クリスマスツリーの捨て方!クリスマス用品の処分方法も解説

2023年11月02日

0120-847-531
クリスマスツリーの捨て方!クリスマス用品の処分方法も解説
この記事では、クリスマスツリーの捨て方について解説します。 クリスマスツリーには、プラスチック製・生木のクリスマスツリーがあり、それぞれに則した処分方法を紹介。 また、クリスマス用品やオーナメントなどの処分方法にも触れています。 クリスマスを過ぎたクリスマスツリーの処分にお困りの方は、最後までご覧ください。

クリスマスツリーの捨て方・処分方法

クリスマスツリーの捨て方・処分方法 最初に、クリスマスツリーの捨て方・処分方法を解説します。 クリスマスツリーを処分するには様々な方法があります。 クリスマスツリーの素材・サイズなどから自身にあった最適な方法を選んでください。

不用品回収業者に依頼する

生木やプラスチック製のクリスマスツリーの処分は、不用品回収業者に依頼するとラクラクです。 プラスチック製のクリスマスツリーは、ネジやビス、芯ガネなど金属や他素材で組み上げられています。 そのため、クリスマスツリーをそのままの状態で自治体の収集には出すことができません。 また、オーナメントや電飾などもそれぞれに即した捨て方が必要です。 不用品回収業者では、クリスマスツリーを飾ったままの状態で処分することが可能です。 絡みついた電飾やオーナメントを一つ一つ外して、分別をする手間もありません。 ほかにはクラッカーやロウソク、リースなど部屋の飾りつけに使用したものも併せて処分することができます。 クリスマスツリーをはじめとするクリスマス用品をまとめて処分するには、不用品回収業者の「パックプラン」が最適。 パックプランを利用すればまとめて処分でき、費用を抑えられるので一石二鳥です。 クリスマスツリーの処分におすすめの不用品回収業者はコチラ!

自治体のゴミで捨てる

お住まいの自治体によって捨て方のルールは異なるため、各自治体のルールに沿った捨て方を確認してください。  

燃えるゴミ・燃えないゴミに出す

クリスマスツリーを燃えるゴミ・燃えないゴミで出す場合は、大きさと素材を確認しましょう。 プラスチックや金属で組み立てられているクリスマスツリーは解体して、素材ごとに分別して出す必要があります。 オーナメントやリースなども複合素材で出来ている場合が多いので、素材ごとに分別して捨てるといいでしょう。
素材 ゴミ分類
木材 燃えるゴミ
プラスチック 燃えるゴミ・資源ゴミ
金属 燃えないゴミ・資源ゴミ
※自治体により分別ルールは異なるため、お住まいの自治体のルールを確認してください。  

粗大ゴミに出す

クリスマスツリーを粗大ゴミに出す場合は、以下のような流れでおこないます。
  1. 電話やインターネットで申し込む
  2. 品目に該当する料金分、粗大ゴミ処理券を購入
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号などを記載し粗大ゴミに貼付
  4. 収集日当日は所定の場所に運び出す
申し込み方法や出し方などは自治体により異なるので、確認するようにしましょう。 また、クリスマスツリーの項目がない場合は、何に該当するのかを問い合わせると確実です。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。 海外ブランドのようなクリスマスツリーであれば買取できる場合があります。 また、美品・完品であるのが望ましいといえます。 シーズンもののため、時期を過ぎれば買い取ったとしても不良在庫になりかねません。 そのため、需要がないクリスマスツリーの買取は難しいといえます。

フリマアプリで売る

フリマアプリの利用で売る方法もあります。 メルカリなどのフリマアプリでは価格設定も自身で行えるため、多少の利益を見込める場合があります。 さらに、状態の良いクリスマスツリーやオーナメントなど付属品が揃っている物だとより良いでしょう。 また、電飾やオーナメントは飾りつけなどに使いやすいので、売れる可能性は高いといえます。 クリスマスツリーは求められる時期を過ぎてしまうと、売れるのに相当時間がかかるでしょう。 そのため、すぐ処分してしまいたい方には不向きな方法です。 フリマアプリなどは個人間での商品取引のため、トラブルに発展する可能性があります。 丁寧な対応のほか、写真や詳細な状態説明を記載するように注力しましょう。

譲る

クリスマスツリーを購入予定や買い替え予定の友人などが身近にいれば、譲ってしまってもよいでしょう。 「手放す」と「入手」のお互いの要望が叶えられるので、気持ち良く解決できます。 ジモティーというフリマアプリを使えば、無料で出品することも可能です。 譲る相手が見つけやすい、需要のないクリスマスツリーでも譲渡先を見つけられるかもしれません。

寄付する

非営利組織や団体、養護施設などの福祉機関がクリスマスツリーの寄付を募っている場合があります。 寄付する場合、単純に送ることはできないので団体や施設のホームページなどで、必要としているかを必ず確認するようにしましょう。 閲覧しておけば手続き方法などもわかるのでスムーズです。 また、配送料・梱包費などは送る側の負担になるので注意しましょう。

何ゴミ?素材別クリスマスツリーの捨て方

何ゴミ?素材別クリスマスツリーの捨て方 つぎに素材別のクリスマスツリーの捨て方を解説します。 クリスマスツリーには、生木型とプラスチック製と2種類あります。 それぞれに適正な処分方法があるので参考にしてください。

