お金がないときにゴミ屋敷を片付ける方法|諦める必要なし!

2022年03月30日

0120-847-531
お金がないときにゴミ屋敷を片付ける方法!
「ゴミ屋敷を何とかしたいけどお金がない…」このように諦めてはいけません! 本記事で紹介する「お金が無くてもゴミ屋敷を片付けられる現実的な方法」を参考にすれば、ゴミ屋敷を解決して新しい生活が手に入ります。 記事後半では「ゴミ屋敷清掃業者を安く利用する5つの方法」も解説しているので、ぜひご参考ください。   また「お金がないから諦めようかな」という方に向け、冒頭ではゴミ屋敷のリスクを解説しています。すぐに「ゴミ屋敷を自分で片付ける方法」が知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

ゴミ屋敷のリスク 【お金がない人も諦めてはダメ!】

お金がなくてもゴミ屋敷問題は解決しなければいけません。なぜなら、ゴミ屋敷には次のように多くのリスクが潜んでいるからです。

行政代執行

行政代執行とは「行政が代行して強制的に業務を執行する」という制度です。強制執行であっても、ゴミの処分費用は住民が支払う必要があり、実際に執行された事例もあります。

健康や精神への被害

ゴミ屋敷は人が生活できる衛生環境ではありません。大量のハウスダストや害虫、カビなどによるアレルギー発症の恐れがあり、長年苦しむ方もいます。 また、ゴミの中に鋭利な物が潜んでいたり、ゴミが倒れて押しつぶされるなど、物理的な怪我の恐れも常にある環境です。

孤独から抜け出せない

ゴミ屋敷だと自宅に人を呼べません。また、何らかの要因で精神状態が悪くなっていることも多いため、人間関係を避ける傾向があります。 そのため、精神を病む原因と同時にゴミ屋敷も解消していかないと、どんどん孤独になっていくでしょう。   以上のような深刻なリスクがあります。 とはいえ、自分で全て片付けるのは無理でしょう。なので自分で片付けつつ、業者に依頼するために、お金を用意する手段や分割払いを検討してください。 お金を借りることに抵抗がある方もいるでしょう。しかし、生活を立て直す方が先決です。   次項では「ゴミ屋敷を自分で片付ける方法」を解説します。 もし、時間や体力の問題で自分で片付けるのが無理な方は、分割払いに対応した粗大ゴミ回収隊に相談してみてください。 「相談件数10,000件以上」の実績があるので、ゴミ屋敷のお悩みを丁寧にヒアリングしてくれますよ。 粗大ゴミ回収隊への問い合わせはこちら  

ゴミ屋敷を自分で片付ける方法【お金がないとき】

ゴミ屋敷を自分で片付けるのは大変。しかし、自分だけでは無理に感じるゴミ屋敷でも、処分するゴミを絞れば片付けられます。 そして、残りを回収業者に依頼するのが現実的な方法です。 ここでは、その流れを3ステップで解説していきます。

ステップ①:必要なものを用意する

まずは必要な道具を準備していきます。 ・可燃・不燃用ゴミ袋 必要な量が分からない場合、始めは10〜20袋準備しておき、進み具合をみて買い足すと無駄なく購入できます。 ・手袋・マスク ゴミ屋敷で生活していても、片付けるとなるとホコリが出たり、怪我をする恐れがあったりするので必須です。できるだけ丈夫なものを用意しましょう。  

ステップ②:玄関から片付けを始める

入り口から片付けることで、ゴミを運び出す導線が確保できます。 主に生活ゴミや燃えるゴミを袋に入れながら、処分しないものは一箇所にまとめていくと後々整理しやすいでしょう。 注意点は以下の2つ。 1:回収してもらえない恐れがあるので「分別を適切に行うこと」 2:成果が分かりづらいため「数カ所を同時に片付けない」 分別はもちろんですが、片付けは少しづつ進んでいく過程が励みになるので、一部屋づつ片付けていきましょう。  

ステップ③:数日に分けて確実に片付けていく

一日で片付けようとすると、片付けられないときに落ち込みがちです。 無理をせずに、数日〜数週間の期間で考える方が、心身ともにラクに片付けができます。 また、ゴミ捨て場にまとめて捨てると近所迷惑になるので、片付けながら徐々に処分していきましょう。 そして、自分でできる範囲が片付けられたら、ゴミ屋敷の清掃業者に依頼していきます。 【分割払い可能】粗大ゴミ回収隊への問い合わせはこちら   とはいえ「お金がなく依頼するのが不安」な方もいるでしょう。次項では、ゴミ屋敷清掃業者を安く利用する方法を紹介します。 できるだけ安く片付けたい方はぜひご参考ください。 【関連記事】ゴミ屋敷清掃業者の選び方はこちらで解説  

