ブログ

ゴミ部屋の片付け代行なら粗大ゴミ回収隊へお任せください。

近年において、ファストファッション商品や100円均一などの商品が生活の大半を占めるようになってきました。その分物のサイクルが短くなり、ゴミとして排出される量も増えている傾向にあります。また、そうしたゴミが処分されずに家の中で放置されている環境も珍しくはありません。今回は、そんなゴミにあふれた環境を変えるための「片付け代行業者」について紹介していきす。

 

知らない間に溜まっている粗大ゴミ

日常的に発生する生活ゴミは、毎週の回収日が決まっているのでサイクルに乗って処分されている事が比較的多いと思います。しかし粗大ゴミに関しては、どこからが不要になったのか不明確であり、いつの間にか使わなくなって放置されてる傾向が強い物です。こうした知らない間に溜まっている粗大ゴミは意外に多く存在し、家の中を徐々に圧迫している原因にもなっているんです。

また粗大ゴミは、毎週のゴミ回収で出せない事もあり考える事自体が億劫になりがちです。そもそも「粗大ゴミ扱いになるのか?」さえ分からないまま時間が過ぎている事も多いでしょう。多かれ少なかれ、知らぬ間に出来た粗大ゴミはどの家にも存在すると言っても過言ではありません。

 

ゴミ部屋・ゴミ屋敷の特徴

よくテレビでも報道されているゴミ部屋やゴミ屋敷。「どうやればあんな風になるんだろう?」とは「もっと早くから整理すれば良いのに?」と思ってしまうかもしれません。しかしゴミ部屋やゴミ屋敷になってしまう可能性は、誰しもが持っている物であり決して人ごとではありません。

お家の中と言うのは、閉鎖感があり日常的に目にするものばかりです。したがって物が徐々に増えていても、それが当たり前になってしまい他の家と比べる環境にもないので、どんどん粗大ゴミに対する感覚が麻痺してくる傾向にあります。ここからがゴミ環境の予備軍と言っても良いでしょう。ここでは、ゴミ部屋やゴミ屋敷に共通する特徴を紹介していきますが、少しでも当てはまる部分があるのであれば要注意です。

 

陽の通りが悪く暗い

部屋に陽の光が入ってくるはずが、物が置かれている影響で昼間から暗くなっている事はありませんか?窓があるはずの場所なのに使わなくなったマッサージチェアが置いていたりだとか、空のラックが置いていたり。こうした粗大ゴミは、さらに使わなくなった不用品の置き場に変わってしまうので、どんどんゴミが増えていきます。

この時点で既にゴミ部屋の予備軍と言っても良いでしょう。こうした環境になってしまうと昼間から光が届かず薄暗い部屋になってしまい、昼間でも電気をつけないと何があるか分からない状態になってしまいます。また物が多くなれば掃除機をかける事も出来ないので、埃が溜まった劣悪な環境がどんどん進んでいく事は想像に容易いですよね。

 

全体的に圧迫感がある

ゴミが増えてくると家の中が狭くなり、圧迫感がどんどん増してきます。人が感じる圧迫間は、単純な広さだけでなく色や配置によって感じ方が変わってくるんです。どれだけ間取りが広いお家でも無造作に置かれているゴミが増えれば、それだけ生活環境に影を落とす結果になります。

 

住んでいる人にも影響が出る

お家の中にゴミが増えてくると、身体に対する悪影響が懸念されます。生ゴミであれば衛生面で良くない事は当然ですが、粗大ゴミにおいても掃除が行き届かない事で埃が蓄積してアレルギーなどの原因にもなりかねません。それ以外にも圧迫感が出る事で、精神的にも支障をきたしてきます。

日常的に住んでいる場所が劣悪な環境であった場合、見えないストレスがどんどん溜まり気持ち的にも暗くなると言えるでしょう。お家の中を清潔に整理されている事だけで、精神面での健康が維持出来ると言っても過言ではありません。

 

放置しすぎると火事の原因にも

ゴミ部屋やゴミ屋敷のように、ゴミを放置し過ぎるととんでもない事故を起こしてしまう可能性が出てきます。特に生活ゴミを溜め込み過ぎてしまうと、ガスが充満してタバコの火によって引火や爆発が発生する可能性0ではありません。過去にもこうした事件事故の実例があり、自治体がゴミ屋敷の調査を行う理由の一つにもなっています。

ゴミが溜まってしまうと死角が多くなる為、どこに何があるのか分からなくなりますよね。こうなってしまうと、事故が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

