引っ越し時に大量のゴミが出た!即日処分する方法は?

2020年01月04日

引っ越しを機会に不要な物を処分する人は多いはず。一方で、電解製品や家具など粗大ゴミの処分に困っている人もいるでしょう。

この記事では、引っ越しするときの粗大ゴミを出さない方法や、粗大ゴミの上手な処理方法について紹介しています。これから引っ越しの予定がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

引っ越し時に粗大ゴミを出さない方法

引っ越し費用を安く抑えるためには、不要な物は持って行かないことがベストです。一方で、新しい引っ越し先に、自分の荷物をすべて持って行きたいけれど、スペースが足りないという人もいるでしょう。

引っ越し時に粗大ゴミが出ると、処分に時間やコストがかかるため、デメリットが多くなります。最近では、断捨離やミニマリストなど「物を持たない暮らし」が人気を集めています。

引っ越し時に粗大ゴミを出さないようにするためには、日ごろから不要な物は買わないようにすることが大切です。また、前には使っていたけれど不要になったという物は、他人に譲ったりするのもよいでしょう。

引っ越し時に粗大ゴミを処分する方法

引っ越し時に粗大ゴミを処理する方法にはいくつかあります。ここでは、自分でできる粗大ゴミの処理方法について挙げていきます。

粗大ゴミを分解してゴミとして捨てる

カラーボックスなど、ちょっと大きめのゴミであれば、自分で分解して普通ゴミとして出すことできます。分解方法で手っ取り早いのが、のこぎりを使う方法です。普通ゴミは、自治体ごとにサイズが指定されているので、指定の大きさに収まるように分解しましょう(たいていは、30~50㎝未満です)。

自治体の粗大ゴミ回収サービスを使う

「自分で粗大ゴミを分解できない」というときに利用したいのが、自治体の粗大ゴミ回収サービスです。自治体の粗大ゴミの回収サービスは有料で、利用するには事前に申し込みが必要になります。このとき、対象となる粗大ゴミのサイズを計測して、報告する必要があります。

また、大きさも「直径2メートルまで」などと指定されているため、大きすぎる家具は受付てもらえないこともあるので、注意しましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

粗大ゴミを捨てるのが難しいという人におすすめなのが、リサイクルショップで売ることです。しかし、リサイクルショップ側は、あくまで売れる商品を安く買い取るのが目的です。電子レンジなどすでにお店に商品がいくつかある場合は、買い取りを拒否されてしまうことも。

粗大ゴミを他人に売る、または譲る

最近ではネットオークションやメルカリなどで、不用品を他人に売ることも可能です。買う人が見つかるまでに時間がかかったり、荷物の送付代金が割高になったりすることもあるので、計画的に行うことが大切です。

粗大ゴミ回収業者に回収を依頼する

粗大ゴミ回収業者に粗大ゴミの回収を依頼すれば、大型家具の解体や搬出作業が必要なくなります。全ての作業を粗大ゴミ回収業者にお任せできるため、大変便利です。また、粗大ゴミ回収業者は即日対応してくれることも大きな魅力となっています。

引越しに伴う粗大ゴミの即日回収に関する悩み

引越しに伴う粗大ゴミ回収は予想もしない落とし穴があったり、想像以上に作業が大変だったりします。ここでは、実際に引越しに伴う粗大ゴミ回収で良く起こりがちな悩みをご紹介します。

自治体サービスの回収日に間に合わない

引越しの荷造りで「引越しを機会に処分してしまおう…」と思う粗大ゴミが出てくることも多いです。このような粗大ゴミ処分を自治体サービスで利用して行おうとすると、粗大ゴミ回収は約2週間後。引越し当日までに粗大ゴミが処分できない…という不測の事態に陥ります。その結果、新居に粗大ゴミを持っていくという方も少なからずいます。

単身引越しの粗大ゴミ処分は大変

ファミリー世帯の引越しの粗大ゴミ処分は、夫婦2人で搬出作業ができますが、単身引越しの粗大ゴミ処分は大変です。

家族や友人に協力を依頼しないと大型家具や電化製品の搬出作業は行えないでしょう。体力に自信がある方でも、無理して搬出作業をしてしまうと足腰を痛めかねません。このようなトラブルを起こす前に、専門業者に依頼をしましょう。

引越し作業が想像以上に大変

引越しの準備には約1ヵ月間かかります。荷造りをするだけと安易な気持ちでいると、引越し当日までに荷造りが終えられなくなります。

荷造りを終えられていない場合は、引越し業者に荷造りの協力をしてもらうことになりますが、かなり高額な追加料金が請求されてしまいます。そのため、引越しの準備はスケジュールを立てて行いましょう。

