遺品整理士 とはどんな仕事?資格の取り方や業務内容について解説

2020年02月05日

高齢化や核家族化を背景に、国内でも需要が高まっている遺品整理の仕事。遺品整理について知りたい人のなかには、遺品整理の仕事に就きたいと考えている人や、故人の遺品整理を依頼したいと考えている人もいるのではないでしょうか?この記事では、遺品整理の仕事内容や、遺品整理を業者へ依頼するときのポイントについて紹介します

 

遺品整理士とはどんな仕事?

遺品整理は、亡くなった人の不用品の処分や部屋の掃除、片付けをする仕事のこといいます。遺品整理は、単に故人の残した不用品を処分・廃棄するものではありません。故人の思い出の品を供養に出したり、遺族で形見分けしたりするなどの分類をしながら、1つひとつを慎重に処理する必要があります。

 

また、故人の遺品には多様な種類があるため、一般の不用品の処理方法の知識も欠かせません。遺品整理士は、一般の廃棄物やリサイクル品に処分を、法律の規定に基づいて行います。

 

遺品整理の資格がスタートした背景

これまで遺品整理は、遺族によって行われることが一般的でした。しかし、社会構造の変化によって家族同士が遠方に住むようになり、故人の遺品整理を遺族だけで行うのが難しくなってきました。このような背景のなか近年日本で増えているのが、遺品整理の請負業者です。

 

遺品整理の仕事は、依頼さえあれば誰でも行える内容といえます。一方で、遺品整理に関する法律の枠組みがされているわけではなく、粗雑な方法で遺品整理が行われるケースも見受けられるのが現状です。

 

遺品整理士は、遺品整理のノウハウを使いながら、法律に準じた故人の不用品の処分を行います。

 

遺品整理士になるには?流れについて

遺品整理士は民間団体である遺品整理士認定委員会によって授与される民間資格です。遺品整理士になるには、指定の養成講座を受けた後、課題レポートを提出する必要があります。養成講座の受講期間はおよそ2か月で、受講期間の延長も可能です(2か月まで)。

 

課題レポート提出から合格通知までかかる期間は、さらに2か月ほど。その後、認定手続きを行い、証書を受け取れば晴れて遺品整理士となることができます。

 

すでに国内の遺品整理士は、2万以上の人が資格を取得しています。

 

遺品整理士の具体的な仕事内容

遺品整理士の仕事は、故人の持ち物を仕分けて、不要な物を処分することになります。故人の持ち物については、一部屋に収まるものから家屋全体になるなど、依頼した家族によって規模もいろいろです。

 

必要によっては、故人の部屋や家屋の掃除・クリーニングや、遺品の供養、家屋の解体にまで及ぶことがあります。そのため、遺品整理士の資格があっても、仕事内容の規模が大きくなれば、個人だけで対応するのが難しくなることも考えられます。

 

遺品整理士として一貫とした仕事をするには、遺品整理を生業とする業者や、不用品回収業者へ就職するのも一つの手です。

 

遺品整理の依頼を業者へ依頼するときのポイント

遺品整理士に関する情報を探している人のなかには、業者への依頼を考えている人いるでしょう。最近では、遺品整理を行う事業も増えています。

 

ただし、遺品整理に関しては、法整備が特にされていないため、回収した不用品を不法投棄する業者もあるので注意が必要です。遺品整理そのものは、資格を必要とする仕事ではありませんが、業者に依頼するときは、遺品整理認定協会が認定する事業所を選ぶのもよいでしょう。

 

不用品回収業者でも遺品整理を行っている

お住まいの地域に遺品整理業者がないという人におすすめなのが、不用品回収業者へ依頼することです。不用品回収業者は、いらなくなった物の回収や処分を引き受ける業者です。

 

故人によっては、家屋がゴミ屋敷のようになっていたり、倉庫が不要品であふれたりすることも少なくありません。遺品整理の規模が大きくなると、粗大コミの回の必要になるので、不用品回収業者へ依頼した方が、手間がかからないケースがあります。

