引越し料金を安くする方法-見積依頼からプラン選びまで徹底解説-

2020年12月02日

新生活を始める場合は、何かと費用がかかります。賃貸物件を借りるだけでも、前払家賃や敷金、礼金、保証金、仲介手数料などを支払わなければいけません。また、新生活を送るための家具や家電も購入することでしょう。このように、さまざまな費用がかかるため、引越し料金を安く抑えたいと思う方も多いです。実際に、料金はポイントを押さえれば安くすることができます。
この記事では、実際に引越し経験者が実践した料金を安くする方法から、見積依頼方法まで分かりやすく解説します。

引越し料金を安くする方法-見積依頼-

見積依頼をする際は、適切な方法で行いましょう。適切な方法で見積依頼するだけで、引越し料金が安くなります。ここでは、適切な見積依頼方法をご紹介します。

複数の業者に見積依頼する

引越し業者に見積依頼する際は、最初から1社に絞り込むのではなく、複数社に見積依頼をしましょう。引越し料金には定価がないため、1社に絞り込んでしまうと適正価格か判断ができません。また、相見積もりであることを知った業者は、値下げに応じてくれたり、梱包材を特典として追加してくれたりします。このようなメリットが得られるため、必ず、複数の業者に見積依頼をしましょう。

閑散期に見積依頼する

引越し業者には、繁忙期と閑散期があります。入学や就職、人事異動などで新生活を始める人が多い春は引越しする人が多い時期です。そのため、春は繁忙期を迎えるため、見積金額も高くなります。春を過ぎた5月頃から閑散期を迎えて、引越しの需要が少しずつ減っていきます。少しでも、閑散期にお客様を集めようと料金も安くなるのです。学校や仕事の関係も出てきますが、引越し時期が融通効くようであれば、閑散期に引越しすれば、料金を安く抑えることができます。

不用品処分をする

引越し料金は、旧居から新居までの配送距離と荷物の量で決まります。見積依頼時に現地調査を実施するのは、荷物の量を確かめるためです。そのため、処分する予定の不用品を置いている状態で見積依頼をしてしまうと、不用品分も荷物量に含まれてしまい料金が高くなってしまいます。そのため、料金を少しでも安く抑えたい場合は、見積依頼前に不用品処分をしておきましょう。

荷造りを自分で行う

見積時に「自分で荷造り・荷解きをします」と担当者に伝えることで、格安プランを提案してもらえます。可能な限り、自分自身で行うことが料金を安く抑えるコツです。仕事で忙しくしている方には不向きですが、引越し前後で時間的に余裕がある方は、荷造り・荷解きを自分で行うようにしましょう。

引越し料金を安くする方法-プラン選び-

引越し料金を安くするためには、プラン選びも大切です。どのようなプランを選ぶかによって、料金は変動します。そのため、要望に見合ったプランを選びましょう。ここでは、どのようにお得なプランがあるかをご紹介します。

荷物が少ない場合は「単身専用パック」

荷物が少ない場合は、単身専用パックを利用しましょう。単身専用パックは、決められたサイズのコンテナを使用して荷物を配送する方法です。コンテナのサイズは、業者によって異なりますが、幅105cm×奥行105cm×幅175cmが一般的なサイズです。このように、運送できる荷物量に制限がかかりますが、非常にお得な料金で引越しができます。そのため、荷物量が少ない方は、単身専用パックを利用してみましょう。

長距離引越しの場合は「混載便」

長距離の引越しをする場合は、混載便がおすすめです。長距離引越しは、交通費がかかるため、料金も高くなりがちです。しかし、混載便を利用すれば、長距離引越しも格安でできます。
混載便とは、1台のトラックに複数の人の荷物を載せて運ぶことをいいます。複数の人の荷物を一緒に載せて運送することで、人件費や輸送費を節約することができるのです。その分、料金も安くなるという仕組みです。とてもお得な混載便ですが、複数の場所に荷物を届けなければいけないため、運送に時間が必要になることを考慮しておきましょう。

