遺品整理士認定協会の優良事業所は安心?遺品整理士認定協会とは?

2020年10月13日

不用品回収業者や遺品整理業者の公式ホームページを確認すると、遺品整理士認定協会の優良事業所と記載されていることがあります。優良事業所であることは間違いありませんが、遺品整理士認定協会とは、どのような団体なのでしょうか?どのような取り組みを行っているのでしょうか?
遺品整理士認定協会に関する正しい知識を持つことで、安心して遺品整理業者に作業を依頼できるようになるはずです。そのため、遺品整理士認定協会に関する知識を身につけましょう。ここでは、遺品整理士認定協会について分かりやすく解説します。

遺品整理士認定協会とは

(出典元:https://www.is-mind.org/)

不用品回収業者や遺品整理業者の公式ホームページを確認すると、「遺品整理士協会認定の優良事業所」と記載されていることがありますが、遺品整理士認定協会とは、どのような協会なのでしょうか?ここでは、遺品整理士認定協会について分かりやすく解説します。

遺品整理士認定協会の理念

現代社会では、核家族化が進み、高齢者の1人暮らしも増えました。その結果、高齢者の孤独死も問題とされており、遺品整理の仕事の需要は増え続けています。このように、遺品整理の需要は増加していますが、遺品整理に関する法規制は整えられていません。その結果、不当な高額請求をする悪徳業者も出てきているのです。

消費者生活センターには、不当請求や回収した遺品の不法投棄トラブルなどの相談が多く寄せられているため注意換気がされています。このような背景から、遺品整理業の社会的な役割とモラルの低下を是正する目的で、遺品整理士認定協会が設立されたのです。

遺品整理士認定協会の加盟社数

遺品整理士認定協会は、2010年に設立をされた一般社団法人ですが、25,000名を超える遺品整理士と1,000社を超える法人が加盟している団体です。優秀な遺品整理士・遺品整理業者を要請することも目的に、遺品整理士の養成や定期的にセミナーを開催するなどの取り組みが行われています。
また、遺品整理士認定協会に加盟するためには、入会金25,000円、会費5,000円が必要になります。

遺品整理士の資格の合格率

遺品整理士認定協会が実施する遺品整理士養成講座を受講して試験に合格することで、遺品整理士の資格を付与してもらえます。この遺品整理士の合格率は65%となっているため、誰でも簡単に合格する試験ではありませんが、教材から試験問題が出るため、教材を勉強していれば合格することができます。遺品整理士の資格の難易度は、そこまで高くはありません。

しかし、遺品整理士の資格を保有すれば、遺品の正しい取り扱い方などの知識を持っていることを証明できます。そのため、遺品整理を業者に依頼する場合は、遺品整理士の資格を保有しているかどうかを確認してみましょう。

遺品整理士認定協会ができた背景

遺品整理士認定協会は、遺品整理業の法規制を整えて、遺品整理の透明性・健全性を促進するために設立されました。遺品整理の需要が増えるにつれて、悪徳業者が増えてきており、不当請求や遺品の不法投棄のトラブルが発生し、被害を受ける依頼者が増えてきていたのです。遺品整理士認定協会では、このような悪徳業者の撲滅に尽力しています。

遺品整理士協会の活動内容

遺品整理士協会について理解して頂けたと思いますが、実際に、どのような活動をしているのでしょうか?ここでは、遺品整理士協会の活動内容についてご紹介します。

遺品整理士の養成

遺品整理士協会では、遺品整理士の養成を行っています。遺品整理事業者は、より法規制に遵守した形式で運営していかなければいけません。業者に法規制の知識を身に付けてもらうため、遺品整理士協会では養成講座を定期的に開催しています。この遺品整理士認定協会の養成講座を受講すれば、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の正しい知識が身に付けられるのです。
遺品整理業者の中には、遺品整理を遺品の処分と捉える傾向がありますが、故人が生前に使用していた物を供養という観点から、大切に取り扱わなければいけません。このようなことを学べる養成講座を定期的に開講しており、遺品整理士の養成をしています。

独立開業支援

遺品整理士認定協会では、遺品整理士資格を取得して認定を行けた方を対象に独立開業支援を行っています。定期的に独立開業支援向けのセミナーが開講されており、遺品整理士の資格保有者であれば参加することができます。
セミナーでは、お客様からのお問い合わせの対応方法、見積作成方法、リピーターの増やし方など、遺品整理業者を運営するために必要なノウハウを学ぶことができます。このセミナーは、定員数に限りがあるため、興味がある方は早い段階で申込みをしなければいけません。