生木

生木型のクリスマスツリーは、木材のため燃えるゴミで処分することが可能です。 また、大型のクリスマスツリーは細かく解体することで処分できる場合があります。 とはいえ燃えるゴミで処分する場合は、自治体が定めているサイズ内に収めなければなりません。 自治体により異なりますが、「一辺が30cm以上」のものは粗大ゴミとして基準を設けています。 これらに該当する、もしくは基準内に収まらないクリスマスツリーは、もれなく粗大ゴミで出す必要があります。 自治体によってはたとえ解体して基準内に収めても、粗大ゴミで捨てる地域もあります。 そのため、お住まいの自治体のルールに則した捨て方を確認しましょう。

プラスチック

ご家庭で使われるクリスマスツリーの大多数が、プラスチック製かプラスチックや金属などを含む素材で組み立てられています。 解体して処分する場合は、以下のようなパーツに分けて分別をするとよいでしょう。 〇プラスチック部:燃えるゴミ・資源ゴミ ※自治体により異なります。
  • 葉部分
〇金属部:燃えないゴミ・資源ゴミ
  • ネジ・ビス
  • 電池ボックス
  • 芯ガネなど
〇小型家電 ※自治体により異なります。
  • 小型の電池式トイ型クリスマスツリー
これらに分別かつ、自治体の捨て方を確認したうえで処分しましょう。 幹の部分が金属を芯にプラスチック樹脂を金型に流し込む「インサート成型」だと、くっついて分離できない場合があります。 金切り鋸などを用いても芯ガネが取り除けない場合は、ケガのリスクがあるので無理に解体せず、粗大ゴミとして出すのがおすすめです。 また、大型のプラスチック製のツリーは解体しても自治体の基準に該当すれば、粗大ゴミで出すルールの自治体があるので注意してください。

ツリー以外のクリスマス用品の捨て方

最後に、ツリー以外のクリスマス用品の捨て方について解説します。 クリスマス用品のオーナメントやリースなども複合素材の場合が多いです。 解体分別の必要があるので、それぞれに適した捨て方を参考にしてください。

オーナメント

オーナメント オーナメントは布類・プラスチック・金属・ガラス・陶器など各種素材で出来ています。 また、素材混合で組み合わされている物も多くあります。 素材混合のオーナメントであれば、分解してお住まいの自治体の定める捨て方で処分しましょう。 またオーナメントには、フランスのクリスタル・ガラスメーカー「バカラ」や「スワロフスキー」など海外ブランド製のものがあります。 ブランドのオーナメントをお持ちの方は、リサイクルショップやフリマアプリを活用するとよいでしょう。 デザインが良かったり、希少価値があったりと、数千円〜数万円で取引されているものもあります。

電飾

電飾 電飾は自治体によって異なりますが、一般的に「燃えないゴミ」です。 捨てるときは他のゴミと絡まってしまうので、紐や輪ゴムで束ねておくとよいでしょう。 また電球部分がガラス製の場合は、新聞紙などで包んでおくとケガのリスクは減ります。 電飾はサイズ・色見・発光表現など多種多様にあり、まだ利用できる状態であれば売却もおすすめです。 インテリアや明かりに用いるなど様々な用途で利用できるので、需要はあるでしょう。

土 自治体により異なりますが、土は捨てることができません。 そのため、以下に挙げる方法で処分を検討してみてください。
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自宅の庭に撒く
  • 土の回収サービスがあるホームセンターを利用する
  • 生木のツリーを購入した店舗に引き取ってもらう
店舗に引き取ってもらう場合は、土を回収できるサービスがあるか確認しましょう。 庭に撒くのが費用も掛からないため効率的ですが、マンションや庭のない環境だと撒けないので、ホームセンターの利用か不用品回収業者に依頼すると安心です。 不用品回収業者では、土以外の処分品があればまとめて処分できるのでイチオシです

クリスマスリース

クリスマスリース クリスマスリースは、主に木製・プラスチック製が多いため「燃えるゴミ」です。 しかし、プラスチック製は燃えるゴミ燃えないゴミは自治体によって異なるので注意です。 また、状態が良いリースなら繰り返し飾れるので再利用も考えてもいいでしょう。 新しく購入する費用も手間もかからないのでおすすめです。

クリスマスツリーの処分は「粗大ゴミ回収隊」で!

クリスマスツリーの処分は「粗大ゴミ回収隊」で決まりです! ツリーには各素材ごとの自治体が定めるルールに沿った捨て方があり、分解したり分別をして適正に処分する必要があります。 分解する工具を用意したり、分別のため自治体の分別表とにらめっこするなど、煩わしさはこの上ないでしょう。 そんなクリスマスツリーの処分は、「粗大ゴミ回収隊」に頼めば簡単解決です。 粗大ゴミ回収隊の「パックプラン」を利用すれば、クリスマス関連の粗大ゴミ・不用品をまとめて処分できます。 「パックプラン」は、軽トラック目安9,800円と破格の安さで利用可能。 また、各種諸経費込みで見積り後の追加費用は一切発生しません。 さらに、粗大ゴミ回収隊は、日時指定可能・早朝深夜作業・即日対応ができます。 そのため、年末の大掃除などで自治体の戸別回収の混雑を、スムーズに回避できて快適です。 粗大ゴミ回収隊は料金・品質と高次元でまとまった、粗大ゴミ回収業者の中でも指折りの優良業者です。 クリスマスツリー・クリスマス用品の捨て方にお悩みの方は、ぜひ粗大ゴミ回収隊にご相談ください。 >>>粗大ゴミ回収隊への無料お見積りはこちら!

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