ってでもゴミ屋敷を解決してくれる人というアピールもできますので、住人の印象を良くすることにもつながります

 

ゴミは処理施設へ直接持ち込むのがベスト

ゴミ屋敷の片付けをすれば大量のゴミが出ますよね、ですが、出たゴミを通常通り捨ててしまうと、ご近所さんにバレてしまいま。そのため、各地にある処理施設に自分で持ち込むことができれば、ゴミ屋敷の片付けが近所にバレない可能性が高まります

 

ただし、一般家庭からでた可燃ゴミなどは、市区町村によって持込を許可していない地域もあるのです。例えば、東京都では多くの区で、清掃工場や清掃事務所に持ち込みはできません。神奈川でも、災害時や引っ越し時以外の一般家庭ゴミを受け付けていない地域があります。

 

そのような場合は、民間の業者を利用すれば、トラックに積み放題でゴミが一括で処理できます。また、ゴミの搬出時にはダンボールに包んで積み込むなどの配慮もしてもらえますので、バレることなくゴミが処分できます

 

ゴミの処分においてバレない片付けを目指すのであれば、民間のゴミ処理業者を使う方法がベストです。

 

バレないゴミ屋敷の片付けには業者を使おう!

ここまで、近所にバレないゴミ屋敷の片付け方法を解説してきました。各ポイントを見ると、日中に短時間で作業を終えて、バレない方法でゴミを搬出するのが近所にバレないゴミ屋敷の清掃方法といえます。

 

ですが、条件を満たすには片付けや清掃になれた人材が複数人必要になります。個人でバレない方法を実践するのはなかなか難しいです。また、清掃に馴れた人材ほど作業時の騒音も少なくなり、ご近所への気配りにも長けています。よって、ゴミ屋敷の片付けを近所にバレたくないのであれば、ゴミ処理もしてくれる清掃業者を利用するのが賢い方法といえます。

 

ゴミ屋敷の片付けに業者を使うメリット

ゴミ屋敷の片付けに業者を使うメリットは、知人などに頼むのとは違うメリットが多く存在します。

 

  • 作業する時間帯を自由に決められる
  • 事前の見積もりで大体の作業時間が分かる
  • 複数人で短時間で終わる
  • ゴミの処分が簡単で買い取りもしてくれる
  • 片付け後のハウスクリーニングもプロがしてくれる

 

ゴミ屋敷の片付け業者では、休日・祝日、深夜や早朝を含んだ様々な時間帯を依頼者の好きなように指定できます。スケジュールを自分にあわすことができますので簡単です。作業時間も見積もり時に相談できますので、人員を増やして短時間で終えるなどの調整も可能な場合もあります。また、ゴミを自分で分別する必要もなく、まだ使えるもの、価値があるものを買い取ってもらうことも可能な業者も存在します。

 

片付け・ゴミの処分・ハウスクリーニングを同時に行っている業者が多くありますので、依頼さえすれば少ない労力でほとんどの作業をプロに任せられることが業者のメリットです。さらに、事前に見積もりを頼めば、自分の環境に沿った形のご近所にバレない対策法なども相談できて安心です。

 

バレないゴミ屋敷の片付けは「粗大ゴミ回収隊」にお任せください

私ども粗大ゴミ回収隊は、お客様のご要望に沿ったご依頼をお待ちしております。対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉で、粗大ゴミの回収からゴミ屋敷の掃除・ゴミ部屋の片付け・ハウスクリーニング・倉庫整理まで、お電話をいただければ最短30分で駆け付けます

 

また、事前の見積もりを無料で行っていますので、見積もり時にバレない対処法なども気軽にご相談ください。お気に召さなければ、スタッフの出張費用、お見積り費用にお金がかかることはありません。搬出時にはゴミをダンボールで梱包した上で運び出しますので、ゴミをご近所様に見られる心配も不要です。

 

これまでの実例として、作業員3名で約4時間、作業時間5時間半など大量のゴミがあっても一日以内に完了するケースをいくつも経験しております。もちろん、できる限りキレイな状態のお部屋をお客様にご提供できるよう、片付け後のハウスクリーニングもプロの作業員が行います。価値がある品、まだ使えるものなどを買い取ることも可能です。

 

ゴミ屋敷の片付けについて、様々なお客様のご要望をいただいておりますので、私どもがご提案するバレない片付け方法を一度ご案内できれば幸いです。

 

近所にバレないゴミ屋敷の片付けをご希望の方は、是非、粗大ゴミ回収隊にご連絡ください!

関連記事

ページ上部へ戻る