【ごみ屋敷になる前に!】近所にバレない不用品回収業者のすゝめ

2019年12月07日

おすすめ不用品回収業者

ごみ屋敷は現代の社会問題になっています。そもそもごみ屋敷になってしまう原因は何なのでしょうか。

あるインタビューでごみ屋敷の住人に聞いたところ、「ごみ置き場で、近所の人に怒鳴られた」ことがきっかけでごみを捨てられなくなってしまったというエピソードを見かけました。近所にバレないかどうかを気にしながらごみを捨てている人もいるそうです。

現代社会は仕事でのストレスも満載です。十分な休息時間もとれないまま、ストレスがたまり、買い物ばかりしている人もいます。それに加え、不用品を捨てようとごみ置き場に行くのも近所にバレないか不安な人もたくさんいるのです。

ごみ屋敷になりやすい人の特徴6つ


まずは、ごみ屋敷になりやすい人の特徴を6つご紹介します。当てはまるものが多ければ多いほど、ごみ屋敷になりやすい人だと言えます。

 

【その1】仕事で多忙すぎる

時間がな
仕事が多く、始発に家を出て終電で帰宅するような生活の人は要注意です。不用品を処分する時間もとれず、物が家に多くある状態に陥ります。束の間の休日も職場からの電話がかかってきて休日出勤という人も注意が必要です。

 

【その2】物が捨てられない

物が捨てられない
比較的女性に多いのが「物が捨てられない」という性格です。実際には何年も使っていない不用品なのに、「まだ使える」「何かに使えるかも」という心理で物を捨てることができません。そのため、着なくなって久しい洋服や古い小物などをどんどんため込んでしまう状態になってしまうのです。

 

【その3】発達障害や精神的な病

発達障害や精神的な病
近年話題になっている発達障害をもっている人は、先ほどご紹介した「物が捨てられない」状態になることも多いです。掃除を始めたはいいものの、目の前のことに集中できずに気が散ってしまい、結果掃除が終わらないという人もいます。

うつ病などの精神的な病を患っている場合も、ごみ屋敷になりやすい傾向があります。うつ病は物事に興味がなくなり、自分の身なりや家の状態に気が回らなくなります。

 

【その4】近所にバレないか不安

近所にバレないか不安
最初にご紹介した近所の人に怒鳴られたエピソードでお伝えしましたが、近所の目が気になって不用品やごみを捨てることができなくなってしまうこともあります。近所にバレないか不安で不用品が家にたまってしまい、その不安感からますます不用品を処分できなくなってしまうという悪循環に陥ります。

 

【その5】買い物依存の可能性

買い物依存の可能性
発達障害や不安障害もそうですが、買い物依存になってしまう人もごみ屋敷に発展してしまうことがあります。ストレスから買い物を繰り返してしまい、封を空けないまま不用品になってしまうことも多いのです。

 

【その6】孤独である

孤独である
近所にバレないか不安であること、不用品の処分をどうするのかがわからなくて立往生してしまうなど孤独が原因でごみ屋敷になってしまうこともあります。孤独であるがゆえに、誰にも相談できず、不用品を家にため込んでしまうのも注意が必要です。

これらの項目に当てはまる人は、「不用品やごみが捨てられない」状態からごみ屋敷に発展してしまうこともあるので注意してください。

 

ごみ屋敷にならないようにする方法

ごみ屋敷にならないようにする方法
ごみ屋敷になる前に、なんとかこの状態から抜け出したいと考える人は多いです。それでも、仕事の都合や近所にバレないか不安な人はごみ屋敷になる悪循環に陥る人もいるのが現状です。ごみ屋敷悪循環に突入する前に、不用品を処分してきれいな住みやすい家にしたいものです。

ごみや不用品の処分は、精神的な面も影響します。ストレスが少なくなると、自然と自分で掃除や片付けができるようになるものです。そうなると、近所にバレないかの不安や買い物依存などの不安から抜け出し、良い循環にすることができるようになります。

 

【1】時間をかけずに片付けをする

とにかく時間をかけずに片付けをします。多忙な人はそもそも片付けに時間をとることができません。掃除や片付けに時間を取られているというストレスもあります。

 

【2】不用品の定義を決める

少し前に流行った言葉ですが「断捨離」です。現在は思い出の品は、データにして残すこともできます。「ワンシーズン1度も着なかった服は不用品」や「同じような小物は1つだけ選ぶ」というように自分なりの不用品の定義を決めます。そのルールにしたがって不用品を処分します。

