部屋が片付けられない理由を診断してキレイな部屋を手に入れよう!

2020年10月05日

部屋が片付かなかったり、すぐに散らかってしまったりして悩んでいる人も多いです。このような問題を解決するためには、部屋を片付けられない理由を解明することが大切です。理由を解明して、改善することで、部屋が片付けられない悩みを克服することができるでしょう。
この記事では、部屋が片付けられない理由ついて解説します。また、原因を解明できるチェックリストもご紹介しているので、診断を受けてみてください。

部屋が片付けられない4つの理由

部屋が片付けられなくて悩む人が増えてきていますが、どのような理由で片付けられないのでしょうか?ここでは、部屋が片付けられない理由をご紹介します。

部屋を片付ける余裕がない

仕事や育児が忙しくて、部屋を片付ける余裕がない方も多いです。時間は限られているため、多忙な人が片付けの時間を作るのは難しいでしょう。しかし、片付け業者に部屋の片付けを依頼するなどの方法があります。
お金で、第三者の時間を購入するのです。第三者の力を借りることで、簡単に部屋をキレイな状態にすることができます。時間に余裕がない場合は、1人で悩まずに周囲の力を借りるようにしましょう。

ストレス解消法がショッピング

ゴミ屋敷に住んでいる方は、ストレス解消法がショッピングという買い物依存症が多いです。買い物依存症のリスクは、部屋の片付けができないだけではなく、貯金を使い果たして借金をしてしまうことです。
買い物依存症になると、金融会社や家族に借金をしてまで、買い物がしたくなってしまいます。このような状態になったら、非常に大変です。そのため、買い物が好きで、部屋に不必要な物が溢れ返っている方は、買い物依存症の傾向がないかを疑ってみましょう。見直すことで、部屋に物が溢れなくなります。

片付けの意欲が湧かない

部屋の片付けが得意な人は、肯定的なイメージを持っています。キレイな部屋にして、人を招きたい、趣味を楽しみたいなどモチベーションを高める方法を知っているのです。その一方で、部屋の片付けを苦手とする人は、面倒臭いなどの否定的なイメージを持っています。
片付ける方法・時間・手段を想像すると面倒に感じてしまい、行動に移すことができなくなっているのです。このような人は、理想の暮らしを思い描いてみましょう。部屋で楽しんでみたい趣味などを思い浮かべてみるのです。このように、理想の暮らしを思い描くことで、部屋の片付けに対する意欲が湧いてきます。

病気を抱えている

部屋の片付けを苦手とする人は、病気を抱えているかもしれません。例えば、発達障害のADD/ADHDを抱えている人は、注意力が不安定で1つの物事に集中することができません。
部屋の片付けを始めてみても、他のことに目が行くので、最後まで片付けを終わらすことができないのです。ADD/ADHDは脳の障害のため、部屋の片付けができない自分を責めるのはやめましょう。
また、貯蔵性脅迫症やうつ病、統合失調症などの精神疾患を患っている方も、部屋の片付けを苦手としています。このような場合は、自分自身を責めずに病気と向き合うことが大切です。

部屋を片付けられない理由が分かるチェックリスト

部屋が片付けられない理由は、誰にでもあります。大切なことは、部屋を片付けられない理由を把握して見つめなおすことです。自分の性格を見直せば、部屋の片付けをどのように行えば良いかが分かるようになります。
今回は、部屋を片付けられない理由が分かるチェックリストをご用意しました。どのタイプに該当するかで、あなたが部屋を片付けられない理由を明確にすることができます。ぜひ、部屋の片付けができなくて悩んでいる方は、診断を受けてみてください。

A 1.全然使用していない部屋や収納がある YES NO
2.リビングにばかりいる YES NO
3.物を出したままの状態にしてしまう YES NO
B 4.趣味のグッズが多い YES NO
5.書籍など捨てられないものがある YES NO
6.開ける機会がない収納スペースがある YES NO
C 7.物が溢れ返っている収納スペースがある YES NO
8.ダイニングに脱いだ服がたまっている YES NO
9.チラシなどの紙類が貯まりやすい YES NO
D 10.部屋が散らかっていても気にならない YES NO
11.家族から部屋を片付けないことに対して怒られる YES NO
12.プロの収納術を真似してみても上手くいかない YES NO
E 13.物を簡単に捨てることができる YES NO
14.部屋の掃除の仕方が分からない YES NO
15.日常の生活が慌ただしい YES NO

Aタイプ:生活に偏りがある

リビングダイニングなど、メインで過ごす場所に物が溢れているため、パンクしている状態です。その他の部屋を計画通りに使えていません。そのため、リビングダイニングに収納している物を他の部屋に片付けられないかを考えてみてください。
使用頻度の少ない物であれば、他の部屋に片付けても不憫には感じないでしょう。収納を分散することで、快適な空間を実現することができます。

