ブログ

渋谷区の【公共】不用品業者に不用品を回収してもらう方法

引っ越しなどでごみを処分をする際、大きな粗大ゴミや不用品はどのように処分したらいいだろうと悩んではいませんか?

不用品はすぐに処分したいけど、チラシに載っているような怪しい不用品業者に頼むのは非常にキケンです。

そのようなチラシに掲載されている業者は悪質なものが多いので、

できれば今お住まいの地域にある公共の不用品業者に回収をお願いしたいものです。

今回は渋谷区の公共不用品業者に不用品を回収してもらう方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

渋谷区で不用品回収対象となるもの

渋谷区では、家庭から出る家具類や電気製品類、その他一辺の長さが30センチ四方を超えるもの

(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコンを除く)が不用品回収の対象になります。

 

不用品の主な品目と処理手数料は、以下のものが挙げられます。

  • 布団          400円
  • 掃除機         400円
  • 椅子(ソファーを除く) 400円
  • 自転車(16インチ以上) 800円
  • シングルベッド     1200円
  • ソファー(2人用以上)  2000円

 

注意点としては、一辺の長さが180センチを超えるものは、自分で180センチ以下に切断・解体してから申込みをしなければならないので少し労力が必要になってきます。

 

しかし、民間の不用品回収業者を利用すると、上記の処理手数料より2~3倍の手数料がかかる場合があるので、公共の不用品回収業者を利用することで費用を格段に抑えることができるのがメリットです。

 

(詳しくは渋谷区のホームページをご覧ください)

 

不用品回収できないもの

一般家庭から排出されたゴミでも、

有害性のあるものや、処分場の管理または処分作業に支障をきたすおそれのあるものは不用品回収の対象外となってしまいます。

 

不用品回収対象外の主な品目として、以下のものがあります。

  • ガスボンベ類
  • 石油類
  • 工業製品
  • 塗料
  • 印刷用インク
  • 消火器
  • 金庫
  • 薬品類
  • オートバイ
  • タイヤ
  • ピアノ
  • 長さ・高さが180センチメートルを超えるもの

上記のものは区で回収できません。製造元や販売店に相談するか、民間の不用品回収業者に依頼してみるという方法があります。

 

渋谷区の不用品回収方法

今回ご説明する不用品回収方法は、以前お住まいだった地域のゴミ回収方法とは違う場合があります。

地域ごとに正しい方法でゴミを出すようにしましょう。

 

①粗大ゴミ受付センターに連絡

電話(03-5296-7000)

受付日時:月曜日~土曜日(祝日を含む)8時~19時

または、粗大ごみ受付センター のホームページから申し込むこともできますので、連絡しやすい方法で申し込みをしてみてください。

(申し込みの際は、収集日と、ごみ処理手数料の確認をするようにしましょう。)

 

②スーパーかコンビニで、手数料分のごみ処理券を購入

「粗大ごみ等処理手数料納付券取扱店」のステッカーのある、スーパーまたはコンビニなどでゴミ処理券を買いましょう。

 

③不用品の表面に渋谷区の有料粗大ごみ処理券を貼って指定場所に出す

(高齢者・障害者の粗大ごみの運び出しサービスもありますので、詳しくは渋谷区のホームページをご覧ください。)

 

家電系ゴミの回収方法は?

エアコン・テレビ冷蔵庫冷凍庫洗濯機・衣類乾燥機は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)により再商品化(リサイクル)が義務づけられています。

そのため区による収集は行っていません

これらの品目については、買い換える場合は購入する小売店に、買い換え以外で不要になった場合はその品物を購入した小売店に引取りを依頼してください。

 

一刻も早く不用品を処理したい人は、「粗大ゴミ回収隊」がおすすめ!

公共の不用品回収業者に依頼すると、費用が格段に抑えられるというメリットがありますが、繁忙期などはなかなか予約が取れなくて半月から1ヶ月ほど回収日を待たなければいけない場合もあるので注意が必要です。

 

大きくて邪魔になる不用品は、1日でも早く処分したいですよね?

 

そんなときは、「粗大ゴミ回収隊」に不用品回収を依頼してみてはいかがでしょうか。

「粗大ゴミ回収隊」は、東京・埼玉・神奈川・千葉エリア対応の粗大ゴミ回収業者です。

電話一本で即日対応というメリットがあり、最短30分で来てくれます。お見積りや出張費は無料で、キャンセル料も発生しません。

粗大ゴミの他にも、まだまだ使える家電などがあったら、高額で買取りもしてくれます。なにかと物入りな時期には嬉しいサービスです。

 

まとめ

渋谷区の公共の不用品業者についてご紹介しました。

公共の不用品業者は行政から許可が出ているのでかなり安心感がありますし、何より安い料金でゴミが処分できるのが最大の嬉しいポイントでした。

しかし、ゴミの処分を急いでいる人にとっては少し手間なことが多く、明日や明後日すぐに処分できるとは限りません。

一番手っ取り早くゴミ処分をしたい人は、ぜひ「粗大ゴミ回収隊」の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
ページ上部へ戻る