ゴミ屋敷になるのは発達障害が関係?片付けが苦手な理由と対策を解説

2022年06月10日

ゴミ屋敷になるのは発達障害が関係?片付けが苦手な理由と対策を解説

「気がついたらゴミ屋敷化して、どうしたら良いかわからない。」、「努力しているのに、片付けができない…。」
こんな風に悩んでいませんか?
片付けられないのは、もしかすると発達障害が関係しているのかもしれません。
この記事では、発達障害だと部屋が散らかる理由やその対策、すぐに部屋をリセットする方法について紹介します。
散らかる理由と片付け方法を知り、綺麗な部屋への一歩を踏み出しましょう。

発達障害だと部屋が散らかるのはなぜ?

発達障害は、「注意欠如・多動症(ADHD)」「自閉スペクトラム症(ASD)」「学習障害」に分けられます。ここでは、片付けが苦手と言われるADHDの特徴について紹介します。

集中力が続かない

ADHDの人は1つのことに集中するのが苦手です。何かをしていても頭の中では次々と違うことが思い浮かび、それに気を取られてしまいます。
例えば片付けをしていても、「物を入れる収納ボックスが欲しい」と思ったらすぐにネットで注文します。
注文した後にも次々と欲しい物が思い浮かび、片付けの時間がいつの間にかネットショッピングの時間になってしまいます。
このように片付けをしていてもすぐ別のことに気をとられるため、なかなか家の中が綺麗になりません。

優先順位をつけるのが苦手

必要な物といらない物の優先順位がつけられないのもADHDの特徴です。使っていない物でも「いつか使うかも」と考え、10年以上とっておくこともあります。
その結果、いらない物がどんどん溜まり、部屋が散らかってしまいます。
また片付けをする時には、棚や引き出しの中を全部出して整理するのが一般的です。しかしADHDの人は、目の前に物が多すぎると何から始めて良いかわからず、フリーズしてしまいます。
片付けをしようと思っても片付け方がわからないため、汚部屋になってしまうのです。

先延ばし癖がある

ADHDの人は、少しでも面倒だと先延ばしにする癖があります。例えば、帰宅したらコートは脱ぎっぱなしで、ポストに入っていた手紙も適当な場所に放置します。
「後で片付けるから」といってそのままにしますが、結局片付けるのが面倒になって何もしません。その結果、部屋のあらゆるところに物が溜まります。
部屋に物が溜まるほど片付けを先延ばしにするので、気がついた時には部屋がゴミ屋敷になります。

ためこみ症になっている

ためこみ症とは物を大量に買い、収集することに幸せを感じる症状です。精神疾患の一つで、ADHDの人がなりやすいと言われています。
集めるのは本、衣類、使い終わった容器など人によってさまざまです。他人から見たら不要な物でも本人にとっては大事な物のため、なかなか捨てられません。
部屋の収納スペース以上に物をため込んでしまうため、症状がひどい場合は家に住めなくなってしまいます。

発達障害の人が部屋を片付けるには

まずは医療機関や専門家に相談することが大切です。発達障害でゴミ屋敷になってしまう人は、部屋が汚いこと以外にも問題を抱えているケースが多いからです。
信頼できる人から適切なアドバイスを受け、改善していきましょう。そのうえで、自分でできる片付け方法を紹介します。

物を捨てるときのルールを決める

1つ1つの物を「いる」「いらない」と判断するのは脳が疲れてしまいます。そのため、最初に捨てる物・残す物の基準を作っておきましょう。
例えば、

  • Tシャツは5枚、ズボンは3本、タオルは4枚
  • 買って1ヵ月以上読んでいない本や雑誌は捨てる
  • 食品の入っていたプラケースは毎週捨てる

など、物ごとにルールを決めておくのです。基準を作ることで、あれこれ悩まずに片付けができます。

家族や友達、プロの収納アドバイザーと一緒に片付ける

発達障害の人は物を捨てるのが苦手です。1人で片付けていると「もったいなくて捨てられない」「いつか使うかも」と捨てるのを躊躇し、物をとっておきがちです。
家族や友達と一緒に片付ければ、「これは要らない」とアドバイスしてくれるので、捨てる・捨てないの判断が楽になります。
友達や家族に頼むのが難しい人は、プロの収納アドバイザーに依頼するのもおすすめです。プロ目線で収納のコツを教えてくれるので、散らかりにくい部屋づくりができます。