遺品整理サービスの透明性・健全性の促進

遺品整理士認定協会は、遺品整理士の資格保有者や優良事業者に資格を付与しています。このような取り組みを行い、遺品整理サービスの透明性・健全性を促進しているのです。高齢者の孤独死は増加しており、そのような背景によって、遺品整理業者を営む人が増えました。

しかし、世の中には不正請求を行う悪徳業者も存在しており、遺品整理の依頼者が被害を受けているのです。そのため、遺品整理士認定協会では、遺品整理サービスの透明性・健全性の促進を図り、悪徳業者の撲滅に尽力しているのです。

遺品整理士認定協会が認定した業者を使うメリット

不用品回収業者や遺品整理業者の公式ホームページを確認すると、遺品整理士が在籍している不用品回収業者や遺品整理認定協会から優良事業所として認定されている遺品業者であることが分かります。このような、遺品整理士認定協会が認定した業者を使うと、どのようなメリットが得られるのでしょうか?ここでは、遺品整理士認定協会が認定した業者を使うメリットをご紹介します。

遺品整理作業トラブルを避けられる

遺品整理業者に依頼すると、予期せぬトラブルに見舞われることがあります。大切な遺品を乱暴に扱われるだけでなく、不当請求などの被害を受けている人も増えてきているので、遺品整理業者選びは慎重に行わなければいけません。
形見や権利書を確認せずに処分したり、回収した遺品の不法投棄などのトラブルは、遺品整理に関する知識不足で起こるものです。
遺品整理士認定協会は、遺品整理士の養成や遺品整理業者の開業支援を行っており、一定の知識と技術を持っている事業所に資格を付与しています。そのため、遺品整理士認定協会が付与している資格を持つ事業所に依頼をすれば、不法投棄など作業トラブルは防止することができるでしょう。そのため、遺品整理作業トラブルを防止したい方は、遺品整理士認定協会が優良事業所として認定している遺品整理業者に依頼してみてください。

安心して遺品整理を依頼できる

遺品整理は、人生に何度も依頼するものではありません。大抵の方が、ご両親がお亡くなりになられた後、実家の遺品整理として依頼します。初めて遺品整理を依頼する方が多いですが、権利書や形見が見つかるかどうか、遺品整理の料金が妥当な金額どうか、不安に感じてしまうことが出てくるはずです。
しかし、遺品整理認定協会が優良事業所として認めている遺品整理業者に依頼をすれば、手厚いサポートをしてくれるので、安心して遺品整理をお任せできるでしょう。優良事業所は、遺品整理の実績を豊富に持っており、どのような方法で作業を始めれば、依頼者は不安を感じないかなどノウハウを豊富に持っています。そのため、初めて遺品整理を依頼する方は、遺品整理士協会が認定している優良事業所を利用してみてください。

依頼先の選定基準になる

遺品整理業者は、さまざまな業者が存在します。業者によって、サービス内容も料金も異なるため、依頼先に悩んでしまうかもしれません。また、遺品整理業者の中には、悪徳業者も存在するため、業者選びは慎重に行わなければいけないと説明した通りです。
しかし、さまざまな遺品整理業者が存在するため、どこに依頼すれば良いか悩んでしまうでしょう。依頼先の選定基準を「遺品整理士協会が認定している事業所」とすると、依頼先の候補を絞り込むことができます。そのため、依頼先の選定基準に役立ててみてください。

まとめ

今回は、遺品整理士認定協会について解説しました。現代社会は、核家族化が進んでおり、高齢者の1人暮らしも増えてきています。その結果、孤独死をする高齢者も増えてきており、遺品整理の需要が増えてきているのです。このような背景を逆手にとった、遺品整理の悪徳業者も増えてきているので、依頼先選定は慎重に行いましょう。
しかし、遺品整理士認定協会が優良事業所として認定している業者であれば、遺品整理の実績を豊富に持っているため、安心して遺品整理をお任せすることができるはずです。そのため、「どこの業者に遺品整理に依頼をしよう」と悩んでいる方は、ぜひ、遺品整理士認定協会が認定している事業所を選んでみてください。
この記事をお読みになっている方の中には、遺品整理の作業料金を安く抑えたいという方もいるでしょう。そのような悩みを抱えている方は、業界最安値の粗大ゴミ回収隊に遺品整理をお任せください。

粗大ゴミ回収隊へお任せください。

粗大ゴミ回収隊ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

ページ上部へ戻る