Bタイプ:ライフスタイルを見直す必要がある

Bタイプの人は好奇心旺盛な人が多くて、趣味のコレクターを楽しんでいる人が多いです。このようなコレクター品を簡単に処分することができれば良いですが、愛着があるため、処分することはできないでしょう。
しかし、無理に処分するとストレスが溜まってしまいます。そのため、興味関心ごとに優先順位を付けて、部屋の片付けをしてみてください。昔に興味が湧いたけど、現在は関心がない物は処分してみましょう。このような心掛けを持つことで、趣味を楽しみながら、キレイな部屋を維持することができます。

Cタイプ:片付けスキルがない

Cタイプの人は、片付けスキルがありません。雑貨店で紹介されているおすすめインテリアを購入するのが好きですが、それらを上手に活用することができません。そのため、店舗で見ていたときは良かったけれど、実際に設置するとイメージとは異なる現象が起きがちです。
また、根本的に片付けが好きではないため、最初に背伸びをすると長続きしません。そのため、自分の特徴を良く理解した上で、気軽に続けられる片付け習慣を身につけるようにしましょう。

Dタイプ:理想の暮らしが想像できない

Dタイプの人は自己肯定感が低くて、何をやっても上手くいかないような気持ちに陥ってしまっています。理想の暮らしが想像できないため、部屋の片付けに対する意欲が湧かないのです。
そのため、キレイな部屋で、どのような暮らしをしたいかを想像してみることから始めてみてください。実現したいことを明確にすることで、部屋の片付けに対する意欲が湧いてくるでしょう。

Eタイプ:やる気がない

Eタイプの人は、部屋の片付けに対するやる気がないだけです。キッカケを掴むことができれば、部屋の片付けをスムースに行うことができるでしょう。そのため、部屋の片付けを行わなければいけない環境を確保してみましょう。
例えば、恋人や友人を部屋に招けば、期日までに部屋の片付けをしようと思えるはずです。このようなキッカケを作れば、スピーディーに片付けを終えることができるでしょう。

部屋が片付けられない場合は粗大ゴミ回収隊へ

部屋が片付けられない理由が気になった方は、部屋をキレイな状態にしたいと思っているはずです。しかし、面倒臭さや余裕のなさで部屋が片付けられていません。このような状況の方は、部屋の片付けのプロに相談してみてください。ここでは、部屋の片付けサービスを提供している粗大ゴミ回収隊の魅力をご紹介します。

業界最安値の料金体系

粗大ゴミ回収隊は業務効率化を徹底して料金に還元し、業界最安値を実現している片付け業者です。作業料金に絶対的な自信を持っているため、相見積もりも歓迎しています。他社よりも金額が1円でも高ければ、値引き交渉に応じます。

当日予約にも対応

粗大ゴミ回収隊は、当日予約にも対応しています。朝8時から夜24時まで電話窓口がつながるため、お客様の都合が良い時に予約を入れられると好評です。また、事前予約をすれば、早朝や深夜の片付け作業にも対応できます。

充実したサービス内容

粗大ゴミ回収隊は、不用品の仕分け作業や処分だけではなくて、ハウスクリーニングにも対応しています。また、不用品買取サービスも提供しているため、再利用できる家電や家具を処分する場合は買い取らせていただきます。
不用品買取料金は、作業料金と相殺することもできるため、作業料金を安く抑えたいという方におすすめです。

片付け実績が豊富

粗大ゴミ回収隊は、ゴミ屋敷や汚部屋の片付け実績を豊富に持っています。業界内でも、ゴミ屋敷の片付けのパイオニア的存在として認知されており、TV番組でも取り上げられました。高度な技術を持ったベテランスタッフが片付け作業をするため、短時間で片付けを終わらすことができます。そのため、長時間の立ち合いが嫌だと感じる方からも支持を集めています。

補足:お問い合わせはHPからがお得

粗大ゴミ回収隊では、定期的にキャンペーンを開催しています。キャンペーン期間中に片付けを依頼することで、通常時よりもお得に作業を依頼することができます。公式ホームページでは、クーポン配布もしているため、ご依頼はホームページ経由からしてください。

まとめ

今回は、部屋の片付けができない理由をご紹介しました。部屋の片付けができない理由を追究して改善することで、散らかる部屋を卒業することができます。この記事では、あなたが部屋を片付けられない理由が分かるチェックリストをご紹介したので、ぜひ、診断を受けてみてください。
また、部屋が片付けられないと自覚している人は、第三者に片付けを委託するのも1つの方法です。近頃は、家事代行サービスも人気を集めています。そのため、自分で部屋の片付けを行わなければいけないという概念は捨てましょう。概念を捨てることで、暮らしやすい生活となるはずです。
実際に、部屋の片付けを依頼したいと思っている方は、ぜひ、粗大ゴミ回収隊へご相談ください。見積作成は無料のため、料金の安さを体験してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る