ピアノの処分方法の種類とおすすめの回収業者を紹介

2021年03月08日

ピアノの処分方法

ピアノの処分方法には、自治体や粗大ゴミ回収業者などに回収を依頼する方法と、フリマへの出品、親戚や友人への譲渡など、自分で処分する方法があります。いずれの方法にもメリットとデメリットがあるため、それぞれを比較したうえで処分方法を決めましょう。また、最もおすすめの処分方法は、粗大ゴミ回収業者に回収を依頼することです。今回は、ピアノの処分方法の種類や手順からおすすめの業者まで詳しくご紹介します。ピアノの処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ピアノの処分方法6つ

ピアノの処分方法とそれぞれの特徴、メリット、デメリットについて詳しくみていきましょう。

粗大ゴミ回収業者に回収してもらう

粗大ゴミ回収業者とは、ピアノだけではなく冷蔵庫や洗濯機、テレビ、大型のテーブル、椅子など、どのような粗大ゴミでも回収してくれる業者です。粗大ゴミ回収業者に電話やメールで連絡をして、見積もりの内容に納得したら正式に依頼してください。梱包から搬出、運搬まで全て任せられることが特徴です。それでは、粗大ゴミ回収業者のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

粗大ゴミ回収業者のメリットは次のとおりです。

  • 梱包から搬出まで全て任せられるため楽
  • 大型のグランドピアノの処分にも対応している業者が多い
  • 他の粗大ゴミもまとめて回収してくれる。

仕事や家事、育児などに追われてピアノの梱包や搬出に手間をかける余裕がない場合におすすめです。また、大型のグランドピアノでもプロとして問題なく搬出してくれるため、安心して任せられるでしょう。そして、引っ越しのタイミングでピアノを処分する場合、他にも回収してほしい粗大ゴミがあれば一緒に回収してくれます。

デメリット

粗大ゴミ回収業者に依頼するデメリットは次のとおりです。

  • 悪質な業者に依頼してしまうリスクがある
  • 追加料金によって予想以上に費用がかかる恐れがある

粗大ゴミ回収業者にデメリットはありませんが、強いて言うのであれば、悪質な業者が存在することです。搬出時に床や壁を傷つけたり、見積もり時よりも高い料金を請求したりと、トラブルになるリスクがあります。また、思わぬ追加料金がかかり、予想以上に高くなってしまうケースもあるでしょう。信頼できる粗大ゴミ回収業者に依頼すれば、このような心配はありません。追加料金がかかったとしても、必ず事前に作業内容と料金の根拠を教えてくれます。そして、追加作業を依頼するかどうかは、依頼主に判断を委ねてくれるため、料金トラブルにならないのです。

自治体に回収してもらう

自治体は、ピアノを1,500~2,000円程度で回収しています。ピアノのサイズを計測し、自治体へ電話かインターネットで申し込み、有料粗大ごみ回収券を購入して指定された日時に指定場所に出しておきます。それでは、自治体にピアノの処分を任せるメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

自治体にピアノの処分を任せるメリットは次のとおりです。

  • 業者の質を気にしなくてよい
  • 相見積もりを取る必要がない

自治体は公的機関のため、信頼できる業者としか提携しません。そのため、ピアノを回収するのは信頼できる業者であり、対応に関するトラブルが起きる心配がないのです。また、自治体には競合となる業者が存在しません。そのため、相見積もりを取る手間を省けます。

デメリット

続いて、自治体にピアノ処分を任せるデメリットをみていきましょう。

  • ピアノのサイズ計測が面倒
  • 有料粗大ごみ処理券の購入に手間がかかる
  • ピアノを自分で搬出する必要がある
  • 回収までに時間がかかる

有料粗大ごみ処理券は、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで販売されています。わざわざ有料粗大ごみ処理券を買いに行くことを面倒に感じる方は少なくありません。また、ピアノは自分で搬出することは難しいため、友人や家族に手伝ってもらう必要があります。しかし、専門業者でなければ搬出が難しく、床や壁を傷つけるリスクもあるため、やはり粗大ゴミ回収業者に依頼した方がよいと言えます。

フリマに出品する

ピアノは、メルカリやラクマなどのフリマに出品するのも1つの方法です。フリマは、売りたいものに値段をつけて購入者が現れるのを待つ仕組みです。フリマに出品するメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

