傘の処分方法とは?「傘布」「骨組み」「持ち手」の分解方法まで解説!

2022年01月29日

雨の日に利用する傘の正しい処分方法は、あまり知られていません。
しかし、処分方法を間違えてしまう管理会社などから注意されてしまう恐れがあります。

今回は傘の処分方法について詳しく解説します。
この記事を読めば、傘の分解方法まで分かるはずです。

ぜひ、傘の処分を検討している方は記事をお読みになってください。

傘の適切な処分方法

傘の処分方法

東京23区のほとんどの区は、30cm以下の傘は「不燃ゴミ」、30cm以上の傘は「粗大ゴミ」として回収しています。
また相模原市など50cm以下の傘は「一般ゴミ」50cm以上の傘は「粗大ゴミ」と定めている自治体もあります。

一般ゴミで処分する場合は「傘布」「骨組み」「持ち手」を分けなければならないこともありますので注意してください。

東京都豊島区の傘の分別例

傘が30cm以下のもの(折りたたみ傘を含む) 不燃ゴミ…分別なし
傘が30cm以上のもの 粗大ゴミ

相模原市の傘の分別例

傘が50cm以下のもの 可燃ゴミ…傘布や持ち手

不燃ゴミ…骨組み

傘が50cm以上のもの 指定日時に回収場所へ傘を置いておく
折りたたみ傘 可燃ゴミ…傘布や持ち手

不燃ゴミ…骨組み

※各自治体で傘の処分方法は異なります。

処分前にお住まいの地域を管轄する自治体ホームページをご覧ください。

傘を処分するための分解方法の手順

傘の分解方法

傘を一般ゴミで処分する場合、横浜市や座間市など自治体によって「傘布」「骨組み」「持ち手」で分解する必要があります。

ゴミ処理場の埋め立て地には限度があるため自治体のルールを守りましょう。

一部の地域では、一般ゴミの有償化が始まりましたが、全国で開始になるかもしれません。
一般ゴミの有償化を防止するためにゴミの分別に協力をしましょう。

ここでは、傘を処分するための分解方法の手順をご紹介します。

1.必要な道具を用意する

まずは、傘の分解に必要な道具を準備します。

傘の素材によって分解する際に怪我をしてしまう恐れがあります。
そのため、必ず軍手を着用して作業をしてください

[必要な道具]

  • 軍手
  • ペンチ
  • はさみ

2.傘の先端にある「石突」を外す

道具が準備できたら、傘を閉じた状態で先端にある「石突」を外していきます。
反時計回りに動かすと「石突」は簡単に取り外せます。

ごく稀に接着剤で石突が固定されている傘があるため、反時計回りに動かして外れない場合は次の手順に進んで問題ありません。

3.傘の骨組みを支える「つゆ先」を外す

次に、傘の「つゆ先」と呼ばれる部分を外していきます。

つゆ先とは、傘布を支えている骨組みの先端に付いているキャップです。つゆ先を引っ張ると簡単に外せます

しかし、つゆ先も接着剤で固定されている傘もあるため、簡単に外れない場合はペンチを使用してください。
ペンチを使用する場合は怪我をしないように気をつけましょう。

4.傘布を取り外す

石突とつゆ先を外せたら、傘を開いて作業を進めていきます。
傘布と骨組みを繋ぎとめている部分をはさみで切ってください

全ての箇所を切り取れば、傘布と骨組みが分解できます。

5.持ち手を取り外す

持ち手がプラスチックの素材の場合は、骨組みと持ち手を分解しなければいけません。

軍手をはめて、骨組みと持ち手を引っ張ってください。
分解できない場合はペンチを使用しましょう。

(※持ち手が金属の素材の場合は不燃ゴミで一緒に出せるため、分解する必要はありません。)

