ペンキの処分費用は?ペンキの処分は不用品回収業者がおすすめの理由

2022年01月11日

ペンキの処分費用は?ペンキの処分は不用品回収業者がおすすめの理由

DIYや絵画などで使用したペンキの処分に悩む方は多いです。ペンキは使用した後に余ることがありますが、どのような方法で処分すれば良いのでしょうか?結論から説明すると、自治体ではペンキを処分してもらえません。そのため、不用品回収業者を利用することになります。

この記事では、お得にペンキを処分する方法をご紹介します。ぜひ、ペンキの処分でお悩みの方は、この記事を参考にしてみてください。

ペンキの処分費用

ペンキを処分する場合は、不用品回収業者を利用する方法しかありません。
ペンキの処分費用は液体量によって変動しますが、一斗缶(約18リットル)の処分費大体3,000円前後となります。しかし、各業者で料金体系は異なるため、複数の業者へ見積依頼してみてください。

ペンキの処分方法

ペンキを捨てる場合には、以下のような方法があります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者へペンキの処分を依頼すれば、回収から処分までをプロにお任せできます。お問い合わせをすれば、すぐに現場まで駆けつけてくれることも大きな魅力です。そのため、ペンキの処分に手間をかけたくないという方は、不用品回収業者へ依頼してみてください。

欲しがっている人に譲る

身近な人でペンキを欲しがっている人がいれば譲りましょう。絵を描くことが趣味だったり、DIYが趣味だったりする方に譲れば喜ばれます。そのため、処分前にペンキを欲しがっている人がいないかを尋ねてみましょう。

一般ゴミで処分する

ペンキは工夫次第で一般ゴミで処分することができます。一般ゴミで処分する主な方法は以下の通りです。

1.新聞紙や布で拭き取る

ペンキの残業が少ない場合は、新聞紙や布で拭き取りましょう。新聞紙や布に付着したペンキが乾燥したら、燃えるゴミとして捨てられます。

自宅で作業すると、床や壁が汚れてしまう恐れがあるため注意してください。また、油性ペンキに火が付くと引火する恐れがあるため、屋外で作業するなど工夫しましょう。

2.凝固剤でペンキを固める

大量のペンキを一般ゴミで処分する方法として、凝固剤を使用する方法があります。凝固剤は通信販売で売られており、500円程度で購入できます。ペンキを大きな容器に移して凝固剤を混ぜまて、固まったら乾燥させて完成です。その後は、燃えるゴミで処分できます。

しかし、凝固剤容器軍手を用意しなければいけず大掛かりな作業です。また、養生をしなければ壁や床が汚れてしまいます。

注意(1):排水溝に流すのは危険

希釈した水性ペンキであれば排水溝に流せます。しかし、大量に流すと排水溝の詰まりの原因となるため注意してください。水性ペンキ自体を排水溝に流す方がいますが、詰まりのトラブルの原因になるため絶対に行わないでください。とくに、冬場に流すと固まってしまいます。

注意(2):部屋の換気をする

ペンキには有害物質が含まれているため、ペンキの残量を新聞紙や布で拭き取ったり、凝固剤で固めていたりする最中に気分が悪くなる恐れがあります。そのため、自分でペンキを処分したい方は換気できる場所で作業してください。

【ペンキを処分】不用品回収業者の選び方

大量のペンキが余った場合は、用品回収業者へ処分を依頼しましょう。ここでは、不用品回収業者の選び方をご紹介します。

複数の業者へ見積依頼する

不用品回収業者に応じて、ペンキの処分費用は異なります。不用品処分の料金には定価が存在しません。高額な請求がされないように、複数の業者へ見積依頼をしてみてください

また、ペンキの処分費用の平均相場を把握しておくと、妥当な金額であるか判断がつきやすくなります。

担当者に質問をしてみる

不用品回収業者の担当者に不明なことは質問してみてください。例えば、営業許可証を所持しているかなどを確認してみると良いでしょう。

どのような質問に対しても、依頼者側の気持ちになり丁寧・親切に説明してくれる担当者であればトラブルの心配はありません。

営業許可証の掲示を確認する

信頼できる不用品回収業者であるか、営業許可証の掲示の有無を確認してください。

公式ホームページの会社概要欄に「産業廃棄物収集運搬業許可」の番号が記載されていれば、安心してペンキの処分を依頼できるでしょう。産業廃棄物収集運搬業許可の掲示がない業者に依頼するのは止めましょう。

ペンキの処分方法に悩んだら「粗大ゴミ回収隊」

ペンキの処分方法や不用品回収業者の選び方をご紹介しましたが、依頼先に悩んだら「粗大ゴミ回収隊」へご相談ください。ここでは、粗大ゴミ回収隊へ依頼するメリットをご紹介します。

業界最安値の料金体系を実現

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の料金体系を実現する不用品回収業者です。業務効率化を徹底して、運用コストを最小限に抑えています。その分、料金に還元しているので、他社より料金体系が安いのです。料金体系に絶対的な自信を持っており、他社より高ければ値引き交渉にも応じられます。見積依頼は完全無料のため、ぜひ料金の安さをお確かめください。

即日回収に対応が可能

粗大ゴミ回収隊は即日回収に対応できます。「電話」「メール」「LINE」などでお問い合わせをすれば、最短25分で現場に駆けつけられます。また、事前予約をすれば、早朝や深夜の作業にも対応ができることが強みです。お客様のご都合を最優先しますので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

あらゆる品物に対応

粗大ゴミ回収隊は「家電リサイクル品」「パソコン」「危険物」「産業廃棄物」など自治体サービスでは回収してもらえない品物をまとめて処分できます。あたゆる品物を回収できることが粗大ゴミ回収隊の強みです。

産業廃棄物収集運搬業許可証を掲示

粗大ゴミ回収隊は格安の不用品回収業者ですが、自治体から「産業廃棄物収集運搬業許可証」を取得して営業しています。そのため、不用品回収トラブルの心配は必要ありません。

ペンキ処分の実績も豊富に持っているため、お気軽にお問い合わせください。

徹底した従業員教育を実施

粗大ゴミ回収隊は、お客様に満足してもらえるサービスを提供するために、定期的に従業員教育をしています。従業員教育では不用品回収の方法だけでなく接客術を学ばせています

また、作業前には従業員に身だしなみチェックをさせているので、従業員の対応に不快感を抱くことはありません。お客様に満足してもらえる気持ちの良い接客をさせていただきます。

ハウスクリーニングにも対応

ペンキを使用して部屋が汚れてしまったなどのお悩みを抱えている方も、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。粗大ゴミ回収隊ではハウスクリーニングサービスを提供しています。

ハウスクリーニングは専用薬剤と専用機材を使用するため、の掃除では落とせない頑固な汚れを落とすことも可能です。部屋が汚れてしまって悩んでいる方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

まとめ

ペンキは危険物の取り扱いとなり、自治体サービスで処分することができません。この記事では、ペンキの処分方法をご紹介しました。ぜひ、自分に見合った方法でペンキを処分してみてください。ペンキの残量が多く処分に悩んだら「不用品回収業者」を利用することをおすすめします。

粗大ゴミ回収隊は、業界最安値の料金体系を実現する不用品回収業者です。ペンキも安く処分することができます。見積依頼は完全無料のため、ぜひ、ペンキ処分にお悩みの方は「粗大ゴミ回収隊」へご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