時間的に余裕がある場合は「フリー便」

引越し前後に時間的余裕がある方は、フリー便を活用してみましょう。フリー便とは、引越し業者の空き状況に沿って、お任せするプランです。希望する時間帯を指定することはできませんが、業者の都合に合わせることで、料金を安くしてもらえます。時間帯を指定した場合は比較すると、1~2万円程度は安くなるでしょう。しかし、引越し開始時間と引越し終了時間は、当日にしか分かりません。そのため、とにかく料金を安く抑えたいという方向けのプランです。

搬出作業を友人に依頼できる場合は「チャーター便」

チャーター便とは、ドライバー付きのトラックだけを手配するプランです。通常は、搬入・搬出作業を引越し業者にお任せしますが、チャーター便は、荷造りや搬入・搬出作業、荷解きを全部自分で行うことで、料金を安く抑える方法です。かなりの重労働になるため、家族や友人に搬入・搬出作業の手伝いを依頼できる際に使用してみましょう。

補足:学生やシニア向けプランを有効活用しよう

引越し業者は、学生やシニア、女性を対象したプランも用意しています。学生向けの学割パックは、新生活を迎える学生の負担にならないために、格安プランになっていることが多いです。また、業者に応じて新生活で必要な道具を特典で付けてくれることもあります。
また、シニア向けプランでは、荷造りや荷解きをプロにお任せできながら、安い金額で依頼することができます。そのため、対象者に該当する場合は、これらのプランも有効活用してみましょう。

引越し経験者が実践した引越し料金を安くする方法

新居に置く家具や家電を購入するために、少しでも引越し料金を安くしようと多くの方が努力しています。実際に、引越しを経験した人は、どのようなことを実践したのでしょうか?ここでは、引越し経験者が実践した料金を安くする方法をご紹介します。

一括見積もりサービスを利用する

引越し料金は、業者によって大きく異なります。そのため、複数の業者に見積依頼をして適正価格を把握することが大切だとお伝えしました。しかし、1社1社に見積依頼するのは面倒に感じてしまうでしょう。このような場合は、一括見積もりサービスを利用してみましょう。

必要事項を記入すれば、複数業者の見積結果が届きます。また、一括見積サービスでは、成約特典なども用意されており、サービス経由で成約すると商品券がもらえることもあります。「しつこい営業がされるのではないか?」と不安になる方は、備考欄に「営業はお断りします」と記載しておけば安心できるでしょう。

業者を利用せずに引越しした

業者を利用せずに、レンタカーを借りて引越しした方も多いようです。業者を利用せずに、自分自身で引越しをすれば、料金を安く抑えることができます。それだけではなく、自分のペースで引越しができることも魅力となっているようです。

繁忙期に入ると、業者の予定が埋まってしまって、業者の都合に合わせなければいけなくなることもあります。このような状況に陥った人も、業者を利用せずに、自分で引越しを選択するようです。実践者からは「引越し料金の費用を安く抑えられる以上に、自分のペースで引越しができて良かった。」という声が上がっています。

値引き交渉した

引越し業者に見積依頼する場合は、最初から1社に絞り込まずに複数業者に見積依頼することが大切だと述べました。複数業者に見積依頼する際に「この引越し業者に依頼したい」と思う引越し業者に巡り合うこともあるでしょう。そのような引越し業者に見積依頼してもらった後に「契約をしたいと思っているけれど、料金を少し安くしてもらえませんか?」と値引き交渉してみることをおすすめします。契約が取れるならと、値引き交渉に応じてもらえることが多いです。そのため、料金を安く抑えたい方は、値引き交渉をしてみましょう。

まとめ

今回は、引越し料金を安くする方法についてご紹介しました。見積依頼時の注意点やプランの選び方などによって、引越し料金は大きく変わります。そのため、この記事で紹介した引越し料金を安くするコツを参考にして、業者に交渉をしてみてください。
また、引越し料金は配送距離と荷物量で決まります。見積依頼時の荷物量で見積書が作成されるため、不用品は見積依頼時までに処分しておきましょう。粗大ゴミ回収隊は、業界最安クラスを誇る不用品回収業者です。引越しに伴う粗大ゴミ回収の無料見積に対応しているため、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る