傘の処分方法が面倒に感じた場合の対処法

傘の処分方法

傘の処分方法は想像以上に大変だと感じて頂けたのではないでしょうか?
傘の処分方法が面倒に感じた場合は、他の方法を検討してみてください。

ここでは、傘の処分方法が面倒に感じた場合の対処法をご紹介します。

1.傘を寄付する

NPO法人や自治体では傘の寄付活動が行われています。

傘を寄付すれば、海外で物資に困っている方の役に立つことができます。
また、傘を分解する必要がありません。

ご興味がある方は、お住まいの地域で寄付活動が行われているかを確認してみてください。

2.リサイクルショップで売る

古着を取り扱うリサイクルショップでは傘の買取をしています。

未使用の傘ブランド傘であれば、高価買取の対象になる場合があります。
傘を売却して数千円の買取価格が付けば満足できるでしょう。

そのため、高価買取になりやすいブランド傘の処分を検討している場合は、リサイクルショップで売ってみてください。

3.フリマアプリで売る

人気のブランド傘や子供用の傘はフリマアプリで売れます。
高価買取になることは少ないですが、誰かに再利用できてエコ活動に貢献できる気持ち良さを感じられるでしょう。

しかし、フリマアプリで必ず売れる保証はありません。
また、買い手が見つかった場合に配送手続き行わなければいけないため、手間を感じてしまう恐れがあります。

4.家族や友人に売る

デザイン性の高い傘を処分する場合は、家族や友人に「傘を処分する予定だけど使用する?」と聞いてみても良いでしょう。

傘を欲しがっている家族や友人に譲れば、分解する手間が省けます。
大切な人に喜んでもらえれば嬉しさも込み上げてくるでしょう。

5.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用すれば、そのままの状態の傘を回収・処分してくれます。

業者側で傘の分解を行ってくれるため、手間をかけずにゴミ分別が行えます。
電話やメールでお問い合わせをすれば、すぐに現場に駆けつけてくれるため大変便利です。

傘の処分方法に悩んだら「粗大ゴミ回収隊」へ

傘の処分方法を知って面倒に感じたら「粗大ゴミ回収隊」へご相談ください。
ここでは、粗大ゴミ回収の特徴について簡単にご紹介します。

業界最安値の料金体系を実現

粗大ゴミ回収隊は業務効率化に努めており、ムダな経費を削減しています。

このような仕組みで、業界最安値の料金体系を実現している不用品回収業者です。
料金体系の安さには絶対的な自信を持っています。

万が一、他社の見積金額より1円でも高ければ値引き交渉にも対応できます。
見積依頼は完全無料のため、価格の安さだけでもお確かめください。

即日回収・スピード対応

粗大ゴミ回収隊は即日回収に対応している不用品回収業者です。

「電話」「メール」「LINE」でお問い合わせして頂ければ、最短25分で現場まで駆けつけます
担当スタッフは全員、業界歴の長いベテランスタッフ。

そのため、不用品回収の作業スピードも速いです。お待たせすることはありません。

早朝や深夜の回収にも対応

粗大ゴミ回収隊の営業時間は朝8時から夜24時です。
他の不用品回収業者と比較しても、営業時間が長いため、お客様の都合が良いときにお呼び頂けます。

また、事前予約をして頂ければ、早朝や深夜の回収にも対応できます。

不用品回収の実績が豊富

粗大ゴミ回収隊は、不用品回収やゴミ屋敷の片付け実績を豊富に持っています
数多くの現場で培ったノウハウを活かした技術力が強み。

TVメディアなどに情報提供に協力するなど、実力が認められている不用品回収業者です。

自治体公認の不用品回収業者

粗大ゴミ回収隊は、自治体から営業許可証を発行してもらって営業している不用品回収業者です。

不用品回収トラブルが起きないように「明瞭会計」「親切な対応」「安全配慮」を意識しています。
不用品回収を依頼する上で、料金トラブルや作業トラブルが不安な方は、ぜひ不用品回収業者へご相談ください。

まとめ

傘を処分する場合は、自治体によっては「傘布」「骨組み」「持ち手」を分解して処分が必要になることもあります。

傘の分解作業を面倒だと感じた場合は、不用品回収業者をお呼びください。
お客様の代わりに傘を分解して処分させて頂きます。

粗大ゴミ回収隊は即日回収・スピード対応を得意としている不用品回収業者です。
電話やメールでお問い合わせして頂けたら、最短25分でお伺いします。

そのため、部屋にある不要な物の処分にお困りの場合はお気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る
粗大ゴミ回収隊