【お金がない人必見】ゴミ屋敷清掃業者を安くする5つの方法

ゴミ屋敷の片付けを安く依頼するためにはコツがあります。 できるだけ安い業者に依頼することも大切ですが、少しの工夫で大きく費用が変わるので、ここで紹介する方法を参考に、業者へ依頼してみてください。

①:相見積もりを取る

ゴミ屋敷清掃の費用は、比較しないと適正料金が分かりづらい特徴があります。なぜなら、ゴミ屋敷の状態次第でかなりの費用差が発生するからです。 それを解消するためには「3〜4社から相見積もりを取る」のが効果的。 見積もりを依頼した業者の中から安いところに依頼したり、価格交渉に使ったりもできます。 そのため「出張見積り無料」「相見積もりOK」の業者に依頼しましょう。

②:分割支払い対応の業者に依頼する

ゴミ屋敷清掃業者の中には「分割支払対応」の業者も存在します。 方法はクレジットカードの分割払いや自社ローンなど業者次第。中には現金の分割払いを相談できる業者も存在します。 お金がなく一括の支払いが困難な場合でも、分割払いを利用することでゴミ屋敷の清掃を諦めること無くチャレンジできますよ!

③:自分で片付けるときに依頼する物をまとめておく

ゴミ屋敷の片付け費用は「人件費・所要時間・ゴミの量」が主な費用項目です。なので、いずれかを少なくできると費用も安くなります。 その方法として効果的なのが「処分依頼する物をまとめておく」ことです。ある程度処分する物がまとまっていると、最低限の人と時間で作業できます。 以上の理由で、自分で片付けるときは「自分で捨てる物」「依頼する物」「処分しない物」を計画的に分けていきましょう。

④:買取サービスに対応する業者を選ぶ

ゴミ屋敷は、住民でも必要なもの以外何がどこにあるか把握していません。そのため、貴金属や切手など、意外と価値のある物が出てくるケースもあります。 そんなとき、買取サービスに対応していなければ処分される可能性があります。 少しでも費用を安くするために、買取サービスに対応した業者を選択しましょう。

⑤:繁忙期を避ける

ゴミ屋敷清掃業者は不用品回収もおこなっています。そして、不用品回収の繁忙期は「引っ越しシーズンの2月〜4月」「大掃除する11月〜12月」です。 この時期は、費用が倍以上になるケースや思うように予約が取れない事態になることも。 また、短期のアルバイト作業員も増えるので、サービスの質が落ちるリスクもあります。以上の理由から、安く利用するなら繁忙期を避けて依頼しましょう。  

粗大ゴミ回収隊は「分割払い対応」のゴミ屋敷清掃業者です!

粗大ゴミ回収隊は、分割払いに対応しておりゴミ屋敷を低価格で片付けできる業者です。 また、ゴミ屋敷に最適なサービス「のせ放題プラン」を利用すれば、大量のゴミや不用品を「諸経費含めた定額料金」で処分できます。
車両サイズ
粗大ゴミ回収隊
他社相場
軽トラック(1K)
9,800円
28,500円
1.5t(1DK)
34,800円
50,000円
2t(2DK)
54,800円
64,000円
4t(3DK)
80,000円
90,000円
以上のように、他社に比べて圧倒的な安さで提供しています。 その理由は「無駄な広告費や移動コスト」を削減し、依頼人へ還元しているからです。 さらに、片付けの際には「プライバシー保護」を徹底しているので、不安な事があれば気軽にご相談ください。 以上に加え「ゴミ屋敷の相談を含め10,000件以上」の実績があるので、安心して無料の出張見積もりを利用してみてください。

ゴミ屋敷の片付けはお金が無くても諦める必要はない!

ゴミ屋敷は多くのリスクが有り今すぐ解決すべき問題です。お金がないからと諦めては後悔します。 そのため、紹介した手順で片付けつつ親族からの借り入れや、分割払い可能な業者への依頼を検討しましょう。まずはゴミ屋敷を解決して生活を立て直せば、人生も良い方向に進むはずです。 もし「部屋を見られるのに抵抗がある」「支払えるか不安」という方は、粗大ゴミ回収隊までご相談ください。 さまざまなゴミ屋敷を片付けてきた優秀なスタッフが、最適なプランを提案いたします。 【分割払い可能】粗大ゴミ回収隊への問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