ゴミ部屋・ゴミ屋敷を掃除する為の3ステップ

一度でもお家がゴミ屋敷になってしまうと、そこからの現状復帰は非常に難しいものになります。まして一人では1日仕事では終わらずに、数日フル稼働してやっと対応出来るレベルでしょう。しかし実際には、そこまでのモチベーションを持つ事が出来ずに放置してしまう傾向が強いです。ここでは自分で何とかゴミ部屋・ゴミ屋敷から脱出しようと考えている方の為に3つのステップを紹介します。

 

大きなゴミは一旦別にする

ゴミだらけになってしまったお家や部屋の中では、大小様々な不用品が転がっています。先ずは目に見えて大きなゴミと細かなゴミに分けて行きましょう。通常のゴミ回収の日に出せる物はゴミ袋へそのまま入れて、粗大ゴミになりそうな物を同じ場所に固める所から始める方法が得策です。

 

今必要かどうか?で判断する

ゴミを溜めやすい人の心理傾向として挙げられるのが「いつか使うかもしれない。」と言う発想です。この積み重ねが不用品を溜めてしまう結果に繋がっている事が多いので「今必要がどうか?」だけで判断して、それ以外は全て捨てると言う認識を持つ事が大切です。これだけでも実行すれば、かなりの整理になりますよ。

 

原則その日に終わらせる

掃除を始めようとする人の中には「続きはまた今度にしよう」と言う考えを持っている人が少なくありません。この考え方だと、いつまでもゴミ部屋から脱出することは不可能です。原則は「その日に全てを終わらせる」と意識して掃除に取り組む事が、とても大切なんです。

 

粗大ゴミの捨て方

粗大ゴミは通常ゴミとは違い、決まった日にごみ収集業者が回収するものではありません。壮大ゴミを通常のゴミの日で出してしまうと、業者から未回収のまま注意の張り紙が貼られている光景をよく目にします。こうした事がないように、どれが粗大ゴミで処分にはどのような手順が必要になるのかを把握しておく事が大切です。ここでは粗大ゴミの捨て方について紹介していきましょう。

 

粗大ゴミの大きさ

粗大ゴミの大きさについては、各自治体によって定義が異なるので住んでいる地域の市区町村HPで確認するようにしましょう。場合によっては、分解しなければならない場合や大きさに関わらず品目によって粗大ゴミ扱いになる可能性もあります。掃除の前段階で粗大ゴミの種類を把握しておけば、事前に粗大ゴミとそれ以外で分ける事が可能です。

 

粗大ゴミにかかる費用

粗大ゴミには処分費用がかかってくる場合があります。「捨てるのにもお金が必要なの?」と疑問に思ってしまうかもしれませんが、各自治体によって品目や大きさ重さによる料金区分が設定されているので事前に確認しておきましょう。中には分解すれば不燃ゴミとして出せる物があるかもしれないので、どうしても費用負担を避けたい方は手間をかけて処分する方法を視野に入れても良いかもしれません。

 

片付け代行とは?

ゴミ部屋やゴミ屋敷になってしまった場合、自分の力ではどうにもならない状態まで陥っている事が多いですよね。そんな時には片付け代行業者が役立ちます。ここでは片付け代行について、詳しく紹介していきましょう。

 

片付け代行の内容

片付け代行業者は、お部屋の片付けや不用品回収・買取までと一気に行なってくれる業者になります。ハウスクリーニングのノウハウも持っているので、清掃や整理も含めて安心して任せる事が出来る点が特徴です。遺品整理や生前整理として利用する方も多く、お年寄りの一人暮らし世帯にも活躍する今注目の業界なんです。

 

片付け代行にかかる費用は?

片付けにかかる費用は、各業者によって様々ではあるものの平均して数万円から10万円超えとなかなかの高額なっています。その分、現状回復させる技術力があり1日で全ての片付けや清掃まで行ってくれるので後々の事を考えれば安いかもしれませんよね。

 

粗大ゴミ回収隊とは?

片付け代行を使いたいけど、費用がどれだけかかるか不安になっている貴方に朗報です。我々「粗大ゴミ回収隊」では、14,800円から即日回収を行う事が出来ます。さらにWebからの申し込みであれば2,000円引き!12,800円から不用品・粗大ゴミの回収を行う事が出来ますよ。3DK以上の大きなお家の場合でも8tトラックのパック料金であれば80,000円でご利用いただけます。

代謝の相場から考えれば、半額に近い価格帯になるので大変お得です。しかも出張費や見積もり費用が完全無料なので、一旦見積もりを出してから検討するのも良いでしょう。見積もり後の追加料金については一切発生させません。車両日や梱包作業、搬出作業費用も含めてパック料金として含まれているので安心してご利用いただけます。ぜひ「粗大ゴミ回収隊」をご利用ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


   
ページ上部へ戻る