部屋を片付けてもすぐ散らかる人の特徴は?問題点と解決方法もご紹介

2020年10月05日

部屋を片付けても、1週間で部屋が散らかってしまうと悩んでいる方もいると思います。実際に、部屋を片付けても散らかる人には共通点があります。また、ゴミ屋敷や汚部屋の住人の生活スタイルは似ていることが多いです。そのため、部屋が散らかってしまう原因を突き止めて解決しましょう。

ここでは、部屋が散らかる原因から、部屋の片付けのコツについて分かりやすく解説します。ぜひ、部屋の片付けで悩んでいる方は、この記事を参考にしてみてください。

部屋を片付けても散らかる人の特徴

部屋を片付けても、すぐに散らかってしまう方もいます。しかし、部屋が散らかる人には、共通点があるのです。ここでは、部屋を片付けても散らかる人の特徴をご紹介します。

執着心が強い

執着心が強い人は、1年以上使用していない物にも執着してしまいます。その結果、必要ない物でも処分することができなかったり、落ち込んだ時に衝動買いに走ってしまったりしてしまうのです。そして、部屋に物が溢れ返ってしまいます。
このように執着心が強い人は、物欲を満足させて気を紛らわせています。一種のガラクタ中毒を患っているため、必要ない物を処分できない方は執着心を捨ててみる勇気を持ちましょう。

優柔不断

部屋の片付けをする場合は、部屋に溢れる物をすべて取り出して、必要か不要かを仕分けていきます。しかし、優柔不断な性格の人は、仕分け作業を苦手としているケースが多いです。
1年以上使用していない物でも、「いつか使用する機会があるかもしれない…」「本当に捨てて良いのだろうか…」という理由で処分ができないのです。このような優柔不断な性格の人の部屋も汚いことが多いです。
優柔不断な性格は根本的なものなので、片付け作業を家族や友人に協力してもらいましょう。また、周囲に協力を頼めない場合は、片付け業者を利用する方法もあります。第三者に手伝ってもらうことで、不必要な物を処分することができます。

物事に無関心

ネグレストやうつ病などの精神疾患にかかると、あらゆる物事に無関心な状態になってしまいます。料理や掃除にも興味を示すことができず、意欲を湧かすことができません。無気力状態になっているため、部屋の片づけを行うことができないのです。
このような精神状態になった場合は、周囲の方が気付いてあげて、サポートすることが大切です。また、うつ病の場合は、部屋が散らかっていると自己険悪に陥ってしまうため、粗大ゴミ回収業者を利用して部屋をキレイにして、精神的に健やかな状態を維持できるようにしましょう。

部屋を片付けても散らかる理由

部屋を片付けても、すぐに散らかると悩む人もいますが、悪い習慣が癖になっているかもしれません。そのため、自分の生活に部屋が散らかる原因がないかを振り返ってみましょう。ここでは、部屋を片付けても、すぐに散らかる理由をご紹介します。

すぐに物を捨てない

郵便ポストに入っていたDMのチラシを読まないのに、捨てずに置いている習慣を持つ人も多いです。また、飲み終えたペットボトルを机の上に置きっぱなしにする人もいるでしょう。
このような物を捨てない習慣が身についてしまうと、部屋を片付けても散らかってしまいます。そのため、ゴミは放置をせずにゴミ箱に捨てる習慣を持つようにしましょう。

物を元の場所に戻さない

部屋を散らかしてしまうことは理解しているけど、出した物を定位置に戻さない人も多いです。ストレスを溜め込んでいて慢性的に疲れている方や、面倒臭がり屋の方は、後で掃除をしようと片付けを後回しにしてしまいがちです。
しかし、片付けなければいけない物が溜まってもやる気が湧くことはなく、寧ろ片付けが億劫になってしまいます。そのため、後で片付けをするのではなく、出した物は定位置に戻す習慣を持つようにしましょう。

収納場所を決めていない

部屋の片付けを苦手とする人は、それぞれの物の収納場所を決めていません。片付けをする際にも、収納場所を決めずに、部屋をキレイにすることだけを意識しています。

しかし、収納場所を決めておかなければ、物を出した後に、どこに片付ければ良いかが分からなくなってしまいます。また、必要になった時に、どこに片付けたかを思い出せません。そのため、あらゆる場所を探すことになり物が散らかってしまうのです。そのため、物を片付ける場所は決めておくようにしましょう。

部屋に物が多い

衣類や書籍など収納スペース以上の物を所有していると、キレイに収納することができません。収納場所に全てを納めることができずに、床などに置いてしまう人も多いです。その結果、生活スペースが狭くなり、雑然とした印象の部屋になってしまいます。そのため、収納スペースに収めらないほどの量の物は、溜め込まないようにしましょう。

散らからない!キレイな部屋を維持するコツ

部屋が散らかる人には、共通の習慣がありますが、見直すことで改善されます。実際に、何を改善していけば良いのでしょうか?ここでは、キレイな部屋を維持するコツをご紹介します。

