ゴミ分別が億劫でも楽しくなる♪おすすめのゴミ分別グッズ7選

2020年10月13日

近頃、ゴミ分別グッズが何かと話題です。話題になっている理由は、各自治体のゴミ分別のルールが厳しくなっているからです。ゴミ分別をストレスに感じている人も多いですが、賢い人は、ゴミ分別グッズを購入して楽しく分別しています。そのため、ゴミ分別が苦手な人はグッズから購入してみても良いでしょう。実際に、どのようなグッズが販売されているのでしょうか?この記事では、ゴミ分別におすすめのグッズをご紹介します。

グッズを購入しないとダメ?ゴミ分別をする理由

各自治体では、ゴミ分別の取り決めが厳しくなってきているので、正しい方法でゴミ分別を行うようにしましょう。そもそも、なぜ、ゴミ分別を徹底しなければいけないのでしょうか?ここでは、ゴミ分別をしなければいけない理由について分かりやすく解説します。

リサイクルに悪影響が出る

ゴミの中には、再利用すれば資源として使用できるものがあります。ゴミを正しく分別すると、資源として使用できるものをリサイクルルートに載せることができるのです。しかし、ゴミが分別されていなければ、全てのゴミが埋め立てられるため、分別すると再利用できるゴミも二度と再利用できなくなってしまいます。
後からゴミを分別しようとすると、不適切なものを取り除くのに時間がかかり、リサイクルに悪影響が出てしまうのです。そのため、正しくゴミ分別を行う必要があります。

税金を安く抑えることができる

ゴミ分別を行わなければ、資源を再利用することができないことを説明しました。また、ゴミ分別を行わなければ、全てのゴミが埋め立てられてしまいます。この埋め立てに係る費用は、地域の住民の税金で支払われているのです。
そのため、ゴミ分別を行うことで、環境負荷軽減に繋げられるだけではなく、地域の住民の税負担を軽くすることができます。各自治体は、税金を大切に使おうと考えているため、ゴミ分別に厳しい取り決めを設けているのです。

補足:ゴミ分別方法は市区町村で異なる

ゴミ分別を正しく行わなければリサイクルに悪影響が出てしまいます。また、本来であれば再利用できる資源も処分しなければいけなくなるため、その分、処分費がかかります。
この処分費は、地域の住民の税金で支払われているため、税金徴収額を下げるためにも、ゴミ分別を徹底したいと願う自治体も増えてきているのです。そのため、自治体の中には、ゴミ分別に厳しく取り決められています。ゴミ分別方法は市区町村で異なるため、引越しをした場合などは、必ず確認するようにしましょう。

グッズ購入前に確認したいゴミ分別方法

さまざまなゴミ分別グッズが販売されていますが、グッズを購入する前に正しいゴミ分別方法について学んでおきましょう。

1.ゴミの種類を把握する

ゴミの種類が分からなければ、ゴミを分別することができません。ゴミの種類は以下の通りです。どのようなゴミを、どのように分別すれば良いのかを良く覚えておきましょう。

燃えるゴミ 生ごみ・生花・紙コップ・ぬいぐるみ・ビデオテープなど
燃えないゴミ ガラス・玩具類・電子機器・刃物・スプレー缶など
ペットボトル ペットボトル
プラスチック トレイ・ラーメン等のカップ・発砲スチロール
スチール缶・アルミ缶
ビン (※酒ビン・ビールビン・牛乳ビンは、販売店に引き取りしてもらう)
新聞紙・紙パック・段ボール
衣類 布製品
粗大ゴミ 家具類・ふとん・マットレス・自転車・コンロなど

2.ゴミを出す

ゴミの処分方法は、各自治体で決められています。

  • ビニール袋の指定
  • ゴミ集積所への出し方
  • ゴミ捨て時間

上記のような細かなルールが定められているので、各自治体で定められているルールを確認しておきましょう。前に住んでいた町とゴミの捨て方が変わっていることを知らずに注意を受けてしまう人は多くいます。そのため、引越しをしたら、ゴミの捨て方については1度確認するようにしましょう。

補足:ゴミを処分する際の注意点

ゴミは分別するだけではなく、正しい捨て方で処分するようにしましょう。

  • 生ごみは、充分に水切りをしてから処分すること
  • 食用油は、布や紙に染み込ませるか凝固剤で固めてから処分すること
  • 庭木の枝は、長さ50cm以下に切断してから処分すること
  • 衣類に付いている金属は、可能な限り外すこと
  • 乾燥剤や保冷剤は、少しずつ処分すること
  • 紙おむつは、汚物を取り除いてから処分すること
  • 尖ったものを処分する場合は、刺さらないようにして処分すること

上記のような処分方法があります。詳細は、各自治体の指定のゴミ処分方法を確認しましょう。

ゴミ分別におすすめのグッズ5選

各自治体では、ゴミ分別の指導が厳しくなっています。しかし、細かい作業を苦手としている人は、ゴミ分別が面倒に感じてしまうかもしれません。ゴミ分別をしなければいけないことに、強いストレスを感じてしまうこともあるでしょう。そのような悩みを抱えている方は、ゴミ分別グッズを購入してみましょう。ゴミ分別グッズを活用すれば、楽しくゴミ分別が行えるようになるはずです。ここでは、ゴミ分別におすすめのグッズを紹介します。