 

【3】自分を労わる

不用品処分ができない自分を嘆いてしまうことはよくあることです。不用品を処分して、一念発起した自分を労わることも忘れないでください。ごみ屋敷になる前に「何とかしたい!」と思ったのもまぎれもなく自分なのです。

 

【4】近所にバレない工夫をする

ごみ置き場が「怖い」というトラウマを抱えた状態では、大きなストレスです。後でご紹介しますが、不用品回収業者をうまく利用すれば、ストレスなく、しかも近所にバレない方法での不用品処分ができるのです。

 

【5】買い物以外の趣味を見つける

孤独な人は、買い物以外にも趣味を探してみましょう。ストレス解消は、買い物だけではありません。買い物するにしても「月にいくらまで」と決めておき、今までため込んだ買い物したものに「不用品かも」と目を向けることも重要です。

 

ごみ屋敷にしない第一歩は不用品回収から

ごみ屋敷にしない不用品回収
5つのごみ屋敷にしない方法をご紹介しました。ここまでのキーワードは「不用品を処分する」ということです。不用品をため込んでしまうことがごみ屋敷になってしまう最初の段階なのです。

ごみ屋敷になりそうな不用品やごみを大量に抱えている場合には、最初に「一気に片づける」ことが大切です。

しかし、自分では「一気に片づけることができない」とまた落ち込んでしまう人もいます。そんなときは「不用品回収業者」を利用する方法が最良です。

 

【1】不用品回収業者を使うメリット

不用品回収業者を使うメリット
不用品回収業者を使うメリットは以下のようなものです。不用品の処分にお悩みの方にまさにぴったりです。

  • 時間がかからない
  • 断捨離できる
  • ストレス解消もできる
  • 近所にバレない

業者に依頼することで、一気に不用品回収ができてしまうのです。まるで入居してきた当初のように、きれいで住み心地の良い家になれば、仕事でのストレスも吹き飛んでしまうこと間違いなしです。

 

【2】不用品回収業者を使うデメリット

不用品回収業者を使うデメリット
一方不用品回収業者に依頼することでのデメリットもあります。

  • 費用がかかる
  • 手続きが面倒

 

業者に依頼するのはいいけれど、どうしても費用面と手続きの面での不安が残ります。

 

不用品回収は「粗大ごみ回収隊」がおすすめ

不用品回収は「粗大ごみ回収隊」
それならば不用品回収を「粗大ごみ回収隊」にご依頼ください。ここでご紹介したデメリットを払拭できるのが「粗大ごみ回収隊」なのです。

 

【1】お見積り~作業完了までの手続き

手続き
粗大ごみ回収隊に依頼する際に、面倒な手続きはありません。時間がとれないお客様には、電話だけでなく、メールやLINEでのご相談が可能です。お見積りの申込ができたら、正式に申込をしていただきます。あとは当日作業が完了するのを待つだけです。

 

【2】費用面を考慮した料金プラン

料金プラン
もう一つのデメリット、費用面でも粗大ごみ回収隊では払拭できる自信があります。粗大ごみ回収隊では、「トラック載せ放題プラン」を設定しています。トラック1台に載る不用品はまとめて回収できるプランです。定額の料金設定なので、お見積りの金額より高くなることはありません。

 

【3】受付時間も長く即日見積・作業可能

即日見積・作業可能
仕事で多忙、引きこもりがちで、昼夜逆転生活をしているなど生活リズムも人それぞれです。粗大ごみ回収隊では、8:00~24:00までのお問い合わせの時間を設定しています。LINEで申込み、即日見積、即日作業ができることも強みです。

 

【4】近所にバレない作業

近所にバレない作業
粗大ごみ回収隊では、近所にバレない作業をいたします。不用品回収業者としては、その家に住む人が、近所との関わり合いを大事にできることも重要なことだと考えているからです。

 

まとめ

近所にバレない不用品回収
不用品をため込むことで掃除することができなくなる人は多い現代ですが、そんなときのために不用品回収業者があります。不用品回収業者を利用するだけで、ストレスのない、住みやすい環境を整えることが可能になります。粗大ごみ回収隊にご依頼いただければ、ごみ屋敷になってしまっていても元通りのきれいな家にすることができるのです。

ストレス満載で不用品をたくさんため込んで困っている方は、ぜひ不用品回収業者「粗大ごみ回収隊」にお任せください。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る