完璧を求めない

完璧主義者は、部屋の隅々までキレイにしようと努力しがちです。完璧主義の人は、勢い良く部屋の片付けを始めていきますが、細かい部分までキレイに仕上げようとするため、片付けで疲労が蓄積されてしまいがちです。そして、少しでも散らかってくると、憂鬱な気持ちになり辛くなってしまいます。このような状態に陥らないためにも、部屋の片付けをする際は、完璧を求めないようにしましょう。部屋の片付けが終わるということはあり得ません。部屋の片付けはコツコツと行い、習慣化するものなのです。そのため、部屋の片付けに完璧を求めないように気をつけましょう。

後片付けを習慣化する

部屋の片付けを後回しにするのは、絶対に控えましょう。後回しにするクセが付いてしまい、ゴミを机や床の上に置きっぱなしにしてしまったり、キッチンに食べた食器を積み重ねてしまったりしてしまいます。その結果、部屋が散らかってしまうのです。
そのため、後片付けはすぐに行うように習慣化しましょう。すぐに片付けする習慣を身に付ければ、キレイな部屋を保つことができるはずです。

片付けのルールを守る

部屋が散らかってしまう原因は、部屋の片付けの仕組みを作っていないからです。部屋の片付けのルールを作ることで、部屋は散らからなくなります。
例えば、小さな子どもがいる場合は、オモチャボックスを用意してあげて、遊んだオモチャを入れるように指示します。このように、片付けのルールを決めて仕組み化することで、部屋が散らかるのを防止することができます。

定期的に部屋に人を呼ぶ

部屋に恋人や友人を招く機会がない人は、人目に部屋をさらす機会がないため、キレイに片付けようという意識が芽生えにくいです。その結果、ゴミ屋敷や汚部屋になってしまいます。
このような状態に陥っている人は、部屋に人を招いてみましょう。人を招く場合は、日付を切っておくことで、その日までに部屋を片付けようと意欲が湧くはずです。

部屋が散らかない!おすすめ片付けグッズ

部屋を片付けたら、キレイな状態をキープしたいものです。美しい部屋をキープするために、片付けグッズを揃えておきましょう。ここでは、おすすめの片付けグッズをご紹介します。

レック激落ちくん 粘着クリーナーハンディ

(出典元:楽天)

カーペットの汚れを落とすには、カーペットクリーナーを使うと便利です。クリーナーをコロコロと転がすだけで汚れを落とせます。さまざまなメーカーから販売されていますが、レック激落ちくんのカーペットクリーナーは、斜めライン・矢印・めくり口が印刷されているため、テープを剥がすポイントや、転がす方向を一目で確認することができます。使い勝手にこだわりたい方におすすめの商品です。

レック激落ちくんメラミンフォーム

(出典元:楽天)

お掃除の定番アイテムといえば、メラミンスポンジです。スポンジに水をつけて、汚れをこするだけでで、水垢などのガラス汚れが落とせます。現在では、100円均一でも販売されるようになり、どこでも購入できるようになりました。
メラミンスポンジの中でも、レックの激落ちくんは、ミラミン樹脂をミクロン単位で発砲させた硬度の高い骨格構造をしています。無数の網の目で、しつこい汚れを水だけで簡単にかき取ることができるので、人気を集めているお掃除グッズです。

クイックルワイパ-

(出典元:楽天)

ワイパーのヘッド部にシートを装着して、モップのように使用するクイックルワイパーが、拭き掃除に便利です。シートを取り付けたヘッドが部屋のコーナーにピタッと収まり、上下左右に軽く動かすだけで、床に落ちているゴミやホコリを絡め取ってくれます。掃除機では、届かない隅々までふき取ることができる気持ちよさこそ、クイックルワイパーの大きな魅力です。

ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ

(出典元:楽天)

ハンディモップを持っておけば、好きなときに掃き掃除ができます。ハンディモップの中でも、おすすめの商品が、ウェーブハンディワイパー超ロングタイプです。
国内製品で最長の全長96cmまで3段階の長さ調整ができ、ヘッドの角度が5段階に調整できるハンディモップです。大掃除ではないと手の回らない高い所の掃き掃除も、これで日常的に行えます。

ウタマロクリーナー

(出典元:楽天)

ウタマロクリーナーは中性洗剤で、特にキッチンで効果を発揮します。しかし、キッチンだけではなく、トイレや浴室、窓拭きなどにも使用することができます。また、体に害がないため、普段づかいの洗剤として安心して使用することができます。1本持っておくと、あらゆる場所で大活躍する家庭用洗剤です。

まとめ

今回は、部屋の片付けをしても散らかってしまう原因を説明しました。部屋を隅々まで片付けても、片付けが習慣化していなければ、すぐに部屋は散らかってしまいます。そのため、一度に片付けをしようと張り切るのではなくて、日頃からコツコツと片付ける習慣を身につけるようにしましょう。
取り出した物を元の位置に戻すだけでも、部屋は散らかりにくいです。そのため、部屋が散らかってしまい悩んでいる人は、部屋の片付けを習慣化してみてください。もし、現在進行形で、ゴミ屋敷や汚部屋化して悩んでいる方は、まずはプロの片付け業者にキレイにしてもらってから、部屋の収納を考えてみる方法がおすすめです。片付けを検討している方は、粗大ゴミ回収隊にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る