1.ゴミ分別ステッカー

 

(出典元:楽天)

キャンドゥでも販売されている「ゴミ分別ステッカー」は、ゴミ箱に貼るステッカーで、ゴミの捨て方・捨てる日が分からないという悩みを解消してくれる優れものです。旦那さんや子どもともゴミ分別方法をシェアできるようになります。イラストなので、小さなお子様でも分かりやすくて便利なステッカーとなっています。

ゴミ分別ステッカーの使用方法は簡単で、ゴミ箱にステッカーを貼るだけです。ゴミの種類と一緒に、何曜日に出すのかを把握しやすくなります。また、ステッカーは厚手シールのため、貼った後も簡単に剥がすことができます。デザインもオシャレで安いという理由で、とても人気を集めているゴミ分別グッズです。

2.分別はさみ

(出典元:楽天)

100円均一ショップでも購入できる「分別はさみ」は、刃の部分が特徴的ですが、見た目や大きさは一般的なはさみと変わりはありません。しかし、ビンのキャップの注ぎ口部分に対して刃を差し込んで、はさみを持ち上げるだけで、簡単にキャップを外すことができます。

ペットボトルは、キャップを外してもリング部分が残ることがありますが、分別はさみを使用すれば簡単に外すことができます。各自治体のゴミ分別は厳しくなってきているため、分別はさみは1本用意しておきましょう。

3.ゴミ袋止めクリップ

(出典元:楽天)

DAISOでも販売されている「ゴミ袋止めクリップ」が人気を集めています。独特な形をしているクリップですが、ゴミ箱にビニール袋を固定するための道具です。ビニール袋のズレ防止に使うクリップですが、ゴミ箱の中にビニール袋を2枚入れると、分別ゴミ箱に変身させることができるのです。

一般的なゴミ箱は、仕切りがありません。そのため、ゴミの分別が面倒に感じてしまうのです。しかし、分別ゴミ箱にしておけば種類別に捨てていくだけです。そのため、ズボラな人にピッタリのゴミ分別グッズです。お値段も100円と安いため、試しやすいのも嬉しいポイント。ぜひ、気になる方はDAISOで商品を購入してみてください。

4.ダストバスケット

(出典元:楽天)

キャンドゥでも販売されている「ダストバケット」が、ゴミ分別グッズとして優秀だと話題を集めています。ダストバケットにはゴミの種類がイラストで描かれており、サイズやカラーバリエーションも豊富です。
ダストボックスの表面にイラストが記載されているため、子どもでも、ゴミの分別が行えるのです。ダストバスケットを広げるだけで自立してくれて、側面には持ち手もついています。また、ダストバスケットが汚れても、水拭き可能なので、簡単に汚れを落とすことができます。

5.目隠し分別ダストワゴン

(出典元:楽天)

キレイ好きでスタイリッシュな空間を望む方は、ゴミ分別で、さまざまなゴミ箱を置くことにストレスを感じてしまいやすいです。そのため、パントリーなどの人目に触れない場所にゴミ箱を置く人もいます。そのような方に、おすすめのグッズが「目隠し分別ダストワゴン」です。目隠し分別ダストワゴンは、素敵な収納用品や生活雑貨を販売している山崎実業が開発しているワゴンがおすすめです。

レジ袋を引っかけるだけで、分別ゴミ箱が作れるワゴン。使い勝手の良さだけではなく、スタイリッシュでオシャレなワゴンに惚れ込む人が続出しています。ワゴンの足元には、キャスターが付いているため、移動させるのもラクです。

6.ごみっこポイ

(出典元:楽天)

不快な三角コーナーや排水口の大量の生ごみを、手で触らずに捨てることができる水切り袋です。ダントツの水切れで、袋ごと捨てるだけなので、生ゴミ処分が本当にラクチンです。食べ残しも食材ゴミも、袋に入れるだけの手軽さは嬉しいです。

7.束ねるラップ

(出典元:楽天)

ダンボールの資源ゴミをヒモで結ぶのが苦手という人も多いはずです。そのような方におすすめのグッズが「束ねるラップ」です。ぐるぐると巻くだけで、フィルムがピタッと密着して、ヒモを使用するよりも、楽に資源ゴミをまとめることができます。

まとめ

今回は、ゴミ分別におすすめのグッズをご紹介しました。ゴミの分別が苦手な方は多いでしょう。また、小さなお子さまがいる場合は、子どもにも分別方法を教えなければいけません。このような悩みを抱えると、ゴミ分別に対してネガティブな気持ちを抱いてしまいますが、グッズを購入することで、ゴミ分別も楽しくなるはずです。
この記事で紹介したグッズの中には、100円で購入できるものもあります。近頃は、各自治体でのゴミ分別のルールが厳しくなってきました。そのため、ぜひ、グッズを購入して楽しくゴミ分別に取り組んでみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る