 

実際に、いくつかの不用品回収業者のなかには、遺品整理を請け負っているところもあります。遺品整理を不用品回収業者に依頼するとき、いくつかのポイントがあります。

 

遺品はあらかじめ分類しておく

遺品整理専門の業者の依頼する場合、主な仕事内容が不用品の処分や廃棄になります。遺品を含む不用品の廃棄には、所有権が業者へ移す必要があります(通常は、契約書のサインによって行われます)。

 

不用品回収業者へ遺品整理を依頼するときは、個人の遺品として残しておきたい物、金品の価値ある物は、あらかじめ分類しておくのがおすすめです。

 

残しておいてほしい物を伝える

業者に不用品回収は、必ずしも依頼者の立ち合いを必要としないことがあります。実際に、遺品整理をしていると、自分では見つけられなかった手紙や写真などを発見することも。

 

良心的な業者では、故人の思い出の関連する物については、依頼になくても取っておくケースもあります。一方で、多くの業者にとって、どれが残された家族にとって価値あるものか判断しにくいのが現状です。

 

遺品整理の場に同席できない場合は、取っておいてほしい物の目安を伝えるようにしておくのおすすめです。

 

自分でで捨てられる物はゴミとして処分する

遺品整理を業者へ依頼する場合、費用は不用品の処理した量によって変わります。これは、不用品が多ければ多いほど、料金が高くなるということ。

 

業者へ遺品整理を選ぶときは、小物は一般ゴミとして廃棄するなどすれば、コストを下げることにつながります。もちろん、遺品整理を早く終わらせる必要がある場合は、業者にすべて依頼することも可能です。

 

遺品整理を依頼は「粗大ゴミ回収隊」がおすすめ

亡くなったご家族の遺品整理を業者へ依頼するのなら、「粗大ゴミ回収隊」へ依頼することもおすすめです。

 

粗大ゴミ回収隊は、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、不用品回収を行っている業者です。粗大ゴミ回収隊では、遺品整理のお仕事も承っています。遺品整理を粗大ゴミ回収隊へ依頼するメリットには以下のものがあります。

 

遺品整理にかかる費用が明瞭

粗大ゴミ回収隊のメリットは、費用の目安が事前に分かることです。遺品回収業者の中には、故人様の価値ある不用品を安く買い取りしたり、追加費用が発生したりするなど、悪質業者も少なくありません。

 

粗大ゴミ回収隊では、申し込み時に無料で見積もりをお出ししております。

 

幅広い遺品整理ができる

ひとことで遺品整理といっても、部屋の不用品の整理・処分から、屋敷の整理など規模はさまざまです。遺品整理というと、故人の写真や持ち物など小物の整理をイメ―ジする人もいるでしょう。

 

実際の遺品整理では、故人のご自宅がゴミ屋敷と化しているケースもあり、個人で対応するのは難しいケースがあります。粗大ゴミ回収隊では、部屋の整理から、家屋全体の不用品の処分まで引き受けます。

 

スタッフの対応がていねい

遺品整理を粗大ゴミ回収隊に依頼するメリットは、スタッフが親身になって対応してくれることです。粗大ゴミ回収隊は、スタッフ教育にも力を入れています。家族を失ったご遺族の心に寄り添った業務を心がけています。

 

まとめ

高齢化や核家族化など、日本のさまざまな社会的な背景により、遺品整理のニーズは高まっています。遺品整理の業務は、遺品整理士だけでなく不用品回収業者でも行われています。

 

故人の遺品整理が必要な方は、不用品の処理の規模に応じて、業者を選ぶのがおすすめです。また、故人の不用品の整理や処分といった、遺品整理の仕事内容に興味がある人は、粗大ゴミ回収隊のスタッフとして働くのもよいでしょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る