綺麗な部屋を維持する方法を学ぶ

片付けた部屋を維持するために、物の定位置を決めましょう。

  • 服はすべてハンガーにかけて、クローゼットにしまう
  • 化粧品は全部コスメボックスに入れる
  • 文房具はプラスチックケースの中に収納

など物の住所を決めておけば、綺麗な部屋を維持できます。
どこに置いたら良いかわからない物は、今の置き場所に近いところに収納スペースを作りましょう。
例えばかばんや服をベッドの上に置きっぱなしにする人は、ベッド付近にハンガーラックを設置すると、無理なく片付けられます。
また、物を収納する時にはできるだけ「見える化」しておきましょう。引き出しにふせんやシールを貼って、何が入っているか書いておくとわかりやすいですよ。
文房具や薬などの細かい物は透明なプラスチックケースに入れると、すぐに見分けがついて便利です。

片付けの時間を確保する

綺麗な部屋を維持するには、片付けを習慣化することが大切です。

  • 朝起きたら毎日10分片付ける
  • 土曜日の午前中は片付ける時間にする

など日常生活のルーティンに組み込めば、先延ばしすることなく片付けができます。
片付ける時のポイントは、テレビやスマホなど集中力が途切れる物を見ないこと。片付ける時間を決め、残り時間を教えてくれるタイマーを使うとより効果的ですよ。
片付けた後には「高級なアイスを食べる」「家族や恋人に褒めてもらう」など、自分にご褒美をあげましょう。報酬があるとやる気がでて、習慣化しやすくなります。

今すぐ部屋を片付けたいなら粗大ゴミ回収業者へ

粗大ゴミ回収隊

https://sodaigomi-kaishutai.com/

https://sodaigomi-kaishutai.com/

「片付けたいけど、自分だけでは無理」「いったん部屋をリセットしたい」という時には不用品回収業者がおすすめです。
1人暮らしの部屋なら半日から1日でいらない物を処分してくれ、部屋がすっきりしますよ。

不用品回収業者でおすすめなのが粗大ゴミ回収隊です。粗大ゴミ回収隊は、インターネット調査で「ゴミ屋敷の清掃が得意な粗大ゴミ回収業者」第1位を獲得していて、信頼できる業者です。

東京、神奈川、千葉、埼玉のエリアなら、連絡してから最短25分で到着。その場で見積を行い、料金に納得すればすぐに作業を行うことも可能です。
片付けたいと思ったその日に不用品を処分できるので「予定を組むのが苦手」という人でも安心です。

料金は軽トラックのせ放題プランが1万4,800円。相場が2万円から3万円なので、格安で利用できます。Web限定割引クーポンで2,000円オフになるので、「なるべくお金をかけたくない」という人にもおすすめです。
電話やLINE、訪問での見積は全て無料のため、お気軽にお問合せください。

粗大ゴミ回収隊の無料お見積りはこちら

 

発達障害の特徴を知り、綺麗な部屋を目指そう

発達障害、特にADHDの人は、片付けが苦手な人が多いと言われています。部屋が散らかる原因を把握し、対策をたてれば綺麗な部屋に近づきます。
なかなか物を捨てられない時には、所有する基準を決め、基準に合わない物を捨てましょう。悩む時間がなくなるので、片付けが楽になります。

「今すぐ片付けたい」「1人では無理」という時には不用品回収業者がおすすめです。
「ゴミ屋敷の清掃が得意な粗大ゴミ回収業者」ランキング1位の粗大ゴミ回収隊なら、連絡をもらってから最短25分で駆けつけます。
見積もりは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