メリット

フリマにピアノを出品するメリットは次のとおりです。

  • お得にピアノを処分できる
  • 比較的早く処分できる可能性がある

ピアノが売れた場合は、回収費用などのコストがかからないばかりか、利益を得られます。また、人気のピアノであれば早く買い手がついて、速やかに処分できる可能性があります。

デメリット

続いて、フリマにピアノを出品するデメリットを詳しくみていきましょう。

  • 売れない可能性がある
  • 購入者とトラブルになるリスクがある
  • 自分で搬出する必要がある

フリマに出品しても、買い手がつかなければ処分できません。また、出品から売れるまでに数ヶ月かかる可能性もあるため、すぐにでもピアノを処分したい人には向かないでしょう。そして、売れたとしてもピアノは自分で搬出することになります。業者に任せることも可能ですが、高額な搬出費がかかるため、それならば最初から粗大ゴミ回収業者に依頼した方がよいでしょう。

ピアノ買取業者に依頼する

ピアノ買取業者は、ピアノの買取を専門とする業者です。ピアノの搬出から運搬まで全て任せられます。それでは、ピアノ買取業者のメリットとデメリットについて、詳しくみていきましょう。

メリット

ピアノ買取業者のメリットは次のとおりです。

  • 搬出から運搬まで全て任せられる
  • 利益を得られる

ピアノ買取業者は、ピアノを回収するのではなく買い取るため、基本的には費用がかかりません。また、搬出から運搬まで全て任せられるのもメリットでしょう。

デメリット

一見、ピアノ買取業者に任せるのがベストと思われるかもしれませんが、次のデメリットがあるため慎重に検討した方がよいでしょう。

  • 搬出費用でマイナスになる恐れがある
  • ピアノの買取業者の数は少ないため質が安定していない

ピアノの搬出費用や出張費など、さまざまな名目で追加料金がかかり、ほとんど値段がつかなくなるケースがあります。また、ピアノの買取業者はまだまだ少ないため、質が安定していません。悪質な買取業者に依頼してしまうリスクが高いことをおぼえておきましょう。

親戚や友人に譲る

ピアノを親戚や友人に無償か有償で譲る方法があります。メリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

ピアノを親戚や友人に譲ることで処分する方法には、次のメリットがあります。

  • 業者とのトラブルを懸念する必要がない
  • 後々の関係に良い影響を与える可能性がある

信頼できる親戚や友人であれば、トラブルを心配する必要がありません。また、高価なピアノを低価格か無償で譲った場合には、今後の関係に良い影響が及ぶでしょう。

デメリット

ピアノを親戚や友人に譲ることには、次のデメリットがあります。

  • 自分で搬出や運搬が必要になる可能性がある
  • 簡単にキャンセルされる恐れがある

親戚や友人だからこそ、搬出や運搬を求められる可能性が高いでしょう。搬出や運搬を親戚や友人に任せようとしたところ、キャンセルされたというケースは少なくありません。また、身近な人物だからこそ、キャンセルしやすいということもデメリットです。

寄付する

施設や被災地にピアノを寄付する方法もあります。メリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

ピアノを寄付する形で処分することには、次のメリットがあります。

  • 感謝される
  • 大切に使ってもらえる

寄付したことに対して感謝されるため、ピアノを気持ちよく手放せるでしょう。また、寄付したピアノは大切に使ってもらえる可能性が高いため、思い入れのあるピアノを処分するときにおすすめの方法です。

デメリット

ピアノの寄付には、次のデメリットがあります。

  • 自分で搬出する必要がある
  • 搬出や運搬費用が自己負担になる

寄付するピアノは基本的に自分で搬出しなければならないうえに、諸費用も自己負担です。結果的に、粗大ゴミ回収業者に依頼した方が安く済むケースがほとんどでしょう。

ピアノの処分は粗大ゴミ回収隊に任せるのがおすすめ!

ピアノの処分は、粗大ゴミ回収隊に依頼するのがおすすめです。明朗会計、スピーディな対応、出張見積もり0円のため、安心して依頼できます。もちろん、ピアノの搬出まで任せられます。また、仕事の都合で早朝や深夜でなければ立ち会えない場合にも対応してくれます。今ならWEB限定2,000円OFFクーポンを配信しているため、ピアノの処分を検討している方は、早めに粗大ゴミ回収業者に相談してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