会社の移転作業まで手が回らない

会社の移転作業は、通常業務を行いながら行わなければいけません。そのため、会社の移転作業まで手が回らないという企業も多いです。

また、会社の不用品は産業廃棄物のため、一般のゴミとして処分することはできません。

さらに、機密事項の情報も取り扱っているため、書類を処分する場合は裁断するなど、個人情報の漏洩に気をつける必要があります。通常業務をしながら、このような移転作業が行えないと悩まれている企業も多いです。

引越しに伴う粗大ゴミの即日回収は粗大ゴミ回収隊へ

引越しに伴う粗大ゴミに関する悩みはさまざまですが、粗大ゴミ回収隊にご相談頂ければ、悩みを解決します。ここでは、粗大ゴミ回収隊の魅力について分かりやすく解説します。

業界最安値の料金体系

粗大ゴミ回収隊は、粗大ゴミ回収業者の中でもリーズナブルな料金体系が自慢となっています。定額パックプランの料金を他社と比較しても、安さは一目瞭然です。粗大ゴミ回収料金に絶対的な自信を持っています。粗大ゴミ回収隊への見積依頼は、完全無料となっています。そのため、まずは料金の安さを確かめてみてください。

即日回収に対応

粗大ゴミ回収隊は、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県を営業エリアにしている粗大ゴミ回収業者です。各営業エリアに専属スタッフを配置しており、指定エリアを巡回しています。そのため、お問い合わせをして頂ければ、近くを巡回しているスタッフを向かわせられるため即日回収に対応できます。

粗大ゴミ回収隊は、朝8時から夜24時まで営業しているため、ご都合の良い時間帯にご連絡ください。

早朝や深夜にも対応

粗大ゴミ回収隊は、事前にご予約をすれば、早朝や深夜の粗大ゴミ回収にも対応します。日頃は、仕事なで忙しい方も、仕事前や帰宅後の時間帯を指定して頂ければ、粗大ゴミ回収にお伺いさせていただきます。

サービス内容が充実

粗大ゴミ回収隊は、不用品回収・不用品処分だけではなく、不用品買取サービスを提供しています。再利用できる家具や家電を処分する場合は、その場で査定して現金化してもらえます。その他の粗大ゴミ処分費と相殺することも可能。そのため、料金を更に安く抑えることができます。

また、ハウスクリーニングサービスを提供。部屋の片付けをした後の掃除までワンストップで依頼できることも粗大ゴミ回収隊の魅力となっています。ハウスクリーニングはプロの専門業者が担当するため、普段の生活では落とすことができない汚れまで落とせます。これらのサービスを同時に依頼して頂ければ、トータルコストを安く抑えることができます。

事前の片付けや準備は不要

粗大ゴミ回収隊は、荷物の片付け代行から回収作業まで、全ての作業をお任せ頂けます。そのため、事前の片付けや準備は不要です。事務所の移転などに伴う粗大ゴミ処分は、大量のゴミの処分が必要になることがありますが、全ての作業を粗大ゴミ回収隊が担います。そのため、通常業務に集中することができます。

マニュフェスト発行無料

事務所や飲食店から出る粗大ゴミは、産業廃棄物に該当します。産業廃棄物を処分する際は、法律のルールを守って処分する必要があります。

粗大ゴミ回収隊は、産業廃棄物運搬収集業許可を取得している企業のため、廃棄物処理後のマニュフェストを無料で発行することが可能です。そのため、廃棄物の処理に不安を感じる方も安心してお任せできます。

クレジットカード払いに対応

粗大ゴミ回収業者は、クレジットカード払いに対応している粗大ゴミ回収業者です。緊急で引越しに伴う粗大ゴミを依頼したいけれど、財布の中に現金が入っていないという方も、粗大ゴミ回収サービスの利用ができます。お客様の希望があれば、請求書も発行させて頂きますので、お気軽におっしゃってください。

粗大ゴミ回収隊の魅力についてご紹介をしてきましたが、より詳細の情報が知りたい方は、ぜひ、下記の記事を参考にされてください。

まとめ

自分の持ち物を見直す機会にもなる引っ越し。引っ越し時は、意外に多くの粗大ゴミが出ることもあり、処理に困る人も少なくありません。粗大ゴミの処理にかける時間がないという人は、専門業者に頼むのもおすすめです。さまざまな専門業者が存在しますが、少しでも料金を安く抑えたいという方は「粗大ゴミ回収隊」にご依頼ください。

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の料金体系を実現している粗大ゴミ回収業者で、料金に絶対的な自信を持っています。見積依頼は、完全無料となっているため、まずは料金の安さをお確かめください。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