外国人労働者や留学生向け!帰国時の不用品処分方法

2019年11月26日

日本に住んでいる外国人の労働者や留学生の中には、仕事や勉強を終えて、いよいよ母国に帰るという人もいるのではないでしょうか?外国人の方が帰国時の準備で困りやすいのが、不用品の処分方法です。この記事では、帰国時の不用品の処理のポイントについて紹介します。これから帰国の予定がある外国人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

帰国時の不用品処分について

中長期での日本滞在中に、生活必需品や自分の趣味で買った物など、思いのほか荷物が増えてしまった人もいるでしょう。日本で暮らしているときには必要な物でも、自分の国に帰るときには、大量の不用品となることもあります。

帰国は国内の引越しとは異なり、自国へ持ち帰られるものは限られます。一方で、帰国前の時間のない時に、とのようにして不用品を処理すればよいのか分からない人も多いでしょう。以降では、外国人の方におすすめの帰国時の不用品の処分方法を挙げていきます。

帰国時の不用品処分方法

帰国前に不用品処分する場合は、どのような方法で処分すれば良いのでしょうか?ここでは、帰国時の不用品処分方法をご紹介します。

自治体サービスを利用する

不用品の処分で簡単な方法がゴミとして出す方法です。食器やコップなど、身の回りの小さな物は「一般ゴミ」と出すことができます。
その一方で、テレビや冷蔵庫などの家電製品は「粗大ゴミ」に該当します。粗大ゴミは、一般ゴミとして捨てることができません。粗大ゴミは自治体が運営する粗大ゴミセンターにお金を支払い、粗大ゴミを処分してもらいます。

自治体サービスの利用方法

  1. 市区町村が運営する「粗大ゴミ回収センター」にお問い合わせをする
  2. 処分料金分の粗大ゴミシールをコンビニ等で購入する
  3. 処分する不用品にシールを貼る
  4. 指定日時に指定場所まで不用品を運ぶ

※粗大ゴミ回収センターのお問い合わせは、電話限定のため、外国人の方にはハードルが高く感じてしまうかもしれません。電話対応に自信がない方は、他の処分方法を検討してみましょう。

※また、粗大ゴミ回収センターで処分する際は、分別をしなければいけません。手続きは煩雑するため、ハードルが高いと感じてしまう方が多いようです。

リサイクルショップで売る

帰国時に向けて少しでもお金の準備をしたい人におすすめなのが、リサイクルショップで不用品を売ることです。リサイクルショップでは、中古品を安く買い取って、金額を上乗せしてお客に売ります。
リサイクルショップといっても、すべての物を買い取ってくれるわけではありません。そのため、お店にとって商品価値のない物は、買い取りをしてくれないことも。

年季の入ったものや、かなり古いモデルのものは、リサイクルショップで買い取りをしないことがほとんどです。そのため、価値が付きそうな不用品処分を検討している場合は、リサイクルショップを利用してみましょう。

欲しがっている仲間に譲る

「不要品を捨てるのがもったいない」という人は、友人に譲ったり売ったりするのもおすすめです。日本に滞在した期間が長い人ほど、同じ国の出身者や仕事・勉強仲間などのコミュニティがあるでしょう。日本に住んでいる外国人の中には、生活の基盤が整っていないこともあり、大助かりになるに違いありません。

母国に不用品を送る

帰国前にお金があるのなら、不用品を母国に送るのもおすすめです。日本で購入した不用品の中には、メーカー品など使い勝手がよいものや、価値が高いものもあるはず。
すべての不用品を自分の国に送るには、金銭的に難しいケースが多くなります。日本から外国へ物を送るには、国際郵便や国際発送のサービスを使います。国際郵便や国際発送は、船や飛行機を使うため、費用が高くなる傾向があります。
また、外国の中には、日本のようにサービスが行き届いておらず、荷物がきちんと届かない場合もあります。不用品を自分の国に送りたいときは、失くしたくない物や大切な物は入れない方がよいでしょう。

不用品回収業者を利用する

帰国時の不用品処分で便利なのが、不用品回収業者です。不用品回収業者は、電話によるお問い合わせ以外にも、メールやLINEでの問い合わせができます。現場写真を撮影してLINEで送れば、どのぐらいの料金で処分してもらえるか教えてもらえるので、安心して依頼できるでしょう。また、あらゆる品物を処分してもらえるため、自治体サービスのような煩雑した手続きもありません。

補足:不法投棄は絶対にしない

日本に住んでいる外国人の方が、帰国のために不用品を処理したいときに注意したいのが、不法投棄です。外国によっては「いらない物は近くの山や川に捨てる」というのが日常的に行われているところもあるでしょう。
日本では、指定場所以外にゴミを捨てることは、「不法投棄」という法律違反行為に該当してしまいます。そのため、手軽に不用品処理をしようと、自分の近所にゴミを捨てないようにしましょう。警察に見つかり起訴されれば、最悪の場合、帰国の日時が延期となることもあります。

帰国時不用品処分の業者選定の3つのポイント

帰国時の不用品処分は、不用品回収業者が便利ですが、さまざまな業者が存在するため業者選定で悩んでしまうでしょう。そのため、業者選定時は「料金」「信頼性」「利便性」で比較してみてください。

料金

母国に帰国する際にもお金はかかるため、不用品処分料金を安く抑えたいと多くの方が思うものです。不用品回収業者は、業者ごとに料金体系が大きく異なるため、良く比較をしましょう。料金を比較する場合は、見積金額だけではなく内訳を確認することも大切です。

信頼性

実績が豊富な不用品回収業者であれば、帰国時の不用品処分の対応実績も豊富に持っているはずです。電話によるお問い合わせに言語の壁を感じてしまうなどの不安も払拭してもらえるでしょう。そのため、公式ホームページに不用品回収の実績が豊富に掲載されているかを確認してみましょう。

利便性

不用品回収業者によって、営業時間やサービス内容が異なります。即日回収に対応している業者は、緊急の依頼にも快く応じてもらえるでしょう。また、再利用できる家具や家電を処分する場合は、不用品買取サービスを提供している業者に依頼すれば、買い取ってもらえて便利です。

帰国時の不用品処分は「粗大ゴミ回収隊」がおすすめ

帰国時の不用品処分を検討している外国人の方は、粗大ゴミ回収隊へお任せください。ここでは、粗大ゴミ回収隊に依頼するメリットをご紹介します。

業界最安クラスの料金設定

粗大ゴミ回収隊は、業界最安クラスの料金設定で支持を集めている不用品回収業者です。定額料金パックや不用品買取サービスなど、料金を抑えるためのサービスも提供しています。料金体系に絶対的な自信を持っています。見積りは無料のため、安さだけでもお確かめください。

帰国時の不用品処分の実績が豊富

粗大ゴミ回収隊は、帰国時の不用品処分の実績を豊富に持っています。そのため、日本語が流暢ではなく不安に感じる方も安心してお問い合わせ頂けるはずです。
LINEによるお問い合わせも用意しており、現場写真や処分したい不用品の写真を送ってくだされば、処分料金をお伝えすることができます。あらゆる物をまとめて処分できるため、煩わしい手続きも必要ありません。

早朝や深夜にも対応

粗大ゴミ回収隊は、事前予約をして頂ければ、早朝や深夜の作業にも対応します。帰国時前に処分しなければいけない不用品の緊急対応にも応じます。お客様の都合の良いタイミングで呼んで頂くことが可能です。

まとめ

外国人の労働者や留学生が帰国するときにトラブルとなりやすいのが、不用品の回収です。リサイクルへの関心が高い日本は、ゴミの仕分けや粗大ゴミの回収システムも複雑です。
そのため、外国人の方のなかには、日本語でのコミュニケーションが十分でないこともあり、トラブルになってしまうことも。帰国時の不用品の処理が必要なときは、「粗大ゴミ回収隊」など専門の業者に依頼するのがおすすめです。お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!