土の処分方法は?処分方法の種類・注意点・おすすめの回収業者をご紹介

2021年04月26日

土の処分方法は?処分方法の種類・注意点・おすすめの回収業者をご紹介

鉢に植えた植物を処分するとき、植物は燃えるゴミとして処分できますが、土の処分方法には注意が必要です。土の処分方法は自治体によって異なるため、事前に問い合わせることが大切です。

また、土の処分方法は自治体に回収してもらう以外にも方法があります。それぞれの処分方法のメリット・デメリットを踏まえ、ご自身に最も適した方法を選びましょう。

ここでは、土の処分方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット、注意点について詳しくご紹介します。

土の処分方法の種類とメリット・デメリット

土の処分方法は、全部で6つあります。どの方法を選んでも土を処分できますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため注意が必要です。
それでは、土の処分方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

自治体に相談する

土の処分だけではなく、不要品を処分する方法として最初に思い浮かぶのは自治体に相談することではないでしょうか。自治体によっては、土を燃えるゴミとして処分できますが、多くの自治体では条件付きで回収するか、一切回収をしていません。まずは、土の処分方法について自治体に相談してみましょう。

ただし、「土を購入した店に相談してほしい」などと、たらい回しにされる場合があります。問い合わせても必ずしも土の処分方法がわかるとは限りません。

他の植物に使い回す

土はよほど品質に問題が起きない限り、半永久的に使用できます。そのため、プランターに入った土を庭にまいたり、他の植物に使い回したりすることも可能です。他の植物に使い回せば、土を新たに購入する必要もなくなり、お金の節約にもなります。

ただし、植物によって使用する土を変えるなどこだわりがある場合は、他の方法で処分することになるでしょう。また、マンションに関しても庭がない、2階以上に住んでいる場合は土をまいて処分できません。なお、マンションの庭は借り物であるため、勝手に土をまいてはいけない可能性があります。管理会社や大家の許可を得たうえで土をまきましょう。

購入店に相談する

土を購入した店によっては、土を回収してくれます。ただし、土を回収してくれるのは園芸店であり、通販で購入した土は対象外なケースがほとんどです。また、店によって有償・無償が異なる他、何らかの商品を購入しなければ土を引き取ってもらえない場合もあります。

土の回収については明確なルールや法規制がないので、店が定めたルールに従う事になります。また、土は基本的に店に運ぶ必要があり、土の量が多い場合はトラックを借りるなど色々と手間とお金がかかります。

ホームセンターに相談する

ホームセンターによっては、園芸用の土を引き取ってくれます。ホームセンターの中でも一部店舗のみ対応しているケースもあるなど、店によって対応が異なります。また、新たに購入した土と同量の土しか引き取れなかったり、指定の方法で持ち込んだりと、様々なルールがある場合が少なくありません。土を持ち込んだが結局引き取ってもらえなかったという事態にならないように、事前に確認しておきましょう。

ホームセンターでは、比較的安く土を回収していることが多い一方で、自力で運ぶ必要があるというデメリットもあります。ホームセンターによってはトラックを貸し出しているので、利用できるかどうか問い合わせておきましょう。

人に譲る

土をオークションサイトや個人売買サイトで売るのも1つの方法です。土は意外と利用価値があるため、ホームセンターや園芸店で売られている土よりも安く販売すれば、すぐに買い手が見つかる可能性もあります。人に譲ることに成功すれば、処分費用がかからないどころか利益を得られます。ただし、買い手とのトラブルは全て自分で対処しなければなりません。料金が振り込まれなかったり不当に返品要求されたりする可能性があります。その他、土を配送するのにも手間がかかります。

粗大ゴミ回収業者に依頼する

粗大ゴミ回収業者と言えば、家具や家電のみ回収しているイメージがあるかもしれませんが、実は土の回収ができる業者も多いのです。費用はかかりますが、自宅まで土を回収しにきてくれるため、持ち運びが難しい性質の土や大量の土にも対応可能です。ただし、業者によっては土の回収を行っていなかったり、料金が高すぎたりする場合があるため、事前に問い合わせておく必要があります。

また、土だけではなく、家具や家電など他の不要品もまとめて回収してくれるので、依頼する前に不要品がないかチェックしてみてください。

粗大ゴミ回収業者に依頼するメリットは、対応がスピーディーで自宅まで土を回収しにきてくれることですが、他の回収方法と比べて費用が高くなる傾向があります。

ただ、土を運搬するためにトラックをレンタルすると、結果的に粗大ゴミ回収業者に依頼した方が安くなる可能性があるため、まずは見積もりを取ることをおすすめします。

土を処分するときの注意点

土を処分するときは、次のような注意点を守りましょう。

処分前に土の不純物を取り除く

土を処分するときは、ついそのまま袋に入れて運んでしまいがちです。しかし、土には小石や植物の茎、葉などが混ざっている場合があるため、これらを取り除く必要があります。不純物が混ざっている土を店に持ち込んでも引き取ってもらえない可能性があるため注意が必要です。

土の不純物を取り除くときは、十分に乾かすことが大切です。土に水気があると重くなるうえに、不純物を取り除くことが難しいでしょう。

土の不純物を取り除いたら、ポリ袋か土のう袋に土を入れ、店に持ち込むか粗大ゴミ回収業者に回収してもらいましょう。

土の不法投棄は絶対にしない

土は自然のもののため、そのあたりにまいても問題ないと思う方もいるでしょう。しかし、全ての道は国あるいは個人・法人が所有しているため、無許可で土をまくと不法投棄となり罰則を受ける恐れがあります。山で土をまけば良いと思う方もいるかもしれませんが、これも同じく不法投棄となります。

土の処分は何かと面倒ではありますが、不法投棄は絶対にしないでください。

土の回収なら粗大ゴミ回収隊がおすすめ!

土の回収を依頼するなら、粗大ゴミ回収隊がおすすめです。粗大ゴミ回収隊は、格安・スピーディー・丁寧な対応と三拍子揃った粗大ゴミ回収業者です。

今ならWEB限定2,000円OFFのため、非常にお得に土を回収してくれます。回収後に追加料金を請求したり、土を乱雑に扱ったりする心配は一切ありません。

また、対応がスピーディーで現場まで最短25分で駆けつけてくれるなど、土をできるだけ早く処分したい方にもおすすめです。

もちろん、家具や家電なども一緒に回収できるので、不要品が自宅にいくつかある方は、この機会にまとめて回収を依